ってことで今回のまとめ。大阪からの日帰り弾丸ツアーの参考に。見るところはもっと色々あるので余裕がある人は直島豊島それぞれ1日使うのがお奨めです。その時の宿泊は高松が楽ですな。片方の島だけなら大阪-高松は往復ともバスが可能ですが、豊島だと船の便が少ないので早朝出発が必要です。

05:27 環状線 鶴橋発
06:00 新大阪発 新幹線みずほ601号 5040円(金券ショップ価格 自由席回数券)
07:11 岡山発 高松行 快速マリンライナー7号 (茶屋町で乗り換え)
07:28 茶屋町発 宇野行き
07:52 宇野着 岡山からの精算分 580円
08:22 宇野港発 直島宮浦港行き 四国汽船 フェリー乗り場 290円
08:42 直島宮浦港着
09:06 つつじ荘行きバス 100円
09:30 地中美術館行きシャトルバス
10:00 地中美術館 2060円
11:05 つつじ荘行きシャトルバス
11:30 三菱マテリアル行きバス 100円
11:55 宮浦港発 豊島家浦港行き 四国汽船 620円
12:17 家浦港着 レンタサイクル借りる 500円(基本は1日借りて1000円)
13:10 豊島美術館 1540円
15:10 家浦港発 高速艇 1330円 (17:20発あり。深夜帰宅で構わないなら)
15:45 高松港着
16:45 高松高速バスターミナル フットバス大阪行き 3900円 (なんばなら17:00発の高速バスの方が到着が早いです)
20:23 OCAT着

難波で更にカレー食ったりしたんで家に着いたのが21時過ぎでした。

反省点は地中美術館から宮浦港へ(2kmほどある)は歩いて行った方が20分ほど地中美術館に長く居れたなってことくらいかな。まぁでも歩いて行くと草間彌生の黄色のカボチャのところ(シャトルバス乗り場の近くにある)まで行くのは難しかったと思うけど。

地中美術館は開館と同時に入るのがよいと思うので直島上陸までのスケジュールは今回のスケジュールがお奨めです。頑張って早起きしましょう。

一から考える場合、船のスケジュールはオフィシャルサイトのこれがかなりわかりやすいです。

直島→豊島ですが、直行なら11:55発しかありません。宇野を間に挟めば豊島への移動は調整可能ですが多少時間をロスします。(選べるのは12:45→13:05宇野港13:25→13:50だけですかね)

帰りの15:10以降は15:10発じゃなくて17:20発にしたり、高松じゃなくて宇野への船に乗って岡山から新幹線とか色々選択肢はあります。

交通費と二つの美術館の入場料の合計は16060円でした。土産は一切買ってないので飲み食い含め出費総額18000円ちょっと超えたくらいか。

ってことで、今回のGPSの軌跡を置いときます。

美術館は二つとも良かったし、予定通りに行けたので大満足です。

気づいたらコタツで寝落ちしてました。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)