Archive for the ‘食’ Category

アムステルダム2日目の晩飯

2016年2月21日日曜日

国立美術館のI amsterdamのモニュメントのところで記念撮影しまくりのを眺めつつ、近くで晩飯を食うことにしました。

昨日晩飯食ってないので初めての晩飯なのに日記に載せる意味があるのかって感じのしょぼい晩飯ですが、とりあえず載せときます。

適当にうろうろしてると店の兄ちゃんに声を掛けられて、まあここでええかって感じで入店。

ステーキのセット

ステーキのセット


ステーキ、サラダ、フレンチフライで10.5ユーロ。ビールは2.8ユーロ。チップ込みで15ユーロあげましたけど。

ステーキは硬かったですが、味はまぁまぁ。味付けは塩胡椒くらいしかされてないのでケチャップ掛けましたけど。マヨネーズがおいしかったです。疲れてたのでビールはうまかったな。

と言うことで本日の予定は完全に終了。ホテルに戻ってまたすぐに寝てしまいました。ちなみに昼飯は朝がめった袋入りのワッフルをぱくついただけ。

<本日の徘徊ルート>

Quentin England Hotel

2016年2月21日日曜日

昨日は眠くてすぐに寝ちゃったので、夜1時半頃に目覚めてしまいました。時差が7時間もあるとなかなか調整が難しい。

昨日も書きましたが朝飯食ったので追加で。こまめに書いとかないと後々苦労するので。移動の足跡だけは後回しかな。

ネットは繋がりましたが、遅い。Youtubeを快適に見せろとは言わないけどGoogleMapが遅くて耐えられんってのはいかがなものか。

不満はこれくらいかな。スタッフはみんな若いです。

朝起きてから撮りましたんで散らかってますが、とりあえず写真を。

ホテル002号室

ホテル002号室


ホテル002号室

ホテル002号室

で、朝食。朝食ありなしの客がいるのでフロントで朝飯くれと言うと部屋番号を確認されるので、部屋番号を告げるとトレイをもらえます。後はいつもの感じで。

Quentin England Hotelの朝食

Quentin England Hotelの朝食


パンは食パン3種類とクロワッサン。ワッフル、ソーセージ、ハム、スライスチーズ、ヨーグルトなど普通ですがまぁまぁいい感じ。シリアルもあります。コーヒーは作り置きにしてはおいしかったです。

KLM868便

2016年2月20日土曜日

座席は予想より足下が広くて良かったです。想像以上に混んでいました。エコノミーはかなり埋まっていたのでは。土曜出発だからかな。

機内食を載せときます。食事は大体離陸2時間後くらいと着陸2時間前くらいの2回で(飛行時間は今回10時間40分ほど)、さらに途中にアイスクリーム(ちっちゃいコーンタイプ)が配られました。

まずはメインの食事。和食と洋食の2種類で、洋食にしました。

KLM868便メインの食事

KLM868便メインの食事


メインはビーフストロガノフ。肉にちょっとソースが掛かっただけって感じでしたがなかなかうまかったです。付け合わせはインゲン、芋ニンジン、コーン、いつものインゲン。パン。チーズとクラッカーも。ケーキはイチゴのムースっぽいのでかなりおいしかったです。

こっちが着陸前の軽食。

KLM868便の軽食

KLM868便の軽食


メインはペンネアラビアータかな。あとはサラダとフルーツとパン。これらは普通。

機内アミューズメントはわりと充実してて、モニタも大きめで良かったです。音楽もいろいろ聴けるのですが、今掛かってるのが何かがわからないのだけがマイナスポイント。映画は007のスペクターとスカイフォールを見ました。日本語吹き替えです。先にスペクターの方を見てスカイフォールを見てなかったのに気づいて後で見てしまうと言う情けなさ。どっちもなかなか面白くてスペクターの方がだいぶ面白かったですが(黒幕出てきたし)、ストーリーが無茶無茶だな。

隣の席は女性二人組で、ちょっと喋りましたが卒業旅行でイタリアなんだそうな。私は機内でトイレに全然行かない人なのですが、今回ギリギリに行きたくなるかなと思って1回だけタイミング見計らってトイレに行きましたが、「この人トイレに行かなくて大丈夫なんだろうか」と気になっていたらしい。

