アンコールワット

2017年12月10日日曜日

ってことでアンコールワット。

中央の参道は修復工事で渡れませんで、浮橋が作られてます(写真右)。

アンコールワット

アンコールワット


アンコールワット

アンコールワット

池があって逆さアンコールワットが撮れる記念撮影スポット。

逆さアンコールワット

逆さアンコールワット


第一回廊は凄い量のレリーフが残ってて圧巻です。
第一回廊のレリーフ

第一回廊のレリーフ

で、第三回廊(中央部分)に上がるのに行列になっていました。同時に100人までしか上がれないそうで、首から提げるパスをもらって上り、降りたらそれを返す仕組みになってます。なので、誰かが降りてこないと上がれない仕組み。並んだときは45分待ちとなっていましたが、25分くらいで上がれました。

第三回廊に登るための行列

第三回廊に登るための行列


第三回廊への階段を上から

第三回廊への階段を上から


アンコールワットはバイヨン寺院よりちょっと古い12世紀前半のもので、ヒンズー教の寺院だったそうですが、仏教寺院に改修されたりして仏陀像もあります。歴史の詳細は調べてちょうだいな。

中央祠堂

中央祠堂


第二回廊はレリーフのない壁が大半で、こういう未完成な部分もあるのがおもしろい。
第二回廊の不完全な線刻

第二回廊の不完全な線刻


祇園精舎と勘違いしていたらしい日本人が残したメッセージ。
400年ほど前に日本人が残した落書き

400年ほど前に日本人が残した落書き


第一回廊に戻り、残りのレリーフを見ました。ヒンズー教の神話の乳海攪拌。これがとてもおもしろいです。
乳海攪拌のレリーフの左端

乳海攪拌のレリーフの左端


乳海攪拌のレリーフの中央

乳海攪拌のレリーフの中央


東の東塔門から抜けて外に出ました。
東塔門

東塔門


滞在時間は2時間半くらいでした。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)