Archive for 10月, 2011

京大立命戦

2011年10月30日日曜日

今日は15時から西京極で京大立命戦。ですが、まず、昼に散髪しました。今日行っとかないとあと一週間鬱陶しくて仕方ないレベルだったので。

で、一旦帰宅してから出発。

京大立命戦@西京極

京大立命戦@西京極

で、また雨だよ。今期5試合中3試合雨だよ。この2年、合羽大活躍過ぎだわ。合羽使うのがこの2年でもう5回目か。これまで10年とかで2回くらいしか使わなかったのに。

ってことで、試合は10-0で敗戦。一見接戦のようですが、完敗ですな。ドライブできる雰囲気無かったもんねぇ。奇をてらった激しいシフトも全く機能せず。得点できる数少ないチャンスだったFGも外しちゃうし。立命は余裕ぶっこいてた感じですな。

帰りは一緒に見た連れと3人で十三駅ホーム上のカフェでちょっと喋ってから帰宅。

京都で

2011年10月29日土曜日

昨日の連れの一人は東京から遊びに来ていて今日もライブを見ることになっていて昼間暇だってことと、昨日知り合ったBONNIEファンの女性もライブ見る前に別のファンの娘と会うことになっていたので一緒に行動することにしました。私はライブは見れないのだけども。

BONNIE関連のスクラップ資料のファイルを見せるのがメインか。見せる機会がほとんど無いのでねぇ。4~5人目くらいか。

で、昼に待ち合わせまして、まずは蕎麦屋の本家尾張屋へ。ここの主人(女性)がBONNIEの去年のアルバムのジャケ写を撮ったカメラマンってことで、こないだ放送された深夜番組でBONNIEがここでそばを食っていたので来てみました。

本家尾張屋

本家尾張屋

利休そばってのを食べてみました。利休麩ってのが載ってます。あと生麩も乗ってましたが食べた後の写真です。

利休そば(食べかけ)

利休そば(食べかけ)

なかなかおいしかったです。交差点からちょっと離れてて人通りの少ない場所なんだけど、店は大盛況でした。ちなみにテレビでBONNIEが食っていたのは宝来そばってのでした。高いので食べませんでした。

次はBONNIEゆかりとしては有名なイノダコーヒ本店へ。ケーキセットを食いました。私は栗の入ったココア味のケーキとプレミアムコーヒー。やっぱコーヒーはおいしいわ。

で、結局この2件で合計4時間くらいいまして、ライブ会場までおつきあいして入場開始前に私は退散しました。

久々にいっぱい喋って楽しかったです。

今日は会社を午後半休しまして京都へ行ってきました。今日もBONNIEのツアーです。場所は磔磔(たくたく)。ちなみにツアーは明日もあるんだけど、私は抽選に外れたので見れません。

BONNIE PINKツアー@磔磔

BONNIE PINKツアー@磔磔

BONNIE PINKツアー@磔磔

BONNIE PINKツアー@磔磔

昔はライブをほとんど見なかった人なので磔磔は初めてです。住宅街になってるど真ん中にあるんやねぇ。しかも木造(元酒蔵だっけ?)とか。これ音漏れ大丈夫なんかと思っていました。

今日は整理番号が一桁でよかったのと、連れが二人いたのでど真ん中の2列目を確保しました。

真っ正面に柱があるのでそこから後ろは三角形状に椅子が無い空間があったり、最後方に座敷があってそこにも椅子が置かれてあったり、右側は壁沿いに椅子があったりで非常に数が数えにくかったですが、全部で120~130席くらいか。150はない感じ。ってことで、京都大阪4日分足してもなんばHatchのキャパの半分ほどとなっております。フルアコースティックでもなかったのでなんばHatchで椅子有りでよかったと思うけどねぇ。東京はサイズ的にもそんな感じだし。ま、この小さい箱で間近で見れるのは贅沢ですな。

ってことでメンバーは7時きっかりに登場。「きっかりに登場するってことは9時制限か?」と思ったらその通りで、結局1時間55分ほどで終了。高松のセットリストからCotton Candyが抜けまして18曲。ま、しゃあないですな。ちなみに29日は1曲復活しましたが、Cotton Candyではなくフューシャフューシャフューシャだったらしいです。

