仕事が一段落付いたので今日は有休もらいまして京都に行って来ました。ここんところの高気温で紅葉が全然進んでいないので展覧会巡りにしました。

まずは京都市美術館で開かれている「フェルメールとレンブラント」を。

京都市美術館

京都市美術館


サブタイトルが「17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」で、フランドル(オランダ+ベルギー辺りのこと)絵画と言うよりもほんとにオランダだけって感じの展覧会です。

で、メトロポリタン美術館所蔵のフェルメールの「水差しを持つ女」が初来日となっております。

フェルメールは現存数が少ないので展覧会のタイトルに使うのはまあありですが、なんとレンブラントも1枚しかありません。これはいかがなものかと。

でもほんとに17世紀オランダの絵だけ集めた展覧会なので、フランドル絵画は好きなのでなかなかよかったです。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)