Archive for the ‘スポーツ観戦’ Category

今日は万博記念競技場でのWESTERN JAPAN BOWL。関学対立命で2週前の再戦です。

前回より早めの1時間半前くらいに着くように家を出ましたが、試合開始自体が14時5分開始だったので早起きしなくても大丈夫な時間だったからかあまり良い席は確保出来ませんでした。

で、今日は見たサイドは関学側にしました。試合の方は関学の圧勝だったので結局2試合とも勝った方で見たことになりました。

万博記念競技場

万博記念競技場

最終節では結果は参考にならないと書きましたが、その通りというか、それ以上に関学の強さが目立った試合でした。パス10回しか投げてないのにこれだからなぁ。最終節で立命の前掛かりのディフェンスに対応出来てなかったのが今日は軽く対応って感じ。それと立命のオフェンスが全然ダメ。何でシリーズの最初のプレーを西村君に持たせるのか。そんなわかりきったプレーしてたら行き詰まっちゃうだろうに。京大戦ではもっといいプレーコールしてたのに。

ということで私の今シーズンは終了です。リーグ戦の回数券買うと500円のメンバー表をもらえるのですが、それにスタンプ欄がありまして、リーグ戦で3個と今日の決定戦の計4個のスタンプをメンバー表に押してもらうと甲子園ボウルの外野自由席のチケット(前売りで買うと2000円)をもらえるので、もらったのですけど、行きません。

今日も大学時代の後輩と一緒に見たんでエキスポシティでちょっとだけ喋ってから帰宅。

あ、そうそう、太陽の塔でプロジェクションマッピングやってました。12月の金土日と25日は万博公園を夜も開けてプロジェクションマッピングが見れるそうな。長時間じゃないので特別料金はなくて250円。

太陽の塔

太陽の塔

関学-立命戦 @万博記念競技場

2017年11月19日日曜日

今日もアメフト観戦です。

茨木駅に着いてエキスポシティー行きのバスに乗ろうとしたらだいぶ並んでたのでサクッと諦めて阪大病院行きのバスを待ちました。これが正解で、座って行けました。

ってことで、試合開始1時間10分前くらいに着いたんだけど、わりと余裕を持って着いたつもりが既にだいぶ客が入っていてあまり良い席は確保できませんでした。今日は立命側にしました。

万博記念競技場

万博記念競技場


この試合に勝った方がリーグ優勝なのですが、負けても2位で2週間後の甲子園ボウル出場決定戦(ウェスタンジャパンボウル)にはほぼ出れるので(来週の試合に勝つ必要がありますので3週連続の試合になりますが)次がある試合となってしまっているのでリーグ優勝がかかっているとは言え真剣勝負という雰囲気はあまり感じません。

試合の方は21対7で立命の勝利で立命の優勝。

関学も途中からは次があるみたいな感じで試合してた気がするのでこの試合は次の参考には全然ならないと思う。

しかし、今日も結構客入ってたので協会としては万々歳なんだろうけど、リーグ戦の価値ががっつり下がっちゃったのが非常に残念である。

今日明日と関西学生アメフトの最終節です。

今日はエキスポフラッシュフィールドで京大甲南大戦。今日も茨木駅からバスで。

エキスポフラッシュフィールド

エキスポフラッシュフィールド


前の試合(今日は3試合で私は京大の試合しか見てませんが)で桃山が同志社に勝ったため甲南大は5位か6位のどっちかとなってAクラス入りも入れ替え戦行きもなくなったため、京大は3位確定済みなのでほぼ消化試合となってしまいました。

試合の方は京大のオフェンスが好調で49対3で完勝。甲南が京大を全然止められなかったので工夫しなくても勝ったって感じ。今年は結局下位相手だとこんな感じでしたな。で、2強相手だと全く通用しないと。能力のある選手を活かせてなかった時代よりかは改善してるとは言えるんだけどねぇ。

今日は大学時代の後輩と一緒に見てたので帰りは徒歩で千里丘まで行き、駅前のミスドでちょっと喋ってから帰宅。昨日の疲れで今日明日の紅葉は諦める予定。

今日はアメフト観戦です。エキスポフラッシュフィールドは13ヶ月ぶりで結構久々だな。

エキスポフラッシュフィールド

エキスポフラッシュフィールド


試合の方は38対10で勝利。でも獲得ヤードは320対307ヤードでほぼ互角。キッキングの差が大きかったかな。まぁ点差が付いた終盤は1年生を含む控え選手を多く出していたのでそれで進まれたのもありますが。と言うことで内容的には点差ほどの差は無かったです。