衣装は高松と一緒。靴も一緒。

2列目と言っても3m無い近さだったので表情もよくわかりまして、しっかり気持ちを込めて歌ってるのはよくわかりましたです。

辛口ブログとなっておりますが、歌がちゃんと歌えてなかったらさすがにここまで多く見に来てないと思うのでまぁ気にしないでくださいな。BONNIEに長文メッセージを送ったのはもう5年前ですが(しっかり読まれてFC会報に返事らしきことが書かれてあった)、それで少しは伝わったのかそれ以降歌はしっかり歌ってくれるようになった気がします。それ以外はあまり受け入れられてない気がしますが。

ツアー自体はここんとこ良いツアーしてると思いますよ。でも誉めないのは「こういう自由さのない感じでずっと続ける気なのか?」と思うからなのです。ライブってもっと自由であるべきと思うのです。ま、私がそう思ってるだけですが。ショーとしてめっちゃ完成されてたら毎日(ほぼ)同じセットリストでもべた褒めするかも知れないけどそう言うことはしてないしねぇ。

で、話は戻りますが、たまたま連れの隣に座っていた女性と仲良くなってしまい、ライブ後4人で飲みました。こういう新たな出会いは久々ですな。嬉しいことです。

結局JRの終電で大阪に戻り、京橋からタクで帰宅。Friday Nightのしめがタクシーってもしかしたら初めてかも知れない。ま、バカ騒ぎはしてませんが。今後もないでしょう。

CD購入

2011年10月28日金曜日

Amazon.co.jpからCD1枚到着。

Title Artist comment
VOICEP Delerium 去年発売されていたアコースティックアレンジ集+新曲3曲だそうで。

CD購入

2011年10月26日水曜日

Amazon.co.jpのマーケットプレイスで購入していたCD1枚が到着。

Title Artist comment
FAUXLIAGE 4年前に出ていたらしいアルバム。Delerium関連と言うことで購入。

発送連絡が来てからなかなか着かないなと思ったらイギリスから送られてきた。送料は340円なんだけど。

CD購入

2011年10月23日日曜日

ライブ会場でCD1枚購入。

Title Artist comment
HOT TRIP Miyamoto Kohji 去年末のライブのライブ盤。

宮本浩次ライブ

2011年10月23日日曜日

連日のライブです。今日は宮本浩次。場所は心斎橋JANUSです。去年の4月にできたライブハウス。最寄り駅は長堀橋だけど、難波、心斎橋、日本橋から全て徒歩圏です。BONNIEも2週後にここでやりますな。

東京大阪1回ずつだけですが、ツアータイトルがありまして、Miyamoto Kohji 東阪ツアー 2011秋「Storm boy」だそうです。雨男だからだそうで。

心斎橋JANUS

心斎橋JANUS

今回、整理番号が申し込み順ってことであまりいい番号ではなかったんだけど、入場して椅子が並んでるのを見て後悔しました。ちょうど座れない程度の順番だったんで。でもライブは総立ちだったんで結果的に全然問題無かったんだけど。客は200人以上は入ってたと思う。

ってことで、最後方にもたれながら見てました。椅子の数は150席くらい?後方は少し立ち客用のスペースを空けてあったんでBONNIEのライブだと200人入らないくらいか。2日間合わせても去年やったなんばHatchの1/3以下のキャパですな。

バンドはほぼいつもの面子でキーボード有りのフルバンド構成。

ライブは2時間半弱。でもあっという間だったなぁ。めっちゃ楽しかった。活動休止状態が長く新作出してない人なのでライブもマンネリになりそうな気がするんだけど全然そんなことは無く楽しいんだわこれが。ちなみに新曲もやってくれました。ネタ曲みたいな感じでしたがまた楽しい。

もっとファン増やして欲しい。でかいイベントライブにでも出ればいいのに。

今日は高松へ行ってきました。BONNIEのライブ見に。関西でやるのが全部平日(唯一土曜の京都2日目は外れる予感がしてて案の定外れた)なのでとりあえずチケット抑えていたのでまぁ行こうかと。

高松MONSTER

高松MONSTER

行きはバスで。阪神高速湾岸線からの景色や明石海峡大橋、大鳴門橋から見る鳴門海峡など見所あるので楽しいです。

3時間弱で到着。そういえば、高松来るの10年ぶりだわ。もう10年も経つのか….バスで来るのは11年ぶりだわ。11年前にバスで来たときは高松自動車道が開通してなくて途中から地道だったな。

