Archive for 3月 30th, 2013

ってことで今日のメインイベント。BONNIEのライブというかコンサート。新日本フィルとの共演です。
金曜分がキャンセルとなったので今日だけの特別企画となりました。

キャンセルの理由はチケットの売れ行きが悪かった以外に考えられないですな。
値付けに失敗したんでしょうな。やっぱ1万円超えるのはちょっとねぇ。
それに東京だけとは言え去年の東京のライブでのキャパよりかなり多かったしねぇ。
金曜分はあまり売れないんだろうなと思ってましたが、キャンセルになってしまうほどとわ。

すみだトリフォニーホール

すみだトリフォニーホール

で、今日の客の入りはどうなんだろうと思ってましたがそれなりに埋まってました。
私はS席で前から20列目で結構後ろの方。1階席の前から18列目までが全部SS席だったみたいです。

ってことで10分押しくらいで始まりました。

で、セットリスト。

  1. do you crash?
  2. Water Me
  3. A Perfect Sky
  4. Joy
  5. 鐘を鳴らして
    -休憩-
  6. Gimme a Beat
  7. Building a Castle
  8. Tonight, the Night
  9. Heaven’s Kitchen
  10. Last Kiss
    -enocre-
  11. Love Is Bubble

30分、休憩20分、40分って感じでライブは70分ほど。

細かい説明は面倒なのでパス。最後のLove is Bubbleが盛り上がってなかなかよかったです。ブラスの音しか聞こえなかったけど。

衣装は前半がオペラ歌手が着そうなドレスで、後半はふわっとした赤いスカートに着替えていました。ちょっと遠かったんで細かいところは不明。

個人的にはオーケストラアレンジに合わない定番曲するよりは別の曲聴きたかったなって感じ。どれがどれとは言わないけれど。ストリングス入れて一番聴きたい曲はsurprise!なんだけどね。

ってことでBONNIEもよく歌えてたし悪くはなかったですが、まあこんなもんかなって感じ。SS席だと1曲1200円くらいになってしまいますが、この価値はあったのか。買ったプログラムは1800円の価値は全くありません。ちょっと酷い。

こういう機会は今後もあまりないだろうから今回はOKとしますが、BONNIEに求められているのはこういうライブじゃないと正直思いますですはい。今回はオーケストラ側からのオファーだったそうだけど。

ライブ後はサクッと新幹線で。会場のある錦糸町はスカイツリーのある駅の隣の駅だったので帰り際に北の方向を見るとスカイツリーが結構近くに見言えました。

駅弁は「JR時刻表弁当」にしました。通巻600号記念だそうで。あと、舟和の芋ようかん6本入りを買って乗車中に食い切ってしまいました。

次は会田誠の初の大規模個展。会期は明日(3/31)までってことでギリギリ間に合いました。この人私と同い年で誕生日は2日違いだ。

会田誠展

会田誠展

写真の提灯も作品です。

唯一写真撮影可だったのがあったんで撮っときました。

考えない人

考えない人


下の金色のはウンコです。ちなみにロダンの考える人は右肘を左膝についてます。

現代美術家としては有名人で、私も知っている作品がありました。一度見たら絶対忘れないであろう作品が多くてかなり刺激的。グロいのとかかなりキツく後を引きます。夢に見そう。

あ、そうそう、段ボールで作ったお城が展示されてたんだけど、端っこの方が人に踏まれまくり。私も踏んでしまいました。芸術作品踏んづけたの初めてだわ。

図録はちょっと欲しくなりましたが、高かったのと夢に見そうなのを更に目にするのも何だなと言うことで買いませんでした。

ってことで美術展巡り終了。ライブ会場へ向かいます。

今日はBONNIEのライブを見に日帰りで東京です。

いつものようにライブ前の時間を利用しまして美術展を2個ほど回ってきました。朝早く出ればもう1個くらい見れるんやけど、睡眠最優先なので。

ってことで家は11時頃に出まして、伊丹12時30分発のJALで羽田へ。今日も順調に到着。で、六本木ヒルズへ。チケット売り場めっちゃ混んでました。チケットは買ってあったんで並ばずに済みましたが、今日見る二つの美術展両方見る場合は結構安かったらしい。そんなのどこに情報あったんや。

まずは森アーツセンターギャラリーのミュシャ展へ。入場制限でちょっと待ちました。

ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展

ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展

京都でやってるのと時期がモロにかぶってるので別の展覧会です。有名なジスモンダなどのポスターとかはどちらも展示されてますがかぶってるのはあまりなし。こちらの方が規模がでかく、油彩の作品も多かったです。こっちもミュシャ好きなら必見ですな。

ってことで次行きます。