ということで、着陸も15分ほど遅れて到着。

<今回の飛行経路>

忘年会

2015年12月30日水曜日

今年も毎年12/30恒例の忘年会だったのですが、最近いつもお邪魔している友人の息子が受験を控えてるってことで今年は焼肉を食いに行くことにしました。一斗本店です。

新今宮の改札で集まりまして、堺筋の南の突き当たりにある本店へ。途中の環境を考慮し、子供連れの友人だけ花園町駅から来てもらいました。ま、堺筋沿いだと大して何もないんだけどね。

板前焼肉一斗本店

板前焼肉一斗本店


仙台牛のグランドチャンピオン牛を食いました。バラだけど。写真の真ん中の皿の下半分の3きれだけ残ってるのがそれ。仙台牛はクラスが高くないと名乗れないので仙台牛と名乗るだけでも高級なのですが、さらに品評会での最高クラスのグランドチャンピオンと。でも1人前1380円(税別)です。他じゃこの値段では絶対食べれない。ちなみにメニュー。
仙台牛グランドチャンピオン牛メニュー

仙台牛グランドチャンピオン牛メニュー

脂っこいんじゃないのと思うかもしれませんが、ここまで良い肉になるとさらっと食べれるんですな。

皿の上半分の方はロースです。これもとろけるうまさ。

値段気にせず食いまくったので結構掛かっちゃいましたが満足です。

帰りは面倒なので全員で新今宮から帰還。

文武廟

2015年11月2日月曜日

次はまた香港島に戻りました。行き当たりばったりだったので先にこっちに来といたらよかった。

次は上環駅から文武廟(マンモウミュウ)へ。道教のお寺で、関羽をまつっているそうな。香港最古のお寺だそうだけど、160年ほどの歴史。

文武廟

文武廟


渦巻き状の線香。かなり大きいです。
文武廟の線香

文武廟の線香


左が関羽です。
文昌帝君と関聖帝君

文昌帝君と関聖帝君

目の前の階段を降りる途中にあるキャットストリート。

キャットストリート

キャットストリート


変わったのを売ってる店が多いです。買ってませんけど。

ここでようやく食事(現地16時頃)。駅の近くで謎の麺を食いました。米の麺だったと思う。30香港ドル(460円ほど)。

米の麺

米の麺


載ってるのは練り物で、味はあっさりしてました。で、肝心の麺ですが、スープがおいしくなかったです。こくも何もなく変に甘い。ま、食べれないことはなかったんで完食しましたが。

↓のリンクは上が文武廟、下がキャットストリートです。

伊勢神宮 内宮

2015年8月21日金曜日

バスに乗り、内宮の1個手前で降りまして、おかげ横丁を通って赤福本店前の赤福で赤福氷を食べました。

赤福氷

赤福氷


大人気で行列ができていまして、慌てて作った感じでいまいちだったです…外宮のところで食えば良かった。

ってことで、内宮。

内宮 正宮

内宮 正宮


遷宮で横に移動したので正殿の一部が見えてます。
内宮の正殿

内宮の正殿

平日でしたが、夏休みと言うこともあり賑やかでした。

ってことで、宇治山田からサクッと帰還。

で、家に帰ったらNexus7がない!マジっすか。最初の特急に置き忘れていたと思い出し、賢島は終点で客もほとんどいなかったので盗まれてはいないだろうと思い鶴橋駅の駅長室に行き問い合わせてもらったら無事発見。よかった。近鉄の鶴橋駅の駅長室ってえらい変なところにあるのね。

忘年会

2014年12月30日火曜日

今日も毎年12/30恒例の友人宅での忘年会でした。子供に受験生がいたりして不参加者が多くてことしてちょっと寂しかったですが、今年も毎年恒例のてっちり&手巻き寿司で。