桃山のオフェンスが多彩だったのには感心しました。京大より全然プレーの種類が多い。

このエントリを書いてるのは5日ですが、6節終了時点で最終節の結果に関係なく3位確定。12/10のTOKYO BOWL行き決定です。

今日は上着を着てこなかったのですが、めちゃ寒かったです。

今日は京都へ。まずは西京極でのアメフトです。

今日の京大はバックスタンド側でしたが、次の予定もあって濡れたくなかったので屋根のあるメインスタンド側で大人しく見てました。濡れない場所が確保できなかったときのために合羽は持ってきてたんだけどね。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


試合は47対6で完勝。今年は優勝の可能性がほぼ無くなったので1年生も多めに出して経験積めたのは良かったですな。そういえば、3位になるとTOKYO BOWL出場なのですが、龍谷も関大も次節勝てるとは思えないので京大が次節の桃山に勝つと3位確定ですな。

京大vs立命大戦 @宝が池球技場

2017年10月7日土曜日

今日はアメフトを見てきました。宝ヶ池球技場です。

宝ヶ池球技場は春の試合ではちょこちょこ使ってましたが、秋の一部リーグで使うこと自体が久々じゃないですかね。ちゃんと調べてないけど。とにかく京大戦ではかなり久々かと。キャパ6千人しかなくてしかもバックスタンドは芝生席がメインと言うことで、前節の関学に勝ってれば場所の変更もあったかも知れませんが、完敗と言うことでそのまま行われまして、試合開始30分前くらいに着いたのですが(1試合目はしんどいので見てません)、余裕で50ヤードライン付近を確保。

五山の送り火の妙法の「妙」の真ん前にあります。

宝ヶ池球技場

宝ヶ池球技場


ってことで試合ですが、立命オフェンスを最後まで止めることができずパントを1回も蹴らせられないという屈辱の内容で完敗というか惨敗。前節はオフェンスが為す術無し、今節はディフェンスも何の工夫も見られなかったなぁ。ライン戦をじっくり観察してたわけじゃないけど、ディフェンスラインもQBに向かわずOLと相撲を取ってただけってことが多かった印象。そりゃ相手でかいんだから勝てんでしょ。

オフェンスは2シリーズでそれなりにドライブしましたが、後半は全くダメ。

京大の1プレー目はランでしたが、立命の1プレー目はロングパスで一発TD。これが全てを象徴してると思う。

京大って昔からそうだけど、ロングパスが守るも攻めるもスペシャルプレー扱いなんだよね。

今のままだと選手のパワー、スキル、チーム作り、ゲームプラン、プレーコール全てにおいて2強に負けているので、0からやり直す必要あるんじゃないですかね。戦力に多少差があっても勝てる可能性があるのがアメリカンフットボールだと思うんだけど、今のままじゃどうしようもないと思いますね。

なんで勝てないのか、なんで点を取れないのか、自分たちでちゃんと分析してるんですかね?たぶん見当違いの結論になってるんでしょうと思ってしまいますな。

今日は有休もらいまして、関京戦を見てきました。

今日はメインスタンド側だったのですが、だいぶ雨が降っていたので屋根確保したいなと言うことでちょっと早めに家を出ました。

たった2勝とは言え久々の全勝対決と言うことで京大側は多少盛り上がり、開門(試合開始の1時間前)予定の15分前の17時半頃に現地に着いたのですが、想像以上に人が並んでました。予定よりちょっと早めに開門しまして、目当てのエリアに向かいましたが良い場所確保できず。しばらくしたら隣の人が移動してくれたのでギリギリ屋根の下に潜り込めまして、試合終了まで濡れずに済みました。ま、ずっと小雨だったけど。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


と言うことで試合ですが、31-10で完敗。ほぼ為す術無し。1TD取れたけど、この時既に関学がセイフティーリードの状態で関学のディフェンスのメンバーが控え中心になってただけ。

前節のエントリで書いたけど、普通にやって普通に負けたって感じ。あまりに想像通りで悲しい。

ディフェンスは去年までのアダムコーチがいなくなって組織が一新してCBのパスディフェンスも劇的に改善し、多少骨のあるところを見せれたかなと思いましたが、関学や立命と京大との相対的な感覚としては京大ディフェンスは15年とかそれくらい前に戻っただけって感じ。でもこれ以上ディフェンスは大してよくならないと思う。相手も強いわけやから。優勝してたときのようにロースコア勝負に持ち込めるようにまでディフェンスが強くなるのは無理だと思う。

