Archive for the ‘スポーツ観戦’ Category

今日は有休もらいまして、関京戦を見てきました。

今日はメインスタンド側だったのですが、だいぶ雨が降っていたので屋根確保したいなと言うことでちょっと早めに家を出ました。

たった2勝とは言え久々の全勝対決と言うことで京大側は多少盛り上がり、開門(試合開始の1時間前)予定の15分前の17時半頃に現地に着いたのですが、想像以上に人が並んでました。予定よりちょっと早めに開門しまして、目当てのエリアに向かいましたが良い場所確保できず。しばらくしたら隣の人が移動してくれたのでギリギリ屋根の下に潜り込めまして、試合終了まで濡れずに済みました。ま、ずっと小雨だったけど。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


と言うことで試合ですが、31-10で完敗。ほぼ為す術無し。1TD取れたけど、この時既に関学がセイフティーリードの状態で関学のディフェンスのメンバーが控え中心になってただけ。

前節のエントリで書いたけど、普通にやって普通に負けたって感じ。あまりに想像通りで悲しい。

ディフェンスは去年までのアダムコーチがいなくなって組織が一新してCBのパスディフェンスも劇的に改善し、多少骨のあるところを見せれたかなと思いましたが、関学や立命と京大との相対的な感覚としては京大ディフェンスは15年とかそれくらい前に戻っただけって感じ。でもこれ以上ディフェンスは大してよくならないと思う。相手も強いわけやから。優勝してたときのようにロースコア勝負に持ち込めるようにまでディフェンスが強くなるのは無理だと思う。

つまり、点を取れないとどうしようもない。3TD取れれば相手の攻撃時間も減るのでそれなりの勝負に持って行ける可能性が出てくるんだけど、ゲームプランもプレーコールも全く改善してる感じがしない。これをどうにかしないと。今のままじゃ戦力的に同等でも関学には歯が立たないと思う。それくらいオフェンスのコーチの差が大きいと思う。

しかし、インターフェア取られたプレーはちょっと愕然としたけど。あれがインターフェアになるんだったらこれからずっと審判も敵だよね。7人いる審判団の結論としての判定だから。ま、今日の試合の場合はあれがインターフェアでなかったとしても大勢に影響はなかったと思うけど。

今日は負けましたが、自力優勝の可能性はまだ残っているので次の立命戦ですな。勝てば決定戦まで行ける可能性でかいし。ま、でも期待は薄いかな。立命は去年の関大戦みたいなこともあるんでまだ何とかなるかも知れないけども。

今日は友人と一緒に見まして(友人はだいぶ遅れてきたけど)、帰りは車で大阪まで送ってもらいまして、途中くら寿司で晩飯食いました。初めてでしたが、安いねぇ。

今日の最後は王子スタジアムでアメフト観戦です。

関西学生リーグはとりあえずはホームとアウェイ扱いが存在していますので、地元チームがホームスタンドになるのですが、今日はどっちも京都の大学と言うことで、龍谷の方がホームスタンドでしたが去年の直接対決で龍谷が勝ったからかな。

私は試合開始30分ちょっと前に着いたのですが、京大側が狭いバックスタンドだったおかげで着いた時点でバックスタンドはほぼ満席でしたが何とか座れました。このバックスタンドの小ささはもうちょっとどうにかならんもんかね。

王子スタジアム

王子スタジアム


試合の方ですが、41-9で快勝。去年の雪辱は果たせた形。ま、点差ほど差はなくてパスはだいぶ通されましたけど。中央のパスをだいぶ通されていました。これは良い練習になったかも。ま、弱点露呈しただけかもしれない。

これで次節の関学への挑戦権獲得って感じですが、普通にやったら普通に負けるでしょうな。ロースコア狙いじゃ確実に負けると思う。いかに点を取るかが重要。と言うことで、今日6TD取れたのは収穫かなと。

RBはわりとまんべんなく使っていたので次の関学戦は入山君をもっと頼るかも知れない。

今日は私が見に行った萩尾望都の展覧会が始まった日に「12人いる!」の反則(正確には「交代違反」ですが)があったのがおもしろかったです。そんなにしょっちゅうある反則じゃないので。