フグはアラだけてっちりにして身は唐揚げに。てっちりの写真はないです。

フグの唐揚げ

フグの唐揚げ


いつも買ってる大昌総業のフグは安くて今年は100gあたり264円でした。牛肉より安いわな。

毎年通販で買ってるソフトシェルクラブ。唐揚げ状態の写真です。

ソフトシェルクラブの唐揚げ

ソフトシェルクラブの唐揚げ

ソフトシェルクラブは唐揚げにして手巻き寿司で食うのが最高です。食い倒すので飯の量は少なめにしてます。

ソフトシェルクラブの唐揚げの手巻き寿司

ソフトシェルクラブの唐揚げの手巻き寿司


巻き寿司だとスパイダーロールと呼ばれます。

他のネタは鶴橋の市場で買ったキングサーモンとまぐろ食堂の本マグロ中トロ。大将気前よすぎでいつもごっそりオマケしてくれるので恐縮。

今年は買いすぎることもなく、一人当たり2300円ほどで済みました。参加者6名でフグ一パック、フグのアラ2パック。

ってことで、今年も食い倒して終了。

豊島美術館

2014年11月29日土曜日

ってことで、豊島での主目的地の豊島美術館にやってきました。

豊島美術館

豊島美術館


右側が美術館で、左側はショップ&カフェとなっています。

建物そのものがアート作品なのですが、建物の設計は西沢立衛(SANAAの片割れ)、内部のギミックなどのアートは内藤礼って人の作品となっております。つまり、作品としてはこれ1点だけですが、入館料1540円です。

建物は2箇所に大きな穴が開いた無柱のドーム空間となっており、床は撥水加工されたコンクリートで、ところどころに小さな穴が開いており(小さなピンポン球がある箇所も少しあります)、その穴(ピンポン球の場合は頭頂部に開いた穴)から少しずつ水が出てきてその水がある程度溜まったら流れ出すってのを眺めるだけになってます。大きな水たまりになってるところもありますが、小さな出水口と小さな排水口だけで成り立ってる部分とか、単に水が溜まってるだけの場所とか色々あって、ぼーっと眺めてるとなんぼでも過ごせる感じ。

内部は想像以上に広かったです。建てるのに苦労しただろうな。

中では係員が3~4人立ってて、客は10人くらい?やっぱり土曜としてはかなり少ない方だったんじゃないかと思います。船のアナウンスではここも酷い時は数時間待ちになっちゃうことがあると言ってました。さすがにここは外人は少なくて船で一緒だった白人さん一人だけでした。

ちなみに静寂も作品のうちってことで、できるだけ音を立てるなと言うことで内部は撮影禁止。

ずっと眺めてても構わなかったけど、果てしなく居続けそうだったので20分ほどで出ました。

入場料は高いですが、旅費含めれば大したことないってことで、これだけの非日常空間はなかなかないのでお奨めです。人少ない時をできるだけ狙いましょう。

ってことで、昼飯食ってなかったんでカフェでオリーブライスってのを食いました。もろみで味付けしたオリーブを混ぜたご飯です。

オリーブライス

オリーブライス


わりと食えましたがお奨めってほどではありません。
カフェ内部

カフェ内部

と言うことで、帰路につきます。

開館60周年 特別展 @藤田美術館

2014年10月5日日曜日

今日は藤田美術館へ行ってきました。60周年記念と言うことで、所蔵の国宝や重要文化財などをどさっと展示しています。小さい美術館なので入館料は800円ですが、アサヒメイトで50円引き。

藤田美術館

藤田美術館

有名なのは国宝の曜変天目茶碗ですが、その他にも国宝6点を展示中。ここの美術館の国宝をこれだけまとめて見れる機会は滅多にないかと。

ここでは入館料を払うと隣の太閤園の喫茶室のデザートのセットの割引券をくれます。
http://www.taiko-en.com/restaurant/restplan/7953956033e65f2.html
1230円が1000円。栗ぜんざいや、栗のロールケーキ、葡萄のコンポート(+アイスクリーム)とかなり豪華。コーヒーはデミタスですが。

秋風

秋風


いい感じの庭を眺めながら1000円なので結構お得かと。ま、太閤園は結婚式場なので結婚式に来た客がくつろいでたりするんで雰囲気が結構独特ですが。

ってことで、台風来てましたが雨には濡れずに済みました。

ネスプレッソ イニッシア

2014年5月21日水曜日

コーヒーは好きでよく飲みます。大昔にはレギュラーコーヒーを家で入れてたりしましたがおいしかった試しがありません。インスタントでも実は開封後1杯目はなかなかおいしいと思うこともあるんですが、翌日の2杯目で既に味が違う。どんどんマズくなるのです。

