Archive for the ‘海外旅行’ Category

スペイン旅行記はとりあえず完了です。写真撮影可だった美術館の絵の写真はちょっと追加するかもしれないけど。(ちょっと追加したのでもう追加しないと思います)

GPSの軌跡は以下にまとめてます。
http://bon3.com/blog/GPS/

CX506便と機内食

2016年7月22日金曜日

最後はCX506便。サクッと搭乗。

で、食事。洋食にしたのですが、これが超高カロリーって感じで。サラダまで高カロリーなんだもんな。

CX506便の食事

CX506便の食事


さすがに全部食えないと判断し、1/3ほど食って残しました。機内食を初めて残しました・・・

ってことで何事もなく帰国。イミグレでは自動化ゲートを使いまして全く並ばず。

席は比較的後ろの方だったんで多少時間掛かったんですが、バゲッジ受け取りの所に着いたら既に荷物が廻っていました。これも上級会員のなせる業ですな。

最後の税関では久々に荷物の中身見られました。何もないっての。ちなみにネスプレッソはこの程度の量なら全く問題無いです。昔だと生ハムとか持って帰りたくなっただろうけど、今は日本でも普通に食えるしねぇ。高いけど。

ってことで、この時点で15:32。バルセロナのホテルを出発してから27時間ほど経ってました。

今回旅行するにあたってセキュリティーの面で対策をしたのがスマホにネックストラップを付けて行動したこと。気を抜いても盗られる心配なくてとても良かったです。見てくれ悪いけど気にしてられません。

後は夏場でポケットが少なかったので両胸にポケットのあるシャツを着ていったことかな。セキュリティってことでも無くて便利だったってだけだけど。

さて、これで旅日記モードも終了。GPSの軌跡のまとめをせんといかんのがめんどくさいな。

事後報告ですが、体重量ったら2kgほど増えていましたが、何もしてないのに2日で旅行前の体重に戻りました。どういうこっちゃ。

香港到着時点ではゲートが決まっていなかったのでラウンジは往路では入れなかったThe Bridgeにしました。

左右対象で二つのラウンジがくっついてる感じになっているのであまり広さは感じません。豪華さは往路で使ったThe Pierの方が上ですな。こっちは料理も自分で取るタイプだったし。

The Bridge内部

The Bridge内部

で、まずシャワーを借りました。あまり待たずに借りれました。

The Bridgeのシャワー室

The Bridgeのシャワー室

で、左の端っこでカプチーノを頼みました。バリスタがいてちゃんと入れてくれます。で、反対側の端っこの方は全自動マシン。左右対称なんだけど微妙に違いますな。

で、また飯。説明省略。

ラウンジ飯

ラウンジ飯


シュウマイがめちゃうまかったです。食い過ぎてるので我慢しようかと思ったのですが、この後またシュウマイをちょっと食べてしまいました。

CX320便の朝食

2016年7月22日金曜日

朝食は往路と似たような感じだったのでお粥にしました。

CX320便の朝食

CX320便の朝食


シーフードと言いながらむきエビが2つ入ってるだけでいまいち。他には椎茸だけで、味付けは塩味ですがショウガが入ってました。

他にはカットフルーツにイチゴ味ヨーグルトとパン。

ちょうど日の出が見えました。

CX320便から見た日の出

CX320便から見た日の出

CX320便と機内食

2016年7月21日木曜日

で、離陸後1時間ほどでメインの食事。チキンにしました。

CX320便の食事

CX320便の食事


メニューにはKung Po Chickenと書いてありましたが。中華風ではありましたが関空発の便のチキンとはだいぶ違いました。横はジャスミンライスとブロッコリ。あとはパンと海老が載ったコーン。コーンは味がなかったです。アイスクリームはハーゲンダッツのクッキー&クリームでした。

隣にはかなりマナーの悪い中国人っぽい30くらいの男性が座っていて、元々隣の席が空いていたから替えてもらったっぽくて、足下の広い席に替えてもらってご満悦っぽかったですが、食事の後リクライニングを倒そうとしたらなんかうまくいかないようでCA呼んでもダメで結局元の席に戻っていきました。壊れていたようで。

映画はジュラシックワールドを見て、この日記を書いて就寝。いつものように寝る体勢が決まりませんで全然ちゃんと寝れませんでしたが、気がつくと着陸前の食事時間になっていまして時間的には結構寝れたのかな。

