今日は半休をもらいまして、西京極に関西学生アメリカンフットボールの開幕戦を見てきました。去年7位だったので去年2位の立命との対戦です。

試合開始10分前くらいに着いたのですが、バックスタンドは見やすい場所が多いので余裕で50ヤード上を確保。平日とは言え寂しいもんですが。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


2年生QBの公式戦初スターターの相手が立命というかなり酷な状況でしたが、ファーストプレーでインターセプトという最悪な立ち上がりで始まり、途中大雨が降る中で立命のランを最後まで全く止められずに44対0の完封負け。

立命は春も全く見ていないので(と言うか、他校の試合を見る根性がない)事前の予想は全くできていませんでしたが、ここまで差が付くとは思ってなかったな。特にディフェンスはもっと頑張れると思っていたんだけど。

2TD差が付いた頃は「ランばっかりじゃ最後まで続かんだろう」と思っていたんだけど最後まで続いてしまってしかも全く止められなかったのに愕然としました。元NFL選手のアダムコーチ(今年からディフェンス専任)はかなりショックを受けているに違いない。

オフェンスは相変わらずというか、オフェンスもラインが全く保たなかったので手詰まりだったとは思うけど、それにしてもプレーコールに進歩を感じない。ロンリーセンターは何がしたかったのか。春によく見せていたショベルパスが全く無かったのは何故なのか。

最後にタイムアウトをなんで取らないと思ったら使い切っていたのね…現地で騒いじゃったわ。恥ずかしい。

この差を埋めるのに何年かかるのか。大学生なので4年で全員入れ替わるんだけど、そんなのとは関係ない所に差がある感じ。

このままじゃ、バリーサンダース並みのRBとかそういうシステム関係ないわ的な能力のある選手が入らないと優勝なんて望むべくもないですな。ま、まだ1敗なので諦める必要は無いけども。

今日は久々に3人で見まして、帰りは車で送ってもらい、途中のファミレスで晩飯食って帰宅。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)