春画展 後期展示 @永青文庫

2015年12月13日日曜日

今日泊まりにしたのは美術展巡りです。

まずは春画展。京都でやるのわかってたんですが、最初に2回分買ってあったんで見ることに。オークションで捌けば良かったんでしょうがめんどくさくてほったらかしにしてたのよね。

10時半頃に着きまして、15分ほど並びました。待っている間係の人が永青文庫について説明してくれました。入口の毛筆の春画のもじは細川元総理が書いたものだそうな。

永青文庫

永青文庫

後期展示と言うことで前期とはがらっと変わっていましたが、前期の方がよかったかな。円山応挙も春画を描いてたのねぇ。図録買ったけどまだちゃんと見てなかった。

やはり大混雑で、照れ隠しか喋る人が普通の展覧会よりかなり多い感じでした。

近くに椿山荘があるのですが、敷地内の道の脇にも椿が植えられてます。で、椿って花がしおれる前にぼとっと落ちるって話は知っていましたが、歩いていると目の前でぼとっと落ちました。ああ、ほんまにこういう落ち方するんやと。

江戸川橋への帰り、鴨が道路にたたずんでいました。近くにカラスがいたので襲われてたのだろうか。

鴨


ってことで次。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)