マドリード=バラハス空港にて

2016年7月21日木曜日

空港行きがさらにちんたら走っててチェックインできたのが10時半頃。キャセイのチェックインカウンターはカウンターのあるエリアに辿り着いたところからすぐ右(あれ?左だっけ?とにかくチェックインエリアに着いたところからはすぐ近く)にありました。人に聞こうと思う前に見つかって良かった。このブログ読んでる人でもし同じ便を使う人がいたらこの930とかの番号を参考に。

キャセイのチェックインカウンター

キャセイのチェックインカウンター


ここでキャリーバッグを預けました。そのまま関空まで運んでくれます。
バラハス空港

バラハス空港


で、店をちょっと眺めて大したものないなぁと言うことで出国というかまずはセキュリティゲート通過。セキュリティゲートって並ぶことが多いんだけどここでもほぼ並ばずに通過。これは良かったです。普通セキュリティゲートのすぐ後に出国手続きなのですが、ない。アメリカみたいに出国時は何もしないのかと思いました。

で、キャセイのターミナルはサテライトなのでシャトルに乗ってサテライトに到着。で、そこに出国手続き場がありました。そりゃそうだわな。で、ここは人手が足りないのか渋滞で20分近く掛かりまして、結局チェックインからラウンジに着くまでに50分くらい掛かったことになって全然余裕なんて無かったことが判明。ま、カウンターでチェックインさえできてれば何とでもなるわけですけど。ラウンジには20分ちょっとしか居れませんでした。

ってことで、ラウンジはワンワールドのイベリア航空のラウンジを使うようになっています。本拠地なので立派なラウンジ。

イベリア航空のラウンジ内部

イベリア航空のラウンジ内部


最初、中は立派だけどラウンジではサンドイッチくらいしか無いのかと思ってこんな感じで食いました。
イベリア航空ラウンジでの食事その1

イベリア航空ラウンジでの食事その1


サンドイッチ何種類かとハーゲンダッツのストロベリーチーズケーキとオレンジジュースとトマトジュースとカマンベールチーズとカットフルーツ。

で、ちょっと内部を探検しようと端に行ったら食いもんがあるじゃないですか。ってことでまたいろいろ食ってしまったのでした。

ベリア航空ラウンジでの食事その2

ベリア航空ラウンジでの食事その2


トルティーヤ(スパニッシュオムレツ)スモークサーモン、マカロニサラダ、なんかのご飯、ハム、マッシュルームとドライトマトのオリーブオイル炒めっぽいやつとアクエリアスにヨーグルト。また食いすぎです。

ゲートに来とけと言われた時間にラウンジを出てゲートに着いたら既に搭乗が始まっていて、優先搭乗なので並ばずに搭乗。今日もずっと足下の広い席となっております。

ゲートは順調にクローズしたんだけど、さて離陸かと言ったところで風向きが変わったとか何とかで飛ぶ方向が変わったりしてかなり待たされました。機長の英語がかなり早口で全然わかりませんでしたが、交渉がどうとか、この飛行機は非常にパワフルなエンジンを積んでるので問題無いとか何とか言ってましたがよくわからず。

結局離陸までだいぶ待たされました。

離陸後の旋回でかなり機体が傾いたんで傾く側の窓際に座ってた私はょっと怖かったです。

マドリードへ

2016年7月21日木曜日

3時半頃あっさり起床。ギリギリまで寝てると日本に帰ったときの時差ボケが酷くなるのでこれくらいがちょうどいい。

日記書いたりシャワー浴びたりして、5時半頃チェックアウト。昨日の朝食代ですが、16ユーロほど取られました。高いね。

フロントのお兄さんが「タクシー呼ぶ?」と言ったので、「いや、歩いて近くの駅まで行くけど、危ない?」と言ったら「全然」と言うのでちょっと安心。今回の一番の懸念だったのが早朝移動時のホテルから駅までの治安だったので。