つまり、点を取れないとどうしようもない。3TD取れれば相手の攻撃時間も減るのでそれなりの勝負に持って行ける可能性が出てくるんだけど、ゲームプランもプレーコールも全く改善してる感じがしない。これをどうにかしないと。今のままじゃ戦力的に同等でも関学には歯が立たないと思う。それくらいオフェンスのコーチの差が大きいと思う。

しかし、インターフェア取られたプレーはちょっと愕然としたけど。あれがインターフェアになるんだったらこれからずっと審判も敵だよね。7人いる審判団の結論としての判定だから。ま、今日の試合の場合はあれがインターフェアでなかったとしても大勢に影響はなかったと思うけど。

今日は負けましたが、自力優勝の可能性はまだ残っているので次の立命戦ですな。勝てば決定戦まで行ける可能性でかいし。ま、でも期待は薄いかな。立命は去年の関大戦みたいなこともあるんでまだ何とかなるかも知れないけども。

今日は友人と一緒に見まして(友人はだいぶ遅れてきたけど)、帰りは車で大阪まで送ってもらいまして、途中くら寿司で晩飯食いました。初めてでしたが、安いねぇ。

今日の最後は王子スタジアムでアメフト観戦です。

関西学生リーグはとりあえずはホームとアウェイ扱いが存在していますので、地元チームがホームスタンドになるのですが、今日はどっちも京都の大学と言うことで、龍谷の方がホームスタンドでしたが去年の直接対決で龍谷が勝ったからかな。

私は試合開始30分ちょっと前に着いたのですが、京大側が狭いバックスタンドだったおかげで着いた時点でバックスタンドはほぼ満席でしたが何とか座れました。このバックスタンドの小ささはもうちょっとどうにかならんもんかね。

王子スタジアム

王子スタジアム


試合の方ですが、41-9で快勝。去年の雪辱は果たせた形。ま、点差ほど差はなくてパスはだいぶ通されましたけど。中央のパスをだいぶ通されていました。これは良い練習になったかも。ま、弱点露呈しただけかもしれない。

これで次節の関学への挑戦権獲得って感じですが、普通にやったら普通に負けるでしょうな。ロースコア狙いじゃ確実に負けると思う。いかに点を取るかが重要。と言うことで、今日6TD取れたのは収穫かなと。

RBはわりとまんべんなく使っていたので次の関学戦は入山君をもっと頼るかも知れない。

今日は私が見に行った萩尾望都の展覧会が始まった日に「12人いる!」の反則(正確には「交代違反」ですが)があったのがおもしろかったです。そんなにしょっちゅうある反則じゃないので。

ってことで開幕戦の関大戦です。

今日はメインスタンド側だったのでもし雨が降るといかんので屋根の下確保しました。降りませんでしたが。

開幕戦は3年連続負けていましたが、今年は3強の一角(とは最近言いがたいですけど)の関大に勝利。

下の写真は久々に見た最後のニーダウンのシーンです。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


オフェンスのミス(ノーマークのイージーなパスを落としたり意味ない場所でのホールディングや、エクスチェンジミスのファンブルなど)が多々目立ち、これらのミスがなければ楽勝だった感じですけど、結果は辛勝。関大がいまいちだったという感じもしましたが、守備がかなり良かったです。ラインはオフェンスディフェンスとも負けてなかったですな。

アダムコーチが辞めた今は京大が強かった時代の選手だったOBが何人もコーチをしてくれているそうですが、コーナーバックの守り方が過去数年とは全く変わっていました。これがかなり驚き。やっとわかってくれたかって感じ。

CBの守り方については後でビデオを見直しましたが(最近はネットで全試合見れるのがありがたい)、クッションの取り方も今までとはだいぶ違ってて広かったり狭かったり、最初から目の前のWRを見ないでQBだけ見て守ったりすることもあったり、とにかく守り方がプレーごとに違う。パスプレーなのにCBがボールを全く見ないでパスを通されたりインターフェア取られたりってのをここ数年何度も繰り返してきましたが、今年は激減すると思う。素晴らしい。今日はそれでもロングパス通されたりもしたので正直これで勝てる守備になったとまでは言えないかも知れないし、関立には通用しないかも知れないけど、CBのパス守備(ボール見とらんのでランサポートもできないことが多かった)が露骨なウイークポイントって感じではなくなったと思う。

