Archive for the ‘美術鑑賞’ Category

今日はまずカルティエ現代美術財団にて行われているビートたけし展へ。大して興味なかったんだけど、せっかくやってるのでいちおうね。

まずはマドレーヌ教会へ。

マドレーヌ教会

マドレーヌ教会


二組ほどの日本人に頼まれて写真を撮ってあげた。ちょうどこの辺りを歩いているときにJALから電話がありまして帰りの成田発関空行きに変更できました。出発時点では羽田でののりつぎだったんですわ。

で、カルティエ現代美術財団に行ったんだが、11時オープンってことで時間を潰すハメに。その辺ぐるっと巡ったり、モンパルナス墓地をちょっと覗いたりしてから現地へ。

ビートたけし展

ビートたけし展

ミュージアムパスは使えませんでした。7.5ユーロ。

1階にふざけたオブジェ、地下に絵が飾ってあって、地下では「お笑いウルトラクイズ」をビデオで流していた。

で、撮影不可だったが外からちょろっと。

ビートたけし展の外観

ビートたけし展の外観

なんか子供の頃に見た小学×年生に載っていたような感じ。ビートたけしって絵を描く人だとは思わんかったな。ま、映画監督だとコンテとかも書くのか。

ってことで30分ほどで退散。

次はオランジュリーへ。前回も来たけどミュージアムパス使えるので入っとこうと。

オランジュリーの睡蓮の部屋

オランジュリーの睡蓮の部屋


睡蓮の部屋は2つあります。前回より人多かったな。

ってことで、夜間開館のルーブルへ。

ルーブル美術館

ルーブル美術館

フェルメール独り占め

フェルメール「レースを編む女」

フェルメール「レースを編む女」


ま、去年(2009)日本に来てますが。

前回はイタリア絵画エリアはモナリザ含めて全面写真撮影禁止でしたが、今回全面撮影可になっていました。が、モナリザ前ではフラッシュ使われまくるからかやたら遠くから見ることに。

モナリザ前

モナリザ前


前回は前の手すりの所までは行けたんだけど。

ってことで、前回の時よりは多少知識も増えてたので楽しめました。前回ほど時間を確保してないので隅々は廻らなかったけど。

続く。

ポワシーから戻ってモンマルトルへ。ここも前回行ってなかった場所だ。

Lamarck-Caulaincourt駅で降りる。

ユトリロで有名なラパン・アジル。

ラパン・アジル

ラパン・アジル

チェックしてなかったダリのギャラリーに入ってみた。ここはミュージアムパス使えません。

エスパス・ダリ

エスパス・ダリ

中はダリの作品がいっぱい。期待以上で素晴らしい。

エスパス・ダリ内部

エスパス・ダリ内部


写真撮影可能でした。フラッシュは当然禁止。

ルノワールの絵で有名なMoulin de la Galette。今はレストランです。

Moulin de la Galette

Moulin de la Galette

有名なテルトル広場。凄い人出。広場という感じがしません。

テルトル広場

テルトル広場

アールヌーボーのデザインが残ってるアベス駅入り口。

アベス駅入り口

アベス駅入り口

サクレクール寺院とかも当然行ってますが面倒なので省略。

続く。

ってことでJCBプラザに寄った後はすぐにヴェルサイユへ向かいました。

近くの地下鉄の駅の窓口で往復分の乗車券(片道3ユーロちょっと)を買い、RERのオルセー美術館付近のルートが工事で運行休止中ってことで、始発駅状態になっているアンヴァリッド駅までは地下鉄で行ってヴェルサイユ・リブ・ゴーシュ行きに乗りました。

こんな列車です。全部2階建車両。

Invalides駅のRER

Invalides駅のRER

電車はこういうルートでベルサイユへ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヴェルサイユへの鉄道ルートマップ
(パリ市街の地下部分は当然電波受けられないので直線になってます)

ってことで11時半頃に到着。

今日はこんな感じで歩きました。めちゃめちゃ歩きました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヴェルサイユ宮殿徘徊ルートマップ

ってことでヴェルサイユ宮殿です。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

閉まっている美術館が多い火曜日だからかすっごい人出でした。平日とか関係ないというか、ヨーロッパはバカンス期間中でみんな休みなんだそうだ。

チケットを買うための長蛇の行列。どんだけ並んでたんだろう。

ヴェルサイユ宮殿のチケット買う人の大行列。

ヴェルサイユ宮殿のチケット買う人の大行列。


ミュージアムパスが使えるのでこの行列には並ばずに済みましたが、入場のために15分近く並びました。

最初の建物に入るとオーディオガイドがタダで借りれます。ミュージアムパスの人もOK。

有名な鏡の間。鏡は当時めっちゃ高価だったそうで。

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

写真撮りまくってますが、これは見て欲しいってのもそんなになかったんで載せるのはとりあえず鏡の間だけで。

2時間ほどで内部の見学は終了。金かかってるなぁ。って感じはしましたが、あまり感動はしませんでした。でも、これだけのものを作り上げた時間と労力には恐れ入るって感じ。現代じゃもう絶対無理ですな。