ってことで何事もなくホスピタルクリニック駅着。これまた何事もなくサンツ駅着。

駅のコンビニが空いていて土産もんとかも売っていたので追加でちょっと購入。

で、予約してあったAVEに乗るのですが、ここでもセキュリティチェックを受けます(写真中央)。

バルセロナ・サンツ駅

バルセロナ・サンツ駅


マドリードの時とは違って荷物のX線チェックだけでなく手持ちの金属探知機を持った人がチェックしていました。

中は飛行機の搭乗ゲートみたいになっていて、しばらく待つと入場が始まりサクッと乗車。ゲートでチケットを見せるとバーコードリーダで確認されます。

やっぱり結構混んでいて、、隣が若い女性でした。その女性はサラゴサで降りて、また別の女性が。

今回、ようやく手が空いたというか、ブログにアップする写真の整理をする根性がないので(バルセロナの2日間で2500枚ほど撮った)今回初めてのカブトムシを折りました。2個折りました。AVEに乗ってる間は反応が薄かったので誰にもあげず。

で、マドリード・アトーチャ駅着。非常にスムーズだったのに結局3分遅れ。ま、こんなもんなんでしょうな。

AVEはアトーチャ駅のホームの南の端っこに止まって、結構歩かされるんやと思ったら、列車を降りてすぐのエスカレータを上がったら空港第4ターミナル行きのホームへの乗り換え口がありました。で、係員のおばちゃんに空港行きだよねと聞いたら、「あんたバルセロナから来たのよね?じゃぁチケットを見せなさい」と言われました。なんとAVEに乗ってきたら空港にはただで行けるそうな。QRコード部分を券売機の窓にかざすとチケットが出てきました。2.6ユーロですが、最後に思わぬラッキー。ってことは行きのホテルからアトーチャ駅のrenfeもタダで行けたのかな。

で、すぐに列車が来たけど多分違うなと思っていたらそばにいたジョン・ベルーシみたいな兄ちゃんがこれは空港には行かないねと言ってくれたり。

で、空港行きが9時44分発と言うことで待っていたのですが来ない。GoogleMapで調べたら次は10時15分とな。同じく空港に行くカップルにもしかしたらそうかもと言ったりして、ベンチで待とうとしたらさっきのカップルの男性の方に声かけられました。空港行きが来たよと。単に遅れてただけでした。

ってことで、親切2連チャンでいい感じ。

スペイン滞在5日目の晩飯

2016年7月20日水曜日

サン・ジョゼップ市場です。行ったのが遅かったので閉まってる店が多くて残念。ま、14年前にも来ていますが。

サン・ジョゼップ市場

サン・ジョゼップ市場


店探すの面倒なので適当に座っちゃいました。
海老とキノコのアヒージョ

海老とキノコのアヒージョ


晩飯は海老とキノコのアヒージョですかね。おいしかったです。あとはパンと水。ほんとは名物のネギを食おうかなと思ってたんやけど、店探す根性無く諦めました。調べてみたら冬にしか食えないらしく、探す必要なかったです。

これだけではナニなのでカットフルーツやジュース(2種類)をいただきました。カットフルーツは1.5~2.5ユーロ、ジュースも1~2ユーロくらいで飲めます。私は全部安いのばっかりでしたが。

カットフルーツ

カットフルーツ

キーウィ&ココナッツジュース

キーウィ&ココナッツジュース


グアバジュース

グアバジュース


ということで、全ての予定終了。後は明日の朝帰るだけです。

土産もん探しへ

2016年7月20日水曜日

時間的にはもう1箇所くらいは行けましたが、これで観光は終了して土産探しの旅に出ることに。

途中、Udonと言う店を発見。ちょっと前に商標の関係で日本人がスペインでうどん屋を出そうとしてもうどんと言う名前を使えないと嘆いてたその商標を登録してしまっている店の支店の一つだと思います。

Udon

Udon


メニューを見ると鶏南蛮うどんと鍋焼きうどんがメニューにあるくらいですが、まともなうどんとは思えないですな。
Udonのメニュー

Udonのメニュー


スペインとは全然関係ないですが、鴨南蛮の南蛮というのは間違いで、「なんば」が正しいです。大阪の難波辺りで栽培されていた「なんばねぎ」のことです。これは京都の九条ネギの原種とされています。憶えておきましょう。