と言うことで、家ではコーヒーをほとんど飲まなくなってしまいました。会社では昼飯を食わないこともあり、糖分補給に砂糖入りのスティックタイプのインスタントを買って飲んでいます。スティックタイプは1杯毎に密封されているのでそれなりに味は安定しているのですが、でも満足するレベルには行きません。

最近、週末はイタ飯屋でランチをすることが多くて食後のドリンクは基本的にホットコーヒーを頼みます。これが店毎に味が全然違うのですよね。

そんなこんなでおいしいコーヒーを家でも飲みたいとここんところ強く思うようになりまして、ずっと気になっていたドルチェグストかネスプレッソのどっちかを買おうと思い立ちました。

どちらもネスレ製のカプセルタイプのマシンです。カプセルだと品質が安定してるだろうということで。普通のレギュラーコーヒーはすぐに劣化するので最初から対象外です。

ネスプレッソが1杯80円、ドルチェグストが1杯50円くらいでドルチェグストの方が安いのですが、以前に阪急河原町にあったネスレのカフェでドルチェグストで入れたコーヒーを飲んだことがあるのですがあまり印象に残らなかったんですよね。調べてみたらやっぱりネスプレッソの方がうまいとのこと。ま、高いんで当然ですかね。

ネスプレッソは基本的にはエスプレッソを入れるためのマシンですが、いわゆる普通のタイプのコーヒー(ルンゴと呼ぶ)のカプセルもありますし、エスプレッソをお湯で薄めたカフェアメリカーノも当然可能。

と言うとこで、一昨日アマゾンで一番安いイニッシアを注文。9,817円でした。今日見たら8,972円に下がっていてちょっとショックでしたが。 5月末までキャンペーン中で直販サイトで使える4000円のクーポンがもらえるとのこと。

今朝会社に行く前に届きました。

ネスプレッソ イニッシア

ネスプレッソ イニッシア

と言うことで、家に帰って早速入れてみました。16種類のカプセルが付いている(約1300円相当)のでとりあえずはカプセルを別に注文する必要がありません。16種類試してから改めて好みのを買ってねってことですな。

毎日の最初には湯通しをする必要がありますが(カプセルセットせずに抽出ボタン押すだけだけど)、基本的にはタンクに水を入れて電源入れてカプセルをセットしてカップを置いて抽出ボタンを押すだけ。めっちゃ簡単です。

電源投入時の余熱は30秒ほどで、ボタンを押すとすぐに抽出するのでタンクに水を入れて最初の湯通しをするところを含めてもトータル2分ほど。めっちゃ早い。湯を沸かす必要が無いのでインスタントより早い。これはとても嬉しい。会社でも使いたいけどちょっと音がうるさいかなぁ。給湯室は公共エリアにあるので置いとけないしねぇ。

味ですが、今まで自分で入れたどのコーヒーよりもちゃんとしたコーヒーです。週末のランチで別料金のコーヒーを飲む必要はもはやありませんな。最高にうまいかというとそうでもないんだけど。エスプレッソはちょっと薄い。リストレットで入れないとダメかな。でもかなり量が少なくなるのと、20ccだけで捨てちゃうのももったいないというか。

コーヒー1杯110cc(エスプレッソは40cc)でカプセル1個は80円ほどするのですが、喫茶店で飲むより圧倒的に安いし、飲んだことないけど結構評判がいいセブンイレブンの100円のより安いし、安定してちゃんとしたコーヒーが家で飲めるんだからまったく問題なし。カプセルは賞味期間1年で長期保存しても劣化がほとんど無いと言うことなのでこれまた嬉しい。スタバのスティックのインスタントコーヒーなんて1杯100円くらいするしねぇ。

ちなみにドルチェグストだとセブンイレブンとかで売ってますが、ネスプレッソの場合はオフィシャルの通販で買うのが基本です。しかし大都市にはネスプレッソブティックってのがありまして、私の場合会社の近くにあるんでそっちがメインになる予定。

(2014/5/26追記)
ブラックで飲む習慣はないのですが、このためだけに牛乳を買う予定はないのでポーションタイプのクリームを買おうかなと思いましたが、植物性油脂のしか売ってなかったので今のところは買ってません。

で、こないだスプレー缶のホイップクリームを業務スーパーで買いました。250g入りのが300円しないくらいだったかと。生クリームが主原料のわりとちゃんとしたやつで、甘味も抑えられててなかなかおいしい。買って正解だったな。