ってことで開幕戦の関大戦です。

今日はメインスタンド側だったのでもし雨が降るといかんので屋根の下確保しました。降りませんでしたが。

開幕戦は3年連続負けていましたが、今年は3強の一角(とは最近言いがたいですけど)の関大に勝利。

下の写真は久々に見た最後のニーダウンのシーンです。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


オフェンスのミス(ノーマークのイージーなパスを落としたり意味ない場所でのホールディングや、エクスチェンジミスのファンブルなど)が多々目立ち、これらのミスがなければ楽勝だった感じですけど、結果は辛勝。関大がいまいちだったという感じもしましたが、守備がかなり良かったです。ラインはオフェンスディフェンスとも負けてなかったですな。

アダムコーチが辞めた今は京大が強かった時代の選手だったOBが何人もコーチをしてくれているそうですが、コーナーバックの守り方が過去数年とは全く変わっていました。これがかなり驚き。やっとわかってくれたかって感じ。

CBの守り方については後でビデオを見直しましたが(最近はネットで全試合見れるのがありがたい)、クッションの取り方も今までとはだいぶ違ってて広かったり狭かったり、最初から目の前のWRを見ないでQBだけ見て守ったりすることもあったり、とにかく守り方がプレーごとに違う。パスプレーなのにCBがボールを全く見ないでパスを通されたりインターフェア取られたりってのをここ数年何度も繰り返してきましたが、今年は激減すると思う。素晴らしい。今日はそれでもロングパス通されたりもしたので正直これで勝てる守備になったとまでは言えないかも知れないし、関立には通用しないかも知れないけど、CBのパス守備(ボール見とらんのでランサポートもできないことが多かった)が露骨なウイークポイントって感じではなくなったと思う。

RBもゲインできてたのでレシーバーの集中力が上がれば関立相手にもいい勝負できるかも。とにかく普通に3TDくらい取れるようにならんと。ま、その前に龍谷戦ですな。

今日もまた京都へ。アメフトを見てきました。雨だったんで強く降りそうだったや止めようかなと思いましたが、新人戦(南山大が新人メインではないため正式には新人戦ではありませんが)と言うことでネット中継の予定も無いのでとりあえず見に行っとこうってことで。

試合開始ギリギリに到着。天気良くなかったからかスタンド席空いてましていい場所で見れました。ちなみに無料でした。

去年と違い12分の正式計時でキッキングもちゃんとやっていました。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


試合はオフェンスディフェンスはほぼずっと1年生だけでした。もらったメンバー表に載っている1年生(50人以上)は4人ほどを除いて全員試合に出ていました。かなり入れ替えていましたが、何人かは主力的な感じで多めに出ていました。

キッキングはほとんど2年生以上だったと思いますが細かくは未確認です。パンターは3年生でしたが、キッカーは1年生でした。FGを決めた1年生はわりと有望かなと。

レギュラー格の原田選手がリターンTDを2本(キックオフとパント。これだとオフェンスにプレーが廻ってこないのでこの試合に限っては誉められない)決めたこともあり、23対10で勝利。結果はまぁどうでもいいんですけども。

ディフェンスはわりと活きの良い選手が多い感じでした。オフェンスは案の定まともに進みませんでしたが。モンゴル人の1年生が超期待らしいんですけど、一応出ていましたが活躍の機会無しでした。TEだとボール持つ機会少なそうなので個人的には別のポジションで見てみたいな。

試合中は雨はぱらぱらっと来た程度で済んで良かったです。

帰りは出町ふたばを覗いたらほとんど並んでなかったので豆餅と葛餅を買って帰りの電車で食いました。3分掛からず買えました。雨の日はやっぱ狙い目ですな。

今日は京都へ。メインのアメフトの試合が13時30分開始なので、その前に展覧会でも見ようと思って10時31分北浜発の洛楽(京橋~七条間ノンストップ特急)に乗ったのですが、京橋に着いたところで中書島で人身事故があり運転見合わせとのアナウンスが。

京橋で降りて阪急に乗ることもできたんだけど展覧会見る時間的余裕が無くなっちゃったんでそのまま運転再開を待ちました。1時間半ほどで運転再開。人身事故はかなり悲惨な事故だったようで。

京大グラウンドに着いたのがキックオフ10分前で今日もスタンドに座れず地べた観戦。

京大アメフト部創部70周年記念試合と言うことで法政大を招待しての試合でした。ハーフタイムには往年の名選手達が登場してABC岩本アナ(元京大アメフト部)がインタビューしてました。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