で、バスが遅れる保険として開場2時間前くらいに着いたのでうどんを食いに行くことにしました。ネットで軽く調べてあった瓦町駅から東に数分歩いた所にあるセルフの専門店にしました。なかなか人気があるようで、夕方4時頃と中途半端な時間なのに客は途切れずに来ていました。

で、中サイズを頼んだんだけど、めっちゃ大盛りで。丼にうどんがぎっしりで食い終わった後出汁が全然残らない。小にすればよかったとちょっと後悔しました。味はなかなかうまかったですが、10年前に食った金比羅さんの土産物屋の方がうまかったな。

で、うどんはサクッと食ってしまったのでスタバで時間を潰してから開場を待ちまして、5時半過ぎに入場。前の方をガツガツ確保する感じでもないので4列目。

箱についてはやっぱ小さくて、500人ほんとに入るんかいなって感じでして(400人入らないくらいだろう)、結局椅子の数は150無いくらいだったと思う。

で、予定の6時を2分ほど過ぎたところでメンバー登場。

BONNIEの出で立ちですが、貶すつもりはないと言うことでご容赦いただくとしてヨーロッパの田舎のおばちゃんが着そうなロングのワンピースでした。靴はグレーのハイヒール。髪はまとめていました。

で、セットリスト。

  1. Ring A Bell
  2. A Perfect Sky
  3. Hickey Hickey
  4. Cotton Candy
  5. So Wonderful
  6. Paradiddle-free
  7. Last Kiss
  8. Present
  9. Burning Inside
  10. Grow
  11. 日々草
  12. 金魚
  13. The Sun Will Rise Again
  14. Heaven’s Kitchen
  15. Fish
  16. Tonight, the Night
  17. do you crash?
    -encore-
  18. 流れ星
  19. Look Me In The Eyes

トークが多少長くて2時間10分くらいでした。

「再現ライブかよっ。」て感じで、アルバム全曲やりましたが。毎度毎度(ほぼ)全部やる必要ないと思うんだけどねぇ。

先月出たアルバムについてはベスト盤的選曲で10曲と少なめだったこともあり、ド定番曲がこの10曲にほとんど入っとると言うことで、今回のセットリスト的にはレアな曲もそれなりに多く混ぜれたんでしょうな。でもドが着くほどレアなのはHickey Hickeyくらいか。

音に関しては久々にツアーでまともな音で聴けたかなって感じ。去年の私の声は伝わったのだろうか。ま、フルバンドのライブでやってみんことにはわからないですな。

今日はフルアコースティックという感じでは全然なく、アレンジもまさに再現ライブって感じ。BONNIEがルーパーでその場で伴奏を作るなんてこともやっていました。

歌はしっかり歌えていたと思う。歌詞3回くらい飛んでたけど。

ってことで、個人的には特にサプライズも無く。想像の範囲はほとんど超えない感じ。ライブ前のワクワク感は今年のKOYABU SONICの方が圧倒的にありましたです。

で、ライブが終わってサクッとタクで高松駅に向かい、JR&新幹線で帰阪。

あ、そうそう、私の持ってる携帯用のGPSソフトですが、移動速度がわかるので新幹線に乗ってる間見てみたんだけど、結構長い間300km/h出してるんだねぇ。↓クリックすると全体表示されます。

山陽新幹線速度

山陽新幹線速度

前に座ってた人が凄いモヒカンで、30cm位の長さで尖らせた髪が後ろに突き出てたんで椅子のリクライニングを思いっきり倒して自分はその倒した椅子にもたれないままずっとすごしていらっしゃいました。そこまでして髪型を守る努力の源は何なのだろう。ちなみにこっそり写真を撮りましたが、やっぱ公開止めときます。