ということで、お試しカプセルはもう無くなりそうです。いかん。金かかるぞこれは。

(2014/12/15追記)
ホイップクリームだけだとやっぱちょっと物足りないので最近は普通のポーションも使ってます。

味ですが、自分で入れた中ではトップレベルなんだけど、茶店で飲むめっちゃおいしいのと比べるとまだ差があります。というか、元がエスプレッソなので味の方向性が違うんだよね。ま、でも十分満足できていますが。

ちなみにリストレットとアルペジオに落ち着いてます。それを多めの量(ルンゴと同量が多い)の抽出で。カプセルは最後までセットしっぱなし。

(2015/3/27追記)
最近キャンペーンが始まった(5/31まで)のでイニッシア+エアロチーノバンドルセットをamazonで買いました。11899円でしたが、8000円分のクーポンが返ってくるので実質3899円。オマケのカプセル16個分約1300円分引くとイニッシア本体とエアロチーノが合わせて2600円ほどで買えることになります。イニッシア本体はとりあえず予備で保存しとくことにしまして、エアロチーノを早速使い始めました。牛乳を買うのがめんどくさいのでしょっちゅうはやりませんがカプチーノとかが簡単にできてめちゃうまい。本体だけだとクーポン4000円なのでキャンペーン中は絶対バンドルセットの方をお奨めします。(追記:2015末のキャンペーンではクーポンの8000円が6000円に変わっていますのでご注意を。Amazon販売価格も結構上がってたりしますし。)

(2015/12/24追記)
買ってからもう結構経ちますが、1日に1杯強って感じで飲んでいるので600杯くらいですか(ブティックで買ったり通販で買ったりで数えるのが面倒)。湯通しなどで1500回くらいは湯を出しているわけですけど、問題無く動いています。今のところ湯垢除去が必要な予兆は無し。準備はしていますけど。大阪市の水道水の硬度は45前後らしい。

互換カプセルも買ったことありますが、イニッシアだと互換性が低いのでお奨めしません。レバーを上げても落下しにくかったりセットしたときの気密性が悪くて最初にしばらくお湯が出てきたりすることも多いです。味もいまいちだし。安いのが良ければドルチェグストの方が良いのではと思います。

墓参りの後は友人の日本橋での買い物に付き合い、更に別の友人と合流して合計4人で道頓堀角座前にある「俺のフレンチ・イタリアン」で飯を食うことにしました。

予約はかなり前からでないとすぐに埋まっちゃってダメのようで、仕方なく1時間ほど並びまして立ち食いです。予約だと座れるんだけど(テーブルチャージが一人300円かかるらしい)。

俺のフレンチ・イタリアン

俺のフレンチ・イタリアン

値段はほとんど気にせず頼みまくりました。ワインは中くらいのと安いのをボトルで1本ずつ頼んで結局一人5000円弱。食い過ぎですな。

ワインだけで一人1800円くらいかかってますんで付きだしの300円を抜くと料理は一人2800円くらいしか頼んでませんが、それでも腹一杯。普通の人は5000円も頼めないと思います。

感想としては満足です。従業員が元気で愛想がよいのがとてもよいですね。全体の雰囲気は高級洋風立ち食い居酒屋って感じ。

料理は全般的にはおいしかったです。他ではなかなかないくらい安いと思いますが、ピザとかは同じくらいの店は他にもいくらでもあると思うので、破格な物とそうでないものが混在している感じ。

酒は普通であまり安くないです。量はわかりませんが、プレミアムモルツが480円。ワインのボトルはメーカー希望小売価格の999円プラスとのことなので高いワインは安いのかな。

牛サーロインステーキ フォアグラ載せ

牛サーロインステーキ フォアグラ載せ

写真のステーキは肉質は大したことありませんでしたが、味はよかったです。フォアグラ載ってて税抜き1580円だと十分か。と言うかかなりサイズがでかいのでもう少し小さくていいから肉質上げて欲しかったかな。イベリコ豚も食べましたが、イベリコ豚にしてはあっさりしてました。個人的には自分で焼いた(イベリコ豚のブロックを売ってる店があるんですわ)方がおいしかったかな。「子羊鞍下肉のトロンソン」ってのも食いましたがこれはとてもおいしかったです。

