マドリードへ

2016年7月21日木曜日

3時半頃あっさり起床。ギリギリまで寝てると日本に帰ったときの時差ボケが酷くなるのでこれくらいがちょうどいい。

日記書いたりシャワー浴びたりして、5時半頃チェックアウト。昨日の朝食代ですが、16ユーロほど取られました。高いね。

フロントのお兄さんが「タクシー呼ぶ?」と言ったので、「いや、歩いて近くの駅まで行くけど、危ない?」と言ったら「全然」と言うのでちょっと安心。今回の一番の懸念だったのが早朝移動時のホテルから駅までの治安だったので。

ってことで何事もなくホスピタルクリニック駅着。これまた何事もなくサンツ駅着。

駅のコンビニが空いていて土産もんとかも売っていたので追加でちょっと購入。

で、予約してあったAVEに乗るのですが、ここでもセキュリティチェックを受けます(写真中央)。

バルセロナ・サンツ駅

バルセロナ・サンツ駅


マドリードの時とは違って荷物のX線チェックだけでなく手持ちの金属探知機を持った人がチェックしていました。

中は飛行機の搭乗ゲートみたいになっていて、しばらく待つと入場が始まりサクッと乗車。ゲートでチケットを見せるとバーコードリーダで確認されます。

やっぱり結構混んでいて、、隣が若い女性でした。その女性はサラゴサで降りて、また別の女性が。

今回、ようやく手が空いたというか、ブログにアップする写真の整理をする根性がないので(バルセロナの2日間で2500枚ほど撮った)今回初めてのカブトムシを折りました。2個折りました。AVEに乗ってる間は反応が薄かったので誰にもあげず。

で、マドリード・アトーチャ駅着。非常にスムーズだったのに結局3分遅れ。ま、こんなもんなんでしょうな。

AVEはアトーチャ駅のホームの南の端っこに止まって、結構歩かされるんやと思ったら、列車を降りてすぐのエスカレータを上がったら空港第4ターミナル行きのホームへの乗り換え口がありました。で、係員のおばちゃんに空港行きだよねと聞いたら、「あんたバルセロナから来たのよね?じゃぁチケットを見せなさい」と言われました。なんとAVEに乗ってきたら空港にはただで行けるそうな。QRコード部分を券売機の窓にかざすとチケットが出てきました。2.6ユーロですが、最後に思わぬラッキー。ってことは行きのホテルからアトーチャ駅のrenfeもタダで行けたのかな。

で、すぐに列車が来たけど多分違うなと思っていたらそばにいたジョン・ベルーシみたいな兄ちゃんがこれは空港には行かないねと言ってくれたり。

で、空港行きが9時44分発と言うことで待っていたのですが来ない。GoogleMapで調べたら次は10時15分とな。同じく空港に行くカップルにもしかしたらそうかもと言ったりして、ベンチで待とうとしたらさっきのカップルの男性の方に声かけられました。空港行きが来たよと。単に遅れてただけでした。

ってことで、親切2連チャンでいい感じ。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)