プリアカーン

2017年12月11日月曜日

ここもアンコールトムと同じ時代のものなので、似たような感じです。

乳海攪拌でナーガを引っ張る姿。これもアンコールトムの南大門前と同じですね。胴体がちゃんと繋がってますが、鉄筋でがっちり修復されてます。

プリアカーン

プリアカーン


プリアカーン

プリアカーン


女性器のシンボルに男性器のシンボルがはまっています。
プリアカーン

プリアカーン


足の組み方とかを掘り直されたレリーフ。顔も削られちゃってます。
プリアカーン

プリアカーン


こういう遺跡の上の巨木ってのはもう珍しくありません。
プリアカーン

プリアカーン


珍しい2階建て
プリアカーン

プリアカーン


ナーガの胴体が欄干になっていて端っこがナーガの頭部になっている建造物が遺跡には多く見られます。ナーガ単独のが多いですが、ガルーダが乗ったこういうのもあります。
ナーガに乗ったガルーダ

ナーガに乗ったガルーダ


では次。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)