東山二条から202番のバスに乗り京博へ。琳派展です。

京都国立博物館

京都国立博物館


今まで特別展で使われていた本館は長期間の耐震工事に入ったそうで、今回から新館を使っています。なので常設展は無し。仏像の展示室だけそのまま仏像が展示されてますが。

昨日テレビ(美の巨人たち)でやっていた酒井抱一の夏秋草図屏風は見たことあったので今回風神雷神図屏風が3枚並ぶ機会を狙って今日にしましたが、こういう人がかなり多いようで長時間の入場待ちが発生しています。

3時半過ぎに着いたんだけど、90分待ちになっていました。今回twitterの混雑情報をチェックしてましたが、かなりいい加減な感じなので今日もそうかなと思ってたら当たりで40分も待たなかったと思う。

琳派の全貌(江戸時代だけですけど)がわかる感じの展覧会ですが、大型の作品はあまりありません。光琳の国宝の絵画2点は根津美術館で春に1ヶ月分展示されちゃったので今回は展示不能。

新館の展示室面積は3,587㎡あり、本館が2,070㎡なので仏像の展示室を除いてもかなり広くてこの手の展覧会としては最大級のボリュームだと思います。1時間40分くらい掛かりました。と言うことで見所はたくさんありますのでお奨めです。

遅めに行く方が行列に並ばなくて済みますが、時間が足りなくなる可能性があるので気をつけましょう。鳥獣戯画の時は鳥獣戯画を全員見終わるのを待ってくれてましたが、今回そういう状況にはならないので。

3 Comments

  1. あけみ says:

    やっぱり、入場に待ち時間があるのですね。そうだよなあ…。
    来週か再来週の平日に行こうと思っています。

  2. ぼん says:

    >あけみさん

    どうも。平日だったら昼間の混雑避ければそんなに凄いことにはならないと思いますけどねぇ。展覧会は会期末が近づくほど混んでくるのが普通なのでだらだらしない方が良いと思います。

    これ↓が混雑状況のTwitterですが、見れましたっけ?
    https://twitter.com/rinpa_miyako

  3. あけみ says:

    なるべく早めに行こうと思います。
    Twitter見られないのです。でもありがとうございます。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)