京大-龍谷戦

2011年10月16日日曜日

今日はエキスポフラッシュフィールドへ京大-龍谷大戦を見てきました。ここで見るのは今年は今日で最後だ。

京大-龍谷戦@ExpoFlashField

京大-龍谷戦@ExpoFlashField

今日はついに先発QBが2年生の小原君に交代。リードされ追いつき後半ようやく逆転し、2TD差つけたところでなぜか4年生QB今村君登場。で、あっさりゴール前でインターセプトされTDに結びつけられ、その後オンサイド成功されて追いつかれてしまうと言う最悪の展開に。で、最後も小原君のパスがインターセプトされて龍谷にゴール前まで迫られ、試合終了直前の龍谷のFGが失敗し薄氷の引き分け。

ってことで、これで優勝の望みは消滅してしまったので(可能性は0ではないけど限り無く0。引き分けのおかげで入れ替え戦もほぼ回避)来年に向けて頑張ってくれって感じ。もう今村君は出さなくていいでしょう。

で、今日京都に来た目的のライブです。相馬裕子のデビュー20周年ツアー。

開場まで時間があったので河原町交差点の丸井(元阪急)のネスカフェのカフェで45分ほど時間を潰してから会場へ。場所は都雅都雅(とがとが)と言うライブハウスです。

都雅都雅

都雅都雅


このライブハウス、地下にあるんだけど、1階の奥が火除天満宮と言う天神さんで、上のビルが丸ごと「とらのあな」と言う異文化のごちゃ混ぜにもほどがあるだろうにって感じの場所です。

で、5時半に入場して6時7分頃に始まったのですが、食事もオーダーする必要があるので結構ドタバタ。待ち時間30分じゃ短すぎですな。

会場自体はこないだの大阪よりかなり大きいんだけど、テーブル出たりしてたので客の入り自体はこないだより多少多いかなって程度。

ライブは1時間50分ほどでした。

セットリストは大阪の時とは微妙に違ってた気がします。

ってことで、晩飯は花遊小路北の公園前の定食屋で定食食いました。学生時代はこの公園の前にチャリンコ停めてたので(よく撤去されましたが)久々に学生時代に使ってたルートで駅まで歩きました。と言っても2分くらいだけど。でもいくつかの建物が新しいのに変わってたな。

清水三年坂美術館

2011年10月10日月曜日

次は清水寺近くの三年坂にある清水三年坂美術館に行ってきました。小さな美術館です。

清水三年坂美術館

清水三年坂美術館


入口がショップなので美術館という感じがしません。

5月に大阪歴史博物館で見た特別展の本家がここなのですが、めっちゃ小さいので展示数はかなり少ないです。ちょっと寂しいな。

でも、明治期の超絶技巧の一端は見れますので清水寺に寄った際にはここを見るのはかなりお奨めです。

今日は京都へお出かけです。夜にライブがあるのでライブ前についでに2個ほど廻ってきました。

まずは京都国立博物館。タイトルの展示会を見てきました。

細川家の至宝@京都国立博物館

細川家の至宝@京都国立博物館

細川家に伝わる資料や家宝以外に、細川護煕元首相のおじいさんが集めたお宝も展示。と言うかそっちが国宝揃いで凄い。国宝は刀剣が多いんだけど。

織田信長の直筆だと証明されている唯一の文書なども公開されてます。

京都国立博物館友の会を今日更新。今日から1年有効でなんだけど、前回は6回分使い切ったけど今回は無理かも。

エアコン修理

2011年10月8日土曜日

9/16にエアコンをぶっ壊しました。部屋の密閉度が高くて換気扇回すとエアコンの水を抜くパイプから空気が逆流してぽこんぽこん音がするのが鬱陶しくて何も考えずに指突っ込んだらファンぶっ壊れた。指はしばらくジンジンしてたけど奇蹟的にほぼ無傷。

ってことで、ファンの羽根が破損したのでファンの重心がずれてしまってバイブ状態になり、エアコン付けると激しく振動するようになってしまいました。

どうしよう買い換えるかと思いネットで調べてみるとうちのエアコンと同じタイプのは結構高いのであった。部屋ちょっと広いので14畳タイプで200Vなのよね。余裕で15万くらいする。しかも取り付け費用別で。

ってことで修理してもらうことにした。

ちなみに、静音運転だとファンはほとんど振動せずに動いてくれたので暑い日も使えたので問題ありませんでした。

で、2週前に一旦来てもらったんだけど、見積もりして再度訪問てことになり今日改めて来てもらいました。

ってことで、ファンの交換やモーターの交換、.16日についでに壊してしまったフロントパネルの交換や、換気扇回すとポコンポコン音がする対策部品も取り付けてもらうこととし、本体がカビだらけだったので本格的に洗浄してもらうことに。この洗浄費用が結構高かったんだけどまあええかってことで頼んじゃいました。

