ってことで今回のメインイベント、BABYMETALのライブです。場所はさいたまスーパーアリーナ。

上野から会場のあるさいたま新都心へは1本で来れます。しかし電車賃高い。近鉄並や。

3時半頃に現地に着きましたが、ネットで確認したとおり物販は大行列。物販は最初から諦めていてライブCDをここで買おうと思っていたんだけどくじが終わっていて購入を断念。さてどこで買おう。ちなみに武道館Blu-rayはアマゾンで購入済み。FC限定の武道缶は高価なのと缶とかいらないので買ってません。

開場まで時間があるのでコミュニティーアリーナ(アリーナモードの時の余ったスペース)で行われていたクールジャパンの展示会で軽く食事しました。16時までだったので終了間近と言うことで安売りしてる店も多かったです。私は舟和の芋ようかんを2割引で買って一気食い。

で、ネット情報で物販はそんなに並ばなくて済んでいるというのを聞きつけたので並ぶことにしました。最初はもし買えたとしてもTシャツ1枚だけのつもりでしたが、買うつもりのなかったTシャツまで買っちゃったりして。流されてるわぁ。

ってことで、グッズを買ってたら入場が始まっていたので入場。この写真は入場口の様子です。

さいたまスーパーアリーナ

さいたまスーパーアリーナ

ライブは10分ちょっと押しくらいで始まったのかな?1時間38分くらいありました。予想以上に長かったです。

ライブそのものの細かいレポートはあっちこっちに上がってると思うのでパス。

私の席は200レベルスタンド席の中段のステージ向かって右側の一番端っこで、ほぼステージ真横。9月の幕張よりはだいぶステージに近かったですが、それでも双眼鏡は必須の状況。双眼鏡だと表情がよく見えてよかったです。

ステージ横だったのでサイドのスクリーンは見えましたが、ステージのセットに組み込まれたスクリーンは全く見えず。これはかなり残念。ま、贅沢っちゃ贅沢か。

真横だったのでダンスの見え方もだいぶ違うのが新鮮でした。

セットリストは順序はともかく予想通り。持ち歌少ないんで変わり映えしないとかって話もありますが、3人の成長を見届けるってのが主目的なので全然問題なし。とにかく終始全力投球なのが凄い。

あ、そうそう、細かい話だけど、Road of Resistanceの振りですが、It’s the Timeのところがアメフトのタイムアウトのポーズなんだよね。タイムアウトはつまり「ちょ待ってちょ待ってー」ってことなので「時は来た」とは全然違うので見ててめっちゃ違和感あります。特にアメフトに馴染みあるアメリカ人にはそう映るはず。ま、そういう違和感もおもしろいっちゃおもしろいかも。

音ですが、でかい会場の割には酷くはなかったですが、よくもなかったです。幕張よりはましだったかな。

次は6月に幕張で2万人超えのオールスタンディングだとか。どうすんぞ。

サイドの二人は3月で中学&さくら学院卒業なので活動の制限がかなり緩和されるはずですが、どうなるんでしょうな。

ってことで、ライブ後は関東在住の友人達に集まってもらって上野で飲む約束をしていたのですが、8時30分集合で結構ヤバかったのでライブ後サクッと会場を出てギリギリの電車に乗れました。無事間に合い串八珍で飲みました。店の中国系っぽい女の子が可愛かったです。

今回はマイルを使うことにしたので帰りも飛行機を使うため泊まりにしました。上野の隣の駅のホテルに宿泊。ボロいホテルでしたが寝るだけなら問題なし。福利厚生の補助のおかげで自己負担は2400円。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)