ピザは個人的にはいまいちだったかな。薄焼きの生地ならもっとパリっと焼けてて欲しい。

ということで、この店の感じは掴めたので会社帰りに前を通った時に大して並んでなかったら入るかも。でもお通し300円(今日はパルミジャーノ・レッジャーノの塊でした)にワンドリンク必須なのでそれなりに満足するには3000円くらいはかかっちゃいますな。

で、デザートはゆっくり座って食いたかったのでここで終了。近くのサイゼリヤでいただきました。

ケジャン

2013年12月31日火曜日

昨日の忘年会用に買おうかなと思ってたんやけど予算オーバーで断念したケジャンが500円で売ってる店があったんで買ってみました。

ケジャンとは韓国の食べ物で、生のワタリガニを唐辛子のタレで漬け込んだもの。醤油漬けのもあるらしい。で、食い方ですが、そのままガシガシ食えとのこと。

で、食ってみましたが、なかなかおいしかったですがやっぱりめっちゃ食いにくい。それと、歯の治療中に食うもんじゃないですな。治したばっかりの犬歯がまた折れないか心配になってしまいました。

ということで、次の忘年会で買おうかなと思いましたがパスすることとします。

JL406便機内(事後更新)

2013年7月20日土曜日

ってことで何とか乗れました。19:45頃に離陸。離陸後45分頃にまずはおかきが配られました。

おかき

おかき

離陸後1時間半頃に夕食。シチューにパスタでした。食後にハーゲンダッツのバニラも配られました。

JL406便夕食

JL406便夕食

離陸後約9時間後の日本時間11時40分頃に朝食。クレープにベーコン。

JL406便朝食

JL406便朝食

これ書いてるのは2014/1/5ですが、何してたか全然憶えてません。

ってことで、このフライトの航路です

パリ(一部事後更新追加)

2013年7月20日土曜日

今日は5時15分頃起床。

なんやらかんやだらだらしてたら8時を回ってしまっていて、どこかで朝食を採ろうと思ってたんやけど時間がなくなり、ホテルで朝食。10ユーロ別料金。

朝食

朝食


で、チェックアウト。

ホテル近くの駅(昨日降りた駅とは違うけど)に行き、1日券を券売機で購入。回数的には元取れないかも知れんけど地下鉄乗る度に切符を買うのが面倒なので。

JCBプラザラウンジに直行。荷物を預かってもらいました。

改装後のオルセー美術館を見てみたかったんで今日はオルセーがメイン。ほんとは9時半の開門と同時くらいにしようと思ってたんやけど、出遅れて10時ちょっと前になってしまいましたが、客並んでなくて一安心。

写真撮影禁止になっちゃったのでここからだけ撮れました。

オルセー美術館

オルセー美術館


オルセーに来るのは3度目ですが、ど素人ながらも最近知識は増えてきたので楽しめる度合いが増してます。ルドンがこんなにたくさんあるんやとか。
超有名画家以外も代表作だらけだよね。もう凄すぎて。

有名作品ばっかりなので何かと貸し出しの多いオルセーですが、マネのオランピアがイタリアへ行ってるそうで見れず。同じくマネの笛を吹く少年も無いなぁと思ってたらマドリードだそうで。ドガの踊り子もなかったな。

ちなみにオランピアだけイタリアに行ってますと立て看が置いてあった。他のはなんでないんや。しかし、笛を吹く少年は前回も見れなかったので2回連続である。ま、初めて来たときに独占状態で堪能できてたのであまり問題はありませんが。

3時間くらいいたであろうか、次は前回見逃していたギメ東洋美術館の別館へ。正面から右に行ってちょっとの所にあります。ここは日本の仏像がたくさん展示されてます。ちなみにここだけ見るなら無料。

ギメ東洋美術館別館の東寺の立体曼荼羅を摸した仏像群

ギメ東洋美術館別館の東寺の立体曼荼羅を摸した仏像群


ギメ東洋美術館別館の庭園

ギメ東洋美術館別館の庭園

せっかく来たので本館も見ときました。しんどいのでざっくりとだけど。特別展が北大路魯山人展で、企画展が「つつがき」だそうですが、染め物らしいんだけど、よくわかりません。