メンバーはDLの草野君もようやく復帰し、今日のメンバーが秋も主力かなと言う感じ。

試合の方はRB入山君のランが終始有効で24対16で勝利。でも真剣勝負だと負けてたかも。法政のレシーバーのキャッチ力が凄いね。

RB入山君は秋も期待できますな。まぁでもパスディフェンスがやっぱりボロボロ。秋はいかに点を取って勝つかを主題にしないと。戦力的には可能だと思うし。ロースコア狙いじゃ絶対に上位には行けないと思うな。

今日はフィールドから見ててプレーの邪魔になる人が多く全然プレーが見えない場面が多かったです。チェーンクルーとか審判とかはどうしようもないですが、500円とは言え金払っとるんだからもうちょっと気を遣って欲しいもんだ。

京大-甲南大戦 @王子スタジアム

2017年5月27日土曜日

次は兵庫県立美術館から徒歩で王子スタジアムへ。京大の試合です。展覧会はこの日に合わせました。電車賃バカにならんしね。

王子公園駅敷地内のコンビニで前売り(春の協会主催試合対象チケットなので当日でも使えます)を買えるのですが、スタジアムから遠い方なのでちょっと不便。で、買ってたらキックオフに間に合いませんでした。

甲南のファーストプレーがTDパスだったのですが、ギリギリ見れず。

王子スタジアム

王子スタジアム


ってことで、結果は24対14で勝利。京大は最初から最後まで控えQB、甲南は後半から京大にリードされるまで控えQBだったので、結果どうこうの内容ではありませんが、パスディフェンスはダメっぽい。この春ずっと出ている14番のCBは多少ボールに反応できるようにはなってる感じがするので秋までになんとかなって欲しいところ。

DL草野君がこの春はずっと出てませんが、この春は全欠か?

今日の試合を任されたQB山本君ですが、パスがかなり悪かった。4年生でこれはいただけない。通らなかったパスでもレシーバーが触れてるのが多かったので2年前のWR陣だともっと通ってたと思うけども。

帰りはちょっと寄りたいところがあったので岩屋駅まで歩いて難波へ向かいました。

今日は京都へ。今日もアメフト観戦です。

京橋過ぎると七条まで止まらない快速特急に乗りましたが、途中止まらない分空いてるのよね。

開始10分前くらいに現地に着きましたが、スタンドのチケットがまだ売られてたので買いました。500円。地べただと無料でしたが。スタンドもほぼ埋まってましたけど。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


試合の方は41対0で完勝。前回とほぼ似たメンバーでスタートし、その後も3Q終了までは選手をそんなに入れ替えずに進めてました。去年は最初から1.5軍って感じでしたけど。

草野君と植木君は今日も出てませんでしたが、怪我が重いのだろうか。

パスカバーがよくなるのか気になるところですが、望み薄かな。パスプレーの時にボールを見ないってのは普段の練習で身についとらんってことだからねぇ。身に付けるような練習しとらんのでは。目の前のレシーバーとの勝負だけに集中しちゃってあっさりパスを通されたりインターフェアの反則を取られる場面を何度も見せつけられてきてますが、いつになったら直るのでしょうかね。

今日は京都へ。まずはアメフト観戦。京大の農学部グラウンドでの対同志社戦の今出川ボウルです。雨降ったら行くの止めようかなと思っていましたが、大丈夫そうなので行くことにしました。

京阪で京都に行くときの往路は北浜から乗ることにしているのですが、いつもは北浜からだと余裕で座れるのですけど、桜のピークの週末と言うことでだいぶ乗っていてヤバかったです。ギリギリ座れましたが。

キックオフ10分前くらいの13時20分頃に着きましたが、今回もスタンド席はあっさり売り切れていて地べたに座って観戦。

京都大学農学部グラウンド

京都大学農学部グラウンド


結果は49対30で勝利。春なので選手の入れ替えも多いので結果自体はどうでもいいっちゃいいんですが、7TD取れたのは収穫かなと。やっぱ大量点の実績は積めれば積めるほどよいと思うので。

QB田中君のパスの精度は結構上がってるように感じましたが、春初戦じゃ何とも言えないかな。

元NFL選手のアダムコーチは辞めたようです。ブリッツを多用するけど結構外れることが多かったという印象で(選手が正直すぎでブリッツバレバレって感じのことが多かったんでフェイクとか混ぜればもっと変わったんじゃないかって感じ)コーチとしては勝利という結果を残せませんでしたが、練習のノウハウはかなり残してくれたのかな?