RBもゲインできてたのでレシーバーの集中力が上がれば関立相手にもいい勝負できるかも。とにかく普通に3TDくらい取れるようにならんと。ま、その前に龍谷戦ですな。

今日もまた京都へ。アメフトを見てきました。雨だったんで強く降りそうだったや止めようかなと思いましたが、新人戦(南山大が新人メインではないため正式には新人戦ではありませんが)と言うことでネット中継の予定も無いのでとりあえず見に行っとこうってことで。

試合開始ギリギリに到着。天気良くなかったからかスタンド席空いてましていい場所で見れました。ちなみに無料でした。

去年と違い12分の正式計時でキッキングもちゃんとやっていました。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


試合はオフェンスディフェンスはほぼずっと1年生だけでした。もらったメンバー表に載っている1年生(50人以上)は4人ほどを除いて全員試合に出ていました。かなり入れ替えていましたが、何人かは主力的な感じで多めに出ていました。

キッキングはほとんど2年生以上だったと思いますが細かくは未確認です。パンターは3年生でしたが、キッカーは1年生でした。FGを決めた1年生はわりと有望かなと。

レギュラー格の原田選手がリターンTDを2本(キックオフとパント。これだとオフェンスにプレーが廻ってこないのでこの試合に限っては誉められない)決めたこともあり、23対10で勝利。結果はまぁどうでもいいんですけども。

ディフェンスはわりと活きの良い選手が多い感じでした。オフェンスは案の定まともに進みませんでしたが。モンゴル人の1年生が超期待らしいんですけど、一応出ていましたが活躍の機会無しでした。TEだとボール持つ機会少なそうなので個人的には別のポジションで見てみたいな。

試合中は雨はぱらぱらっと来た程度で済んで良かったです。

帰りは出町ふたばを覗いたらほとんど並んでなかったので豆餅と葛餅を買って帰りの電車で食いました。3分掛からず買えました。雨の日はやっぱ狙い目ですな。

今日は京都へ。メインのアメフトの試合が13時30分開始なので、その前に展覧会でも見ようと思って10時31分北浜発の洛楽(京橋~七条間ノンストップ特急)に乗ったのですが、京橋に着いたところで中書島で人身事故があり運転見合わせとのアナウンスが。

京橋で降りて阪急に乗ることもできたんだけど展覧会見る時間的余裕が無くなっちゃったんでそのまま運転再開を待ちました。1時間半ほどで運転再開。人身事故はかなり悲惨な事故だったようで。

京大グラウンドに着いたのがキックオフ10分前で今日もスタンドに座れず地べた観戦。

京大アメフト部創部70周年記念試合と言うことで法政大を招待しての試合でした。ハーフタイムには往年の名選手達が登場してABC岩本アナ(元京大アメフト部)がインタビューしてました。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


メンバーはDLの草野君もようやく復帰し、今日のメンバーが秋も主力かなと言う感じ。

試合の方はRB入山君のランが終始有効で24対16で勝利。でも真剣勝負だと負けてたかも。法政のレシーバーのキャッチ力が凄いね。

RB入山君は秋も期待できますな。まぁでもパスディフェンスがやっぱりボロボロ。秋はいかに点を取って勝つかを主題にしないと。戦力的には可能だと思うし。ロースコア狙いじゃ絶対に上位には行けないと思うな。

今日はフィールドから見ててプレーの邪魔になる人が多く全然プレーが見えない場面が多かったです。チェーンクルーとか審判とかはどうしようもないですが、500円とは言え金払っとるんだからもうちょっと気を遣って欲しいもんだ。

京大-甲南大戦 @王子スタジアム

2017年5月27日土曜日

次は兵庫県立美術館から徒歩で王子スタジアムへ。京大の試合です。展覧会はこの日に合わせました。電車賃バカにならんしね。

王子公園駅敷地内のコンビニで前売り(春の協会主催試合対象チケットなので当日でも使えます)を買えるのですが、スタジアムから遠い方なのでちょっと不便。で、買ってたらキックオフに間に合いませんでした。

甲南のファーストプレーがTDパスだったのですが、ギリギリ見れず。

王子スタジアム

王子スタジアム


ってことで、結果は24対14で勝利。京大は最初から最後まで控えQB、甲南は後半から京大にリードされるまで控えQBだったので、結果どうこうの内容ではありませんが、パスディフェンスはダメっぽい。この春ずっと出ている14番のCBは多少ボールに反応できるようにはなってる感じがするので秋までになんとかなって欲しいところ。

DL草野君がこの春はずっと出てませんが、この春は全欠か?