以下続く。

ボストン美術館展

2010年7月31日土曜日

今日は京都市美術館へボストン美術館展を見に行ってきました。

京都市美術館 ボストン美術館展

京都市美術館 ボストン美術館展

遅めに行ったんで並ばずに入れましたが、やっぱ人は多かったな。

こないだ見に行ったオルセー美術館展のような超有名作品だらけってことはないんだけど、超有名画家の絵ばっかりってのは同じ。

ってことで、暑いのでそのままサクッと帰還。

東京へ美術展巡り

2010年7月24日土曜日

今日は東京へ美術館巡り。12:30伊丹発羽田行きのJALで。

まずは三菱一号館で開催中というか明日で終了予定のマネ展へ。

三菱一号館

三菱一号館

マネ とモダン・パリ

マネ とモダン・パリ

明日までってことで長時間待ちを覚悟していたんだけど30分弱で入場。マネ大量で満足。

次は国立新美術館で開催中のオルセー美術館展「ポスト印象派」へ。現在オルセー美術館が工事中ってことで超有名作品が大量に来日。ま、3年前に現地で見た作品が多いんだけど。行ったこと無い人は必見って感じですな。

待ち時間は0だったんだけど、中は人多すぎ。人が三重になってるところも普通で。

ゴッホの「星降る夜」の前でぼそっと「ウォンチュッ」と言ってしまいたくなりましたが自重。タイトルは「星降る夜」ではなくて「星降る街角」ですが、歌は星の降る夜はで始まるので。

で、今回の上京はこの2つの展覧会見れればOKって感じだったんだけど、やたらあっさりと予定完了したんで他に何かやってないかなってことで渋谷のBunkamuraの「ブリューゲル版画の世界」を見に行ってきました。バベルの塔で有名な画家ですが、寓話を元にした奇っ怪な作品が多くめっちゃおもしろかったです。16世紀とは思えないですな。ってことで、図録買いました。

この人に影響を与えたヒエロニムス・ボスの作品と共に版画じゃない絵画の方も是非見てみたいな。どこで見れるんだっけ。

今日で見きれなかった場合はカプセルにでも泊まろうかなと思っていたんだけど、今日の夜の飲む相手も見つからんかったってことで日帰りにしてしまいました。夜9時台には家にいたりして。

今日も奈良へ行ってきました。

興福寺は通過しただけだけど、藤原家ゆかりの寺ってことで当然ここにも藤棚がありまして、ほぼ見頃でした。

興福寺南円堂前の藤

興福寺南円堂前の藤

国宝館は20分待ち。リニューアル大成功のようですな。

興福寺国宝館の入場行列

興福寺国宝館の入場行列

今回のメインの大遣唐使展。国宝だらけですが、ちょっと地味なものが多いかな。よく見ると凄いってのも多いんだけど。

奈良国立博物館大遣唐使展

奈良国立博物館大遣唐使展

次は春日大社宝物殿。一括で国宝に指定されてる物があるためここも国宝だらけ。

春日大社宝物殿

春日大社宝物殿

 もう四十九日も済んだしまあええかってことで中まで。ここの藤はまだ見頃にはなってませんでした。

春日大社中門

春日大社中門

ちょうどバスが来ていたのでバスに乗り平城宮跡へ。着いたのは最寄りのバス停ではなくて1本南の通りだったんだけどね。

平城京朱雀門

平城京朱雀門

5時の終了時間間際だったので大極殿は空いていました。

平城宮大極殿

平城宮大極殿

 しかし、広すぎる。でも空が広くてとても気持ちいい。

平城宮大極殿から朱雀門を臨む

平城宮大極殿から朱雀門を臨む

5時10分からの朱雀門の閉門セレモニーを見学。で、整理券をもらっていたんで 歴史館に入ってみたが、マニアには受けませんな。

平城京歴史館

平城京歴史館

ってことで、無料シャトルバスの時間は終わってしまっていたので徒歩で西大寺駅へ。途中の中華屋で晩飯。いまいちだった。

美術館巡り

2010年4月20日火曜日

今日は有休を取って美術館巡り。 

朝はいつものまぐろ食堂で復活したオムライスを初めていただく。
元々はオムライスの店だったそうで。おいしかったです。 

ってことでまずは国立国際美術館へ。 

ルノワール展です。

ルノワール-伝統と革新

ルノワール-伝統と革新@国立国際美術館

展示物はほぼ全部ルノワール。大好きってほどでもないんだけど見応えは十分ある良い展覧会でした。 

次は行ったこと無かった藤田美術館へ。国宝の曜変天目茶碗がメイン。 

京阪中之島線に乗り天満橋で降りて造幣局の桜の通り抜けを通って行くことにした。

造幣局桜の通り抜け 小手毬

造幣局桜の通り抜け 小手毬

この小手毬とこないだ撮った大手毬は他ではほとんど見られない珍しい種類なんだそうな。 

ってことで藤田美術館。

教科書に載る名品

教科書に載る名品

古い蔵を利用した小さな美術館なのだけど、国宝を9件所有するというレベルがめっちゃ高い美術館です。 

藤田美術館

藤田美術館

建物自体はめっちゃぼろいけど、大丈夫なんかいや。 

で、お隣にある太閤園(元は同じ藤田)の喫茶室のセットメニューの割引券をくれたので使わせてもらうことにした。それがこれ。

太閤園の喫茶室でのセット

太閤園の喫茶室でのセット

割引券に載ってた写真もこれだったんやけど、 どっちか選ぶんやと思ってたら両方来た。おいしかったです。 コーヒーもちょっとぬるかったけど味香りは文句なし。ちなみに1400円が1000円でした。こういう所でいただくものとしては1000円だと安い。

ってことで時間をちょっと潰した後は京橋まで歩いて京都国立博物館の長谷川等伯展へ。

4時半頃に行ったら待ち時間0でした。

長谷川等伯展

長谷川等伯展@京都国立博物館

 これだけまとめて見れる機会もそうそう無いってことで。図録買いました。2500円は安いわ。