ってことで、途中乾燥待ちも含め2時間ちょっとで完了。6畳用のエアコン1台分くらいのお金が掛かってしまいました。思わぬ出費だけどまあええか。

ってことで、夏は終わったのでポコンポコン音対策が機能するのは来年だ。

スティーブ・ジョブズ氏死去

2011年10月6日木曜日

雲の上の人でしたが、一つだけ業界内で聞いた話を。

10年以上昔、確か、ジョブズ氏がAppleに復帰した直後の頃の話だったと思いますが、私の仕事相手にMACのキーボードを作ってた会社がありまして、その担当課長さんが、
「スティーブ・ジョブズがキータッチに納得するまで作れない(量産スタートできない)。」
と言っていたのを思い出します。

「偉いさんなのにそんな細かいところにまで首突っ込んでるのか凄いな。Appleの仕事するのも大変だなぁ。」
と思ったのでした。

ま、私も当時某社の仕事しててめちゃめちゃ大変でしたが。

合掌。

JUN SHIBATA 10th ANNIVERSARY TOUR 2011

2011年10月2日日曜日

今日は最近では恒例のメルマガに祝ってもらうだけの誕生日です。寂しいからってことでも無いのですが、今日は名古屋まで柴田淳のライブを見てきました。

この人は結構好きなのにライブを見るのは4年ぶりです。CDも揃えてないしなぁ。でも8月に買った最新アルバムはめっちゃはまってましてずっと聴いてます。

このツアーは21日に神戸であるんだけど、会社半休しないと見れないので名古屋まで来ることにしました。ま、名古屋駅までは家から乗り換え無しのしかも途中停車駅もなく直行してくれる列車まであるのでめっちゃ気楽に来れるのですな。ま、最終の21時30分近鉄名古屋発に乗れないと新幹線になっちゃうので一気に不便になっちゃんだけどね。ま、それでも新幹線の方が30分ほど速いけど。

ライブの正式タイトルは 「JUN SHIBATA 10th ANNIVERSARY TOUR 2011 月夜PARTY SPECIAL -10周年だよ、いらっしゃ~い」。長いです。現在34歳で、34→三四→三枝→いらっしゃ~い なのだそうな。

ってことで、指定席なのでギリギリに着けばいいいのだけど、電車の関係でちょっと早めに着きました。

これは帰り際の写真ですが。

名古屋市公会堂

名古屋市公会堂

チケットもぎりの行列ができていましたが大した時間も掛からず入場。席はいまいちでしたがまあええか。

ステージ後方が大きなスクリーンになっていて、開演を待ってる間、夕方の景色から段々と月夜の景色になるように演出されていました。虫の音も。一緒に古いアメリカの音楽も流れてましたが。

ってことで予定の6時から6-7分押しで開演。

バンドメンバーは6人。オフィシャルサイトからほぼコピペ。南かおり(Va&Key)、伊藤彩(Vn)、石川智(Dr&Per)、青柳誠(Pf、Key、Sax&Arrange)、伊藤ハルトシ(Gt&Vc)、グレッグ・リー(B) と言うストリングスを3人入れた豪華な構成。みんなめっちゃうまくとてもよかったです。ま、演奏そのものを楽しむライブではありませんが。Drが前回見たときの宮川剛じゃなかったのがちょっと残念。

途中、長いinterlude(バンドだけで長時間演奏してました)を挟み衣装替えをして、オマケを含むアンコール入れて2時間10分ほど。

歌詞がよく飛ぶようで、何度か適当にごまかしたりしてましたが、そんなの全然構いません。歌はとても良かったです。

アンコールは最後の〆にバンドで歌った以外はオマケと称して客のリクエストに応えつつピアノの弾き語りやアカペラで数フレーズだけ歌うなどでやたら自由な雰囲気。こういうのは楽しいよなぁ。

4年前に見たライブよりずっとよかったです。前回は初ツアーってことで緊張感が高すぎたんだろうか。

と言うことで、いい誕生日になりましたです。