今日の試合を任されたQB山本君ですが、パスがかなり悪かった。4年生でこれはいただけない。通らなかったパスでもレシーバーが触れてるのが多かったので2年前のWR陣だともっと通ってたと思うけども。

帰りはちょっと寄りたいところがあったので岩屋駅まで歩いて難波へ向かいました。

今日は京都へ。今日もアメフト観戦です。

京橋過ぎると七条まで止まらない快速特急に乗りましたが、途中止まらない分空いてるのよね。

開始10分前くらいに現地に着きましたが、スタンドのチケットがまだ売られてたので買いました。500円。地べただと無料でしたが。スタンドもほぼ埋まってましたけど。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


試合の方は41対0で完勝。前回とほぼ似たメンバーでスタートし、その後も3Q終了までは選手をそんなに入れ替えずに進めてました。去年は最初から1.5軍って感じでしたけど。

草野君と植木君は今日も出てませんでしたが、怪我が重いのだろうか。

パスカバーがよくなるのか気になるところですが、望み薄かな。パスプレーの時にボールを見ないってのは普段の練習で身についとらんってことだからねぇ。身に付けるような練習しとらんのでは。目の前のレシーバーとの勝負だけに集中しちゃってあっさりパスを通されたりインターフェアの反則を取られる場面を何度も見せつけられてきてますが、いつになったら直るのでしょうかね。

今日は京都へ。まずはアメフト観戦。京大の農学部グラウンドでの対同志社戦の今出川ボウルです。雨降ったら行くの止めようかなと思っていましたが、大丈夫そうなので行くことにしました。

京阪で京都に行くときの往路は北浜から乗ることにしているのですが、いつもは北浜からだと余裕で座れるのですけど、桜のピークの週末と言うことでだいぶ乗っていてヤバかったです。ギリギリ座れましたが。

キックオフ10分前くらいの13時20分頃に着きましたが、今回もスタンド席はあっさり売り切れていて地べたに座って観戦。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


結果は49対30で勝利。春なので選手の入れ替えも多いので結果自体はどうでもいいっちゃいいんですが、7TD取れたのは収穫かなと。やっぱ大量点の実績は積めれば積めるほどよいと思うので。

QB田中君のパスの精度は結構上がってるように感じましたが、春初戦じゃ何とも言えないかな。

元NFL選手のアダムコーチは辞めたようです。ブリッツを多用するけど結構外れることが多かったという印象で(選手が正直すぎでブリッツバレバレって感じのことが多かったんでフェイクとか混ぜればもっと変わったんじゃないかって感じ)コーチとしては勝利という結果を残せませんでしたが、練習のノウハウはかなり残してくれたのかな?

しかし同志社のキッカー凄いねぇ。あんだけポンポンタッチバックになるのは今のキック位置になってからだと初めて見た気がする。ちなみに先制のキックオフリターンタッチダウンもこの選手で、キッカーとリターナー兼任ってのも初めて見たなぁ。

Super Bowl LI

2017年2月6日月曜日

今年も有休取ってテレビ生観戦。タイトルのLIはローマ数字で51回目と言うことです。Lは負けを意味する頭文字なので験が悪いってことで去年は「Super Bowl 50」でしたが、今年からまたローマ数字表記に戻りました。

試合の方はスーパーボウル史上初のオーバータイム(延長戦)でスーパーボウル史上最大得点差の逆転劇と言う劇的な試合展開でした。NFLの過去の試合全体でも5番目くらいの得点差の逆転劇だったそうで。

劇的な試合展開でしたが、ペイトリオッツは嫌いなのでファルコンズを応援してた私はあまり盛り上がれず。

途中からかなり悪い予感がしてました。後半のペイトリオッツはSBに何度も出てる王者らしさを見せつけてました。逆にファルコンズはコーチがもっと冷静だったら逆転されてなかったと思うけどまぁ結果論。

ってことで、ペイトリオッツが圧勝するという予想もあったのでそれよりはよっぽどおもしろかったですが、ペイトリオッツは当分見たくないぞ!

ハーフタイムショーのレディー・ガガはなかなか良かったですな。曲はJust Danceだけ好きな私ですが、歌唱力は圧倒的なので生歌も凄いし存在感ありますな。ゲストがいなかったので統一感があってよかった。こりゃBABYMETALの出る幕無いですわ。

夜は友人の親父さんの通夜に参列しました。