ギメ東洋美術館の企画展「筒描き」

ギメ東洋美術館の企画展「筒描き」

で、最後にモロー美術館も行っとこうと思って行ってみたら閉まってた。7月15日から12月まで改装だそうで。ギリギリやん。ってことで今日はこれまで。

モロー美術館の一時閉館のお知らせ

モロー美術館の一時閉館のお知らせ

ピラミッド駅近くのスーパーで土産を買い足しました。

スーパーMonoprix

スーパーMonoprix

で、JCBプラザに戻ります。結局地下鉄4回乗りました。ほぼ元ですかね。

<ここまでの徘徊ルート>

で、後は帰るだけなのにヤバい事態になってしまいました。(ここから機内まで写真撮る余裕なし。)

ロワシーバスの乗り場を見つけられずオペラの周りを1周してしまい、オペラを出たのが17時過ぎ、で、渋滞で空港に着いたのがチェックイン締め切りが18時30分なのに18時15分頃。しかもバスのアナウンスがなくて向かいのターミナルで降りてしまいまして、降りてからダッシュするハメに。

何とかチェックインできましたがもうヘロヘロ。ここんとこ時間の感覚がおかしい。気をつけねば。チェックインの時に担当してた人がごそごそ話して電話してたしてなかなか搭乗券を出してくれないので心配になったんやけど大丈夫か聞いたら問題無いとのこと。しばらくしたら日本人の係員がやってきて、発券。

システムとトラブルとかで座席番号が入ってない搭乗券を渡されました。このまま出国手続きは問題無いけど、搭乗前に座席番号の入った搭乗券を出し直してもらえとのこと。写真に撮ったら良かったんだけど、そんな心の余裕無し。

さっさとイミグレにいくと大渋滞。これはヤバいってことでこのまま並ぶわけには行かないと思って優先レーンに向かってズカズカと進みました。優先レーンなのに何も聞かれずイミグレも何事もなく通過。

で、なんとかラウンジへ辿り着きまして(場所憶えてて良かった)、カラカラの喉に水分を大量に補給。ハムをがっと取りむさぼりついて、ヨーグルト2個にフルーツを1カップ分かき込みました。

結局ラウンジには20分くらいはいれました。ネットは無料WiFiができてたようだけど調子が悪くすぐに切れたりして時間がなかったこともありあまり試せず。

と言うことで搭乗。搭乗券はゲートのところで出してもらい、無事予約通りの席が印字されてました。

帰りの便は混んでいて、エコノミーはほぼ満席。隣のも2席とも埋まってました。

昨日はタブレットでしかネットに繋がらなかったのだけど、今朝はちゃんと繋がったので更新です。

今日も5時起きでしたが、昨日も帰ってすぐに寝たのでよく寝れました。

ってことで今日がウィーンでの最終日です。飛行機の時間が夕方なので引き続き観光。

8時半前にチェックアウト。キャリーバッグは空港へ出発するまでホテルで預かってもらいました。番号で管理してくれてカギの掛かった部屋に保管してくれるので安心です。

まずはウィーン大学へ。

ウィーン大学

ウィーン大学


大講堂の天井画のクリムトの作品を見に。と言っても元の絵は焼けちゃったので白黒のレプリカです。名古屋でも見たんだけど実際の様子を見たかったので。
なんかの学会的なイベントをやっていて参加者が既にいっぱい座っていらっしゃいましたが、まだ始まってなかったこともありこっそりお邪魔して短時間だけいさせていただきました。
ウィーン大学大講堂の天井画

ウィーン大学大講堂の天井画


ちょっと遅かったら見れなかったかも知れないのでラッキー。

次は目に留まった教会を覗きまして、その後カフェ デメールへ。ザッハトルテのもう一つの有名店です。

カフェ デメール

カフェ デメール


店頭でケーキが並んでいるところでケーキだけ注文すると紙にメモしてくれまして、その紙を席に着いてから渡すシステム。
ザッハトルテとメランジェ

ザッハトルテとメランジェ


甘くない生クリームと一緒にいただきました。単独だとだいぶ甘かったかな。

次はシュテファン寺院の内部見学。内陣に行っただけ。

次はオーストリア応用美術博物館。

オーストリア応用美術博物館

オーストリア応用美術博物館


いろんな椅子がある部屋とかがあってデザインを学ぶ美術館って感じ。クリムトの作品がある部屋がなんと工事中でクリムトは見れず。残念。しかし、地下の日本の作品も並んでる部屋に宮川香山、柴田是真、並河靖之などの作品が展示されてました。思わぬところで見かけてラッキー。
並河靖之の壷