まず、大きめのカルフールをネットで調べてあったので行ってみました。

カルフール

カルフール


味の素って海外じゃインスタントラーメンなんて売ってるのですな。
親方ラーメン

親方ラーメン


で、土産にしたくなりそうなのが一つも無い。どうしようか。ネットでいろいろ調べたりして1時間ほどいましたが何も買えず。

仕方ないので有名なサン・ジョゼップ市場に行きました。晩飯でも食おうかなと言うことで。これは別エントリで。

飯食った後はネスプレッソの店に行きました。ネスプレッソのカプセルの形をしたガウディのモザイク風のオブジェがちょっとおもしろい。

ネスプレッソのカプセルの形をしたガウディのモザイク風のオブジェ

ネスプレッソのカプセルの形をしたガウディのモザイク風のオブジェ


12本(120個)購入。これは土産と言うよりも普段の生活用です。日本のほぼ半額です。日本だと1個81円のアルペジオが42円くらいでした。コーヒー豆は焙煎済だと関税が20%ほど掛かるのが大きいようですが、それでも2倍は高いよね。

で、土産もん探しを再開。次に行ったスーパーが全くと言って良いほど土産になりそうなものが何もなく、すぐに退散。毎日香の線香を売ってたのが印象的だったくらいで。

次にまた別のスーパーに行きました。どれも結構離れてるので地下鉄やバスとか使って移動してるんで既に8時を回っています。

Mercadona

Mercadona


何もなかったらチュッパチャプス(品名のロゴがダリのデザインで有名なスペインの飴です)にでもしようかと思ってたのですが、チュッパチャプスすら無い。と思ったら地下に売っていました。土産に使えそうなお菓子が何とか見つかりどっさり買いました。結局チュッパチャプスも買いましたけど。会社の人に配るので個別包装になってるのを探すのが大変です。ま、駅や空港で探せばそれなりに見つかるんだろうけども。

ホテルに戻るのにサグラダ・ファミリア駅を使ったのでまたちょっと写真を撮りました。閉門後なので人影はだいぶ減ってます。

サグラダ・ファミリア 受難の門

サグラダ・ファミリア 受難の門


夜9時ですが、まだ空は全然明るいので夜のサグラダ・ファミリアを見ることはかなわず。ま、ええか。でも次来たときは後方にでかい塔ができているので絵面がだいぶ違ってるんだろうな。

最後にホテル近くのスーパー(個人のミニコンビニみたいなとこ)で水とかを買ってホテルに戻りました。実は朝にもこの店使ってて、何時までやってるか聞いていたので、夜に訪問したときに店のおばちゃんと目が合って二人ともニヤリとしました。

今日はなんと1500枚以上写真を撮っていました。1日で電池3つ使ったのは初めてかな。

↓下の地図リンクは土産を買ったスーパーの場所です。サグラダ・ファミリアの近く。

カサ・バトリョ

2016年7月20日水曜日

次はバスに乗ってから地下鉄に乗り継ぎカサバトリョへ。昨日の夜に並ばずに済むチケットをネットで予約していました。入場料22.5ユーロで並ばずに済む料金がさらに5ユーロ。ここも高いねぇ。

カサ・バトリョ

カサ・バトリョ


チケットには15:30~16:00ってなってるのでその間だとほぼ並ばずに済むというといことのようです。購入時にダウンロードするか、メールで送られてくるPDFをスマホで提示するだけで入場できます。

ここは民間経営だそうで、維持保存に使わんといかんと言うことでチケットがかなりの高額設定らしいのですが、すっごい人気なのでかなり儲かってるっぽい。

ここも14年前に来ていますが、当時は通常公開してなくて特別公開で見た気がする。当時は屋上とかは上れなかった気がするなぁ。当時は内部撮影不可だったようで、内部写真が残ってなかった。

オーディオガイドは日本語対応ですが、AR機能付きの小さめのタブレットを渡されます。AR機能は大して使いませんでしたが。

こういう場所が

カサ・バトリョ内部

カサ・バトリョ内部


こんな感じでアニメで演出。
AR画面

AR画面


ってことで中をうろうろ。
カサ・バトリョ内部

カサ・バトリョ内部


カサ・バトリョ内部

カサ・バトリョ内部


カサ・バトリョ屋上

カサ・バトリョ屋上


屋根裏部屋ではプロジェクションマッピングを模型で再現したりしていました。

と言うことで1時間10分ほどいました。

次はトレ・ベジェスグアルドへ行こうとしましたら、乗り継ぎ先で切符が改札を通らない。胸ポケットに入れてたんやけど、サグラダ・ファミリアの改札の手前で切符が折れちゃってるなと思っていたのですが、サグラダ・ファミリア駅では通れたんだけど、その後全く通れず。仕方なしに切符買いました。結局その後も通らずに再発行してもらえそうな感じじゃなかったので諦めて1日券を買い直しました。トホホ。

