Archive for the ‘映画’ Category

Rogue One: A Star Wars Story

2017年1月5日木曜日

今日は映画を見てきました。STARWARSくらいは映画館で見ないとねって感じで。

帰り際に適当に撮った写真だけ貼っときます。

Rogue One

Rogue One


会社で加入している福利厚生(ベネフィットステーション)のおかげで1300円で見れます。

最近字幕を追う集中力が無いので日本語吹き替え版で見ました。最近ようやく大阪市内に導入されたIMAX3DもここTOHOシネマズなんばなのですが、パス。

まずは役者について。

EP6に出てたモン・モスマが出てたんだけど、同じ人なわけないよなと思ってたら当然当時とは役者が違っててそっくりさんだった。EP3とかに出ていたレイアの養父のベイル・オーガナ(オーガナ議員)は同じ役者でした。

ターキン総督がEP4と同じ顔(役者さんは20年以上前に死去)なのでどうなっとるんだと思ったんだけど、過去の映像を使って顔だけ合成したんだそうな。凄い時代だなぁ。先日レイア役のキャリ・フィッシャーが亡くなりましたが、EP8は亡くなる前に撮影済だそうですが、EP9も全然問題無いんでしょうな。

主人公の父親役がマッツ・ミケルセンって役者で、007カジノロワイヤルで敵役だった人なのですが、私は最近は映画そんなに見ないので悪役のイメージ強すぎでしばらく馴染めませんでした。

ってことで感想ですが、死にまくり。登場人物がみんな潔いなぁ。死にまくりなので見た後の爽快感は全く無し。でもEP7よりはおもしろかったかな。EP7はちょっとストーリーがめちゃめちゃすぎで(太陽からエネルギーをもらう設定があり得ない)。あれはあれでおもしろかったけど。

いわゆるハッピーエンドとは言い切れないわけですが、EP7も最終盤にハン・ソロが死んじゃって(生きてたりして)それを引きずったまま終わっちゃう感じなのでハリウッド作品でこういう結末が許されるのはSTARWARSシリーズだからかもしれない。

あ、そうそう、映画って24コマ(ディスプレイ的には24fps)が基本なんだけど、やっぱもうちょっとどうにかして欲しい。横スクロールするような場面だとめっちゃ見にくい。最近は48fps撮影とかいろいろ増えてはいるようだけど、デジタル時代の今日この頃、60fpsを基本にできないものか。

シン・ゴジラ

2016年9月20日火曜日

昼間にすることがないのでちょっとぶらぶらしようかなと思ったんですが、台風が近づいてて雨が酷かったのでシン・ゴジラを見ることにしました。

会社の福利厚生で割引になって1300円。

TOHOシネマズシャンテ

TOHOシネマズシャンテ

ってことで、おもしろかったですが、絶賛するほどでも無いかなと。

先週今週と土日東京へ出かけるので休養日ってことで今日は有休もらってたんだけど、昨日の夜にネットで検索してみたら岸和田のシネコンのIMAX3Dがまだ空席あるじゃないですか。しかもわりと真ん中のいい感じの席が空いてた。ってことで、サクッと購入。3Dなので特別価格で2300円。

ちなみにIMAX3Dがあるのが大阪では昔アバターを見に行った箕面とこないだできたばっかりのエキスポシティとここ岸和田だけ。電車賃が難波から往復980円で岸和田駅から結構歩かんといかんけど、それでも他の2箇所よりはましなロケーションだったりして。大阪市内にできないもんかね。3DはIMAX3D以外にもあってそれらは大阪市内にもありますが、そのクオリティーがどんなもんなのかはよく知らないんだけども。体感型の4Dってのもありますがそっちは興味なし。

STARWARSは中学生の頃にロードショーで見ましてハマりました。公開当時にコーラの王冠の裏のゴムをめくるとSTARWARSの写真が印刷されてあるってのを集めまくって50個コンプリートしてコレクション用のプラスチックのペラペラの専用ケースにきれいにはめ込んで大事にしまってあったのにいつの間にか親に捨てられてたり。

EP6(1983年)は初上映のオールナイトを見に行ったのは憶えてます。

ちなみにEP1はチャイニーズシアターで見ました。これはたまたま公開時期にアメリカに旅行に行ってただけなんやけど。って日記残ってるがな。(1999年5月29日)

ってことで行ってきました。

ユナイテッド・シネマ岸和田

ユナイテッド・シネマ岸和田


映画が始まる前のしばらくは今後公開予定の映画の予告編が流れる訳ですが、これも3Dで、世界貿易センタービルを綱渡りでわたる映画The Walkの予告編がめちゃ怖い。勘弁して欲しい。

で、STARWARSですが、何書いてもネタバレになるのでちょっとだけ。

・乱暴な表現だけど初期3部作を1本にまとめて主人公を女性に変えて暗い映画に作り直したようなストーリー。
・なので、2時間16分にしては話を盛り込みすぎかな。おもしろかったけど。
・暗いということからもわかるように笑いは少ない。
・主人公の女性がとても魅力的。かわいいし。
・大画面で見たのはアバター以来だけど、映像はもうあり得ないくらい凄いね。
・次作がどうなるのかはかなり楽しみです。

一つ書きたいんだけど、これ書いちゃうとわかっちゃうからなぁ。ってことで我慢します。

映像に集中したいんでもう1回吹き替えで見たいな。