並河靖之の壷

次はクンストハウスウィーンへ再度。トイレの内装見損ねたので。

クンストハウスウィーンのトイレ

クンストハウスウィーンのトイレ

次はガソメーターへ。元々ガスタンクだった所を再開発した建物だそうな。

ガソメーターと隣接している変なビル

ガソメーターと隣接している変なビル


周りにも変わったデザインの建物があっておもしろかったです。
ガソメーター近くの変なビル

ガソメーター近くの変なビル


次は王宮内にある国立図書館。世界一美しい図書館とのこと。天井画が教会みたいです。でも周囲は本棚がずらっと。
国立図書館

国立図書館

次はウィーンミュージアムカールスプラッツ。

ウィーンミュージアムカールスプラッツ

ウィーンミュージアムカールスプラッツ


ウイーンの歴史を展示する美術館なのですが、ウィーンの画家の絵も展示されていて、クリムトの絵が3枚展示されてます。そのうちの1枚が有名なパラス・アテネ。
クリムト パラス・アテネ

クリムト パラス・アテネ


客どころか監視員すらいそばにない状況で完全に独占。堪能しました。
クリムトのあるエリア

クリムトのあるエリア

次は近くのカールス教会に入りまして、工事中でドームの上まで上れたので上りました。微妙に揺れてるのでなかなか怖かったです。

カールス教会

カールス教会

次はシュテファンプラッツに戻りまして、聖ペーター教会へ。3時からのオルガンコンサートがあるってことでまだ30分ほど時間があったので一旦土産物を買いに出ました。

土産はオーストリアで有名なマナーのショップで安いお菓子をどさっと購入。オーストリアで超ポピュラーなお菓子です。

マナーのショップ

マナーのショップ

ってことで教会に戻り、オルガンコンサートちょっとばかし。最後まで聞いてるとそろそろ帰りの時間になるので15分ほど見ました。日本人の人の演奏だったようです。パイプオルガンの演奏台(?)がどこにあるかわからなかったんでどこにいるのかわかりませんでしたが。

ってことで、ホテルに戻って荷物を受け取り、空港へ向かいます。

ここで街の様子を3点ほど。

ホテル近くの鉄枠が文字になってるビル

ホテル近くの鉄枠が文字になってるビル


地下鉄駅

地下鉄駅


ウィーンミッテ駅

ウィーンミッテ駅

今回、カブトムシ折りまくりで、空港へ向かう電車でも向かいの髭面の男性とお話しました。

で、空港でチェックイン。

チェックインカウンター

チェックインカウンター


キャリーバッグは重すぎると言うことで機内に持ち込めず預けることに。

帰りも同じサンドイッチが出ました。

機内食のサンドイッチ

機内食のサンドイッチ

で、無事パリ到着。パリの方はLCC専用ターミナルなので、ターミナルに着いた目の前が荷物受け取り場で、しかも数分待っただけで荷物が出てきたので手荷物にしなくても全く時間のロスはありませんでした。

空港からはRERで市内へ。いままでずっとロワシーバスだったので初めてです。こっちの方が全然速いね。ま、JALが使ってる2タミからだとRERの駅までちょっと歩くのが面倒なんだけど。

ってことで、ホテルに向かいます。安ホテルなので駅から結構歩きますが、一晩だけなので問題ありません。

ってことで到着。チェックイン時にパスポートの提示を不要だと言われたのは初めてです。

ホテル Villa Du Maine

ホテル Villa Du Maine


ホテル Villa Du Maineの部屋

ホテル Villa Du Maineの部屋

部屋はかなりボロく、エアコンもなくかなりショボくてちょっと驚きましたが、掃除は行き届いていて問題ありません。周りの音もダダ漏れですので長期滞在は厳しいかな。

ホテルに到着したのが21時50分、周りにレストランもなく、機内でサンドイッチも食ったしってことで晩飯食わずに寝ることにしました。

<本日の徘徊ルート>