Av. Tibidabo駅から徒歩で向かいまして13時38分現地着。ここもガウディが手がけた建物です。

トレ・ベジェスグアルド入口

トレ・ベジェスグアルド入口


トレ・ベジェスグアルド

トレ・ベジェスグアルド


ここは14年前にバルセロナに来たときにも来ていますが、当時も特別公開で敷地には入れたのですが、人が住んでいて当時は中は非公開だったので中までは見れませんでしたが、2013年秋から内部も公開するようになったそうで、これは見とかねばってことで事前予約(と言っても日だけ指定)していました。開館は10~15時です。

受付で事前に予約していたチケットを渡すと、やる気のなさそうなおじさんがごそごそとバーコードリーダを引き出しから取りだしてPCに取り付けました。予約の客ほとんどいないのだろうか。

13時40分頃に着いたのですが、「案内は2時10分頃にするからそれまで建物の周囲でオーディオガイドでも聞いといてね。」と言われました。

オーディオガイドは日本語ありです。周囲にもオーディオガイドの番号看板があっちこっちにあるので、時間は十分つぶせまして、2時5分頃に係員さんに案内されて中に入りました。

トレ・ベジェスグアルド玄関ホール

トレ・ベジェスグアルド玄関ホール


ここまで客は私だけ。つまり完全プライベートの案内。入口だけかと思ったら、屋根裏部屋と屋上と地下は案内されました。ってことで居住スペースまでは見せてもらえませんでした。
トレ・ベジェスグアルド屋根裏部屋

トレ・ベジェスグアルド屋根裏部屋


トレは塔、ベジェスグアルドってのは良い景色という意味だそうですが、高くて怖くて全く余裕無し。

下に降りてきたら夫婦っぽい人がいたんで再度同じ人が案内していました。しかし、こういうのじゃ経営厳しいかもなぁ。カサミラやカサバトリョとは違って知名度無い上に場所が悪いからねぇ。

オーディオガイドは20数件ですが、わりと話が長いです。でも14時30分頃に退散。

サグラダ・ファミリア

2016年7月20日水曜日

ってことで8時40分頃に出発しサグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)へ。塔に上るチケットは29ユーロです。高いねぇ。塔に上れないオーディアガイドもないチケットだと15ユーロです。

予約の9時半までには時間があったので、周辺で撮影して過ごしました。

逆さサグラダ・ファミリアもきれいに撮れました。撮りたい人は午後には逆光になるので午前中に来ましょう。超広角カメラが必要ですけど。中央には高い塔が建つので今後は見てくれがだいぶ違ってきますな。

逆さサグラダ・ファミリア

逆さサグラダ・ファミリア


9時半に入場。ここは入口が外なので検査機を設置する場所がないようで、人が鞄の中をチェックするだけでした。

チケットはオーディオガイド込みだったので日本語のガイドを借りました。項目7つだけですが、サブの項目のあるのもあるので合計10個は超えます。

ガイドの番号2番の場所には完成予想模型が置かれています。

サグラダ・ファミリア完成予想模型

サグラダ・ファミリア完成予想模型


ってことで、写真撮りまくり。
サグラダ・ファミリア 生誕の門

サグラダ・ファミリア 生誕の門


サグラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリア

最近完成した生誕の門の門扉は日本人の外尾さんの作品ですが、人気あるようで良かったですな。

生誕の門の門扉

生誕の門の門扉


14年前には作りかけだった聖堂内部はこんな感じです。
サグラダ・ファミリア内部

サグラダ・ファミリア内部


サグラダ・ファミリア内部

サグラダ・ファミリア内部


サグラダ・ファミリア内部

サグラダ・ファミリア内部


聖堂部分が2010年に完成して11月にローマ法王がやってきてミサが行われ(落慶法要みたいな感じですね)この時点で教会としては2010年で一応完成していることになります。

主祭壇の前は工事をしていました。何やってるんだろう。

仮祭壇

仮祭壇


主祭壇の背後の周辺は地下礼拝堂を覗けるようになっています。奥の赤いロウソクのあるところがガウディのお墓と思われます。地下の資料館にはお墓を真上から覗けるようになる場所も用意されてます。
サグラダ・ファミリア地下礼拝堂

