Archive for 12月 12th, 2017

VN834便

2017年12月12日火曜日

ってことで、21時23分頃に離陸し、25分後くらいに食事。

VN834便の食事

VN834便の食事


ハムと野菜と漬物。パン、ケーキはチーズケーキでした。わりとおいしかったです。

団体客となるとじっちゃんばっちゃんが多く、カンボジアからベトナムへの便なので日本語のアナウンスも当然ないので注意事項が耳に入るわけもなく、着陸寸前にふらふらーっとトイレに入ってCAの兄ちゃんがめちゃめちゃ焦ったりしてました。実は行きも同じようなことがありました。困ったもんだ。

空港へ

2017年12月12日火曜日

カンボジアはドルが普通に使える国なので、今回ほとんどドルを払うだけでお釣りをもらう機会がなかったのですが、アンコールワットからの帰りに水買ったら0.5ドルだったんで、2000リエルのお釣りをもらいました。

2000リエル紙幣

2000リエル紙幣


持っててもしゃあないのでホテルのフロントのチップ用の貯金箱に入れときました。

で、ホテルからトゥクトゥクに乗りました。ホテルでお願いすると5ドルで行ってくれます。

市内はやたら渋滞してました。中国人を乗っけた巨大な観光バスががっつり道塞いだりしてるのが目立った印象。

数少ない信号

数少ない信号


シェムリアップには信号がほとんどありませんが(なので交差点がロータリーになってたりしてますが、なってないところも多いので、あまりスピードを出せない感じ。)、空港に向かう道には何カ所か信号があります。

空港からホテルに来るときは20分ほどだったはずですけど、結局30分近く掛かって空港に着きました。

シェムリアップ国際空港チェックインカウンター

シェムリアップ国際空港チェックインカウンター


着いたのが飛行機の出発予定の2時間前の18時30分ちょっと前だったのですが、チェックインが始まってない雰囲気。あれっと思ってモニタを見ると21時30分になってる。マジっすか。調べてみたらベトナム航空のハノイ空港での最低乗り継ぎ時間は60分なので1時間遅れ程度ならまだ余裕ありそうだった。ってことで、ベンメリアで一緒だったカップルと話してたらチェックインが始まったのでチェックイン。キャリーバッグは7kg超えていたので預けました。

出国審査が終わると免税店の中を歩かされます。ちなみにこの空港を経営してるのは関空の経営に参加してるバンシという企業。

シェムリアップ国際空港

シェムリアップ国際空港

この女性器に男性器がってのは幅1mくらいの大きさのが遺跡に何カ所も置かれていましたが、かなり崩れていたものが多くて、こういう完全な状態の男性器のシンボルは見ませんでした。女性器部分はわりとちゃんと残ってましたけど。

女性器に男性器が(以下略)

女性器に男性器が(以下略)


日本からの添乗員付きの団体客のおばちゃん座らせるために席移動したらいろいろ話しかけられまして、飴ちゃんもらったりしました。

待ってる間に6番ゲートに変更になって、既に搭乗が始まってるとのことで慌てて搭乗。

A321

A321


21時8分頃にプッシュバックだったので実際の遅れは40分くらいでした。

ホテルに荷物を預けていたので受け取るついでにホテルで飯食ってから空港へ出発することにしました。昼飯食ってなかったし。

クメール料理の4品で12ドル(サービス料などなくて払った額も12ドル)のコースを頼みました。

豚肉入りのバナナの花のサラダ

豚肉入りのバナナの花のサラダ

トムヤムチキン

トムヤムチキン

ビーフ ロクラク

ビーフ ロクラク

フルーツカクテル

フルーツカクテル

どれもめっちゃおいしかったです。

アンコールワット再訪

2017年12月12日火曜日

午後は何するか全く決めてなかったのでアンコールワットを再訪しました。トゥクトゥク乗ったのですが、ちょっとしか値切らなかったので大して安くなかったけど、1ドル2ドルケチるよりは儲けさせてあげようではないかって感じになってました。

トゥクトゥクに乗る

トゥクトゥクに乗る

ってことでアンコールワット再訪。今回は地球の歩き方に紹介されてるところは確認しとこうかなと。

仏陀像が多いですが、西塔門にビシュヌ神像があります。これはヒンズー教の神様。

ビシュヌ神像

ビシュヌ神像

第一回廊の乳海攪拌のレリーフ。ナーガが2体いるのですが、上のナーガは両側から思いっきり引っ張られてるのに下のナーガは何もなし。上で踊ってるだけみたいな人がいっぱいいたりして非常におもしろいです。

乳海攪拌の左端

乳海攪拌の左端

この未完成部分もガイドさんがスルーしたところです。普通のルートだと見つからないです。

デバターの製作過程がわかる未完成部分

デバターの製作過程がわかる未完成部分

第三回廊への行列が一昨日よりかなり短かったので登りました。

第三回廊への階段

第三回廊への階段


胸を触られてテカテカのデバター
デバター

デバター

ナーガに乗った仏陀像が多いです。

ナーガに乗った仏陀像

ナーガに乗った仏陀像

中央祠堂にもこういうしっかり残ったレリーフがあります。

中央祠堂の彫刻

中央祠堂の彫刻

ってことで3時間20分ほどいました。帰りもトゥクトゥクでホテルへ。

ベンメリア

2017年12月12日火曜日

今日は朝からベンメリア観光ツアーに参加です。午前プランだと安かったので。集合よりなかなか車が来なかったのでどうしたのかなと思いましたが、参加予定のカップルが一組、ホテルから出てこなかったんで遅れたんだそうな。部屋にもいる気配がなかったと。現地で揉めたりしたんだろうか。

ってことで今回はカップル二組と一人旅の女性一人と私の計6人。

ベンメリアはシェムリアップからだいぶ離れてまして、西北西に直線距離で40kmくらい。車だと50km以上はあります。途中は悪路が多かったです。

ここはアンコール遺跡群とは別なのでまずはチケット売り場でチケット買います。5ドル。アンコール遺跡群のチケットは不要。

ベンメリアのチケット売り場

ベンメリアのチケット売り場


このナーガはかなり原形をとどめていて綺麗です。あっちこっちにあるナーガも元はこんなだったんですな。
ナーガ

ナーガ


アンコールワットよりちょっと古い時代のものだそうです。がっつり崩れちゃってるところがほとんどです。中央祠堂は完全に崩れてました。
ベンメリア

ベンメリア


ベンメリア

ベンメリア


こういう中に入れるところも何とか残ってます。
ベンメリア

ベンメリア

ベンメリア

ベンメリア


ラピュタが参考にしたと言われていますが、事実は不明。映画公開時はここは公開されていなかったそうな。
ベンメリア

ベンメリア

帰りに高床式住居に住んでいる地元民の生活に触れようと言うことで、お家にお邪魔させてもらいました。そこにいた少女がやたら可愛かったです。

ってことで、客を順番に降ろすために最初に止まったホテルがアンコールワットに比較的近かったので私も降りました。

朝食

2017年12月12日火曜日

今朝の朝食はエッグベネディクトにしました。が、本来のエッグベネディクトとはだいぶ違う感じでしたけど、まあおいしかったです。

朝食

朝食


皿に載ってるのはベーコン、ソーセージ、焼いたトマト、ジャガイモ。

食事が済んだらチェックアウトしまして、荷物は空港への出発まで預かってもらいました。