今日は会社帰りにライブを見てきました。リチャード・アシュクロフトのライブです。ソロ名義では16年ぶりのライブだそうで。その後はThe Verveやらでサマソニとかには来ていますが。私は16年前のライブは見てます。

仕事を終えてささっと会場に着きました。開場には間に合わないのはわかっていたので急ぎませんでしたが。

で、7時前に入場。客が少なくてびっくり。開演予定5分前なんですけど。まぁ16年前も日曜なのにソールドアウトじゃなかったからねぇ。十分大物なんだけども。(今日最後にやったBitter Sweet Symphonyはロック史に残る名曲と言われています)

Zepp Namba

Zepp Namba


この写真の手前は客が異様に少ないですが、フロアの1/4くらいを使って雑誌NMEのパネル展示コーナーや物販コーナーが設けられており、ライブ開始後はここには入れなくしていました。この規模のライブハウスでスタンディングエリアに物販ブースがあるなんて初めて見ました。

2階席も半分もいなかった感じだったし、前の方もそんなに人が詰まってなかったので2階合わせても500人いるかどうかって感じでした。

3年前のカーディガンズの時もこんな感じだったので大阪では90年代に売れた人たちは全く知名度がないんだろうか。

ライブ前にTシャツ買いました。ちょっと大きめと言うことでLにしましたが微妙にちっちゃかった。何とか着れるけど。

ってことで予定を20分ほど過ぎた19時21分頃にライブ開始。

Richard Ashcroft

Richard Ashcroft


この写真で着ているTシャツは「この人達」とプリントされてますが、最新アルバムが「These People」だからです。物販でも売ってましたが。

1時間ほどで本編終了してアンコール4曲で合計13曲1時間半ほどでした。曲数は少なくて時間もあまり長くなかったけど手を抜いてる感じは全く無くめっちゃ良かったです。歌に魂こもってたな。

詳細は主催のNMEのサイトにレビューが早速上がっていましたのでそっちを見てくださいな。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)