サグラダ・ファミリア地下礼拝堂


ミサをやっていましたが、入れたのかもしれないんだけど、10時に生誕の門のエレベータの予約をしてあったので確認できず。地下礼拝堂は見たかったんだけど、上から覗くこともできたし、資料館でガウディの墓を拝めたしこれで十分かなと思ったのでした。

エレベータは予約の客がちょっといたので多少待ちました。狭いからか荷物はコインリターン式ロッカーに入れさせられます。

エレベータは生誕の門と受難の門両方にありますが、片方しか上れません。14年前に来たときはエレベータを使わずに歩いて上れたのですが、それもできません。
生誕の門側のエレベータの近くに有名な彫刻があります。悪魔に爆弾を手渡されてる男の彫刻。

悪魔に爆弾を手渡されてる男の彫刻

悪魔に爆弾を手渡されてる男の彫刻


で、塔に上りました。50mくらいの所まで上れます。高いところが得意ではないので周りの景色を楽しむ余裕はありません。
塔の通行ルート

塔の通行ルート


後ろから人が詰めてくると押し出される感じになるのでそんなにじっくりしてられませんで、さくさく下に降りてきてしまいました。20分くらいか。
塔の上からの景色

塔の上からの景色


降りてきたら地下礼拝堂のミサは終わってました。

後はあっちこっちに写真に撮りまくったりして過ごし、最後に地下の資料室を見学。

サグラダ・ファミリア地下資料室

サグラダ・ファミリア地下資料室


ガウディの墓も拝みました。
ガウディの墓

ガウディの墓


ショップ(入ると戻れません)で頼まれていた土産を買って外に出ました。ショップもJCB使えました。

結局3時間20分くらいいたでしょうか。次があったので出ましたけど、もっといれたかも。

写真は800枚以上撮りました・・・

ホテルで朝食

2016年7月20日水曜日

今日も4時半頃に目覚めました。

だらだら日記とか書いて、シャワーを浴びてから朝食。

朝食無しのプランだったので料金発生ですが、1回くらいはちゃんとしたのを食っとこうかなと。16ユーロ位したんだけどね。

チェーンのホテルだけあってビュッフェ式でかなり豪華です。

ビュッフェ式の朝食

ビュッフェ式の朝食

安くなさそうだったのでがっつりいろいろ食べました。トルティーヤ、チーズ、パン、生ハム、ソーセージ、ケーキ、フルーツいろいろ(ガラスのカップに入ってるのもフルーツ)、ヨーグルトなど。

ホテルでの朝食その1

ホテルでの朝食その1


ホテルでの朝食その2

ホテルでの朝食その2

とても良かったです。ジュースもいろいろあったし。チーズやハム類も種類が多いし。

コーヒーマシンは全自動のエスプレッソマシンでしたが、これくらいの味がコンスタントに飲めるなら使いたいな。

バルセロナへ。

2016年7月20日水曜日

日記のメモ書きは続けていますが、バルセロナに早朝移動したこともあって、日記をアップしていいる時間がなかなか取れませんで最終日も早朝移動でそのまま帰国なのでちゃんとアップできるのは帰国後となりそうです。

ホテルにチェックイン

2016年7月19日火曜日

バスでホテルに戻りましたが。バスがなかなか来なかった。

これは昼間に着いたときに撮ってます。Eixampleはこの辺りの地名でアシャンプルと読みます。

Hotel NH Eixample

Hotel NH Eixample

ということでチェックイン。

最初に来たときにパスポート見せていろいろ書いておいてたので部屋のカードキーとかも準備済でした。

ホテルはちゃんとしたホテルチェーンなのですが、こういうホテルに泊まるのも久々だなぁ。

部屋はちゃんとしています。冷蔵庫もありますが、有料の飲み物とかが詰まっているのであまり入らないかも。

ホテルの部屋

ホテルの部屋


部屋の電気はカードキーを差す場所からカードキーを抜くと電気が全部切れちゃうので出かけてる間に充電とかはできません。

ホテルには無料WiFiがありますが、ログインの仕方がちょっとわかりにくいのでここに書いときます。

WiFiの設定で見つかったSSIDに接続→ブラウザ起動で適当なサイトにアクセス→接続用のページが強制表示される→エンハンスwifiを選択→Voucherを選択→もらったユーザ名とパスワードを入力

でOK。

ってことで23時過ぎに就寝。