しかし同志社のキッカー凄いねぇ。あんだけポンポンタッチバックになるのは今のキック位置になってからだと初めて見た気がする。ちなみに先制のキックオフリターンタッチダウンもこの選手で、キッカーとリターナー兼任ってのも初めて見たなぁ。

Super Bowl LI

2017年2月6日月曜日

今年も有休取ってテレビ生観戦。タイトルのLIはローマ数字で51回目と言うことです。Lは負けを意味する頭文字なので験が悪いってことで去年は「Super Bowl 50」でしたが、今年からまたローマ数字表記に戻りました。

試合の方はスーパーボウル史上初のオーバータイム(延長戦)でスーパーボウル史上最大得点差の逆転劇と言う劇的な試合展開でした。NFLの過去の試合全体でも5番目くらいの得点差の逆転劇だったそうで。

劇的な試合展開でしたが、ペイトリオッツは嫌いなのでファルコンズを応援してた私はあまり盛り上がれず。

途中からかなり悪い予感がしてました。後半のペイトリオッツはSBに何度も出てる王者らしさを見せつけてました。逆にファルコンズはコーチがもっと冷静だったら逆転されてなかったと思うけどまぁ結果論。

ってことで、ペイトリオッツが圧勝するという予想もあったのでそれよりはよっぽどおもしろかったですが、ペイトリオッツは当分見たくないぞ!

ハーフタイムショーのレディー・ガガはなかなか良かったですな。曲はJust Danceだけ好きな私ですが、歌唱力は圧倒的なので生歌も凄いし存在感ありますな。ゲストがいなかったので統一感があってよかった。こりゃBABYMETALの出る幕無いですわ。

夜は友人の親父さんの通夜に参列しました。

WESTERN JAPAN BOWL @万博記念競技場

2016年12月4日日曜日

今日は2週間前と同じ万博記念競技場へアメフトの試合を見てきました。「全日本大学アメリカンフットボール選手権西日本代表校決定戦」です。甲子園ボウルの西日本代表がこれで決まります。対戦カードは2週前の2試合目と同じ、関学-立命戦。

試合開始1時間ちょっと前に着きまして、後輩が席取っといてくれてたのでわりといい場所を確保できましたが、雨降の予報だったからか客足が鈍くて周りも詰めて座ってなくて結局前回の半分くらいしか客が入ってませんでした。前の試合で立命が完敗って感じだったのも影響したかも知れない。結局雨も結構強く降り続きました。

万博記念競技場

万博記念競技場


試合の方は前半の立命がボロボロで1stダウン1回も取れずでインターセプトされるわで酷かったのですが、後半突然盛り返し好ゲームに。

立命のプレーコールがもうちょっとうまければ立命が勝ててた気がしますが、関学の試合巧者ぶりが凄かったです。同レベルのオフェンスコーディネーターが京大にいてくれたらなぁ…

立命の最後のFGのシリーズはゴール前でRB西村君をもっと使って欲しかったですが、その後の関学のドライブが凄かったですな。でも関学なのでそれくらいあるかもってのを織り込んどいて欲しいんでその前にエースに頼ってTDを狙っといて欲しいんですよね。

帰りは後輩が飛行機で帰宅と言うことで現地で別れて私は日本庭園前(最寄りのバス停は南春日丘西ですが、1個手前の日本庭園前の方がバスの本数が多い)からバスに乗りました。予想よりは並んでなかったです。積み残しは出ていましたが。私は積み残されずに乗れましてサクッと帰還。やっぱモノレールに乗る人が多いんだろうか。

ってことで、これで私のシーズンは終了です。

ってことで万博記念競技場でフットボール観戦です。今日は2試合。2試合見るのは4年ぶりで同じカード。この競技場に来るのはいつ以来だ?学生の時以来じゃないか?

1試合目は京大-関大戦。関大は試合の結果関係なく3位確定で、前日の試合で甲南が負けたので京大が勝てば単独5位ですが、初戦の相手が変わるくらいで勝っても負けても大勢に影響なし。京大は負けると初戦が関大戦ですけど、初戦は龍谷より関大の方がいいかも知れない。

ってことで試合の方は20-24で敗戦。先制されて逆転したりしてまぁまぁおもしろい展開でしたが、これくらい勝てないとって感じ。久々に上位相手に3TD取りましたが、もっと取れたでしょ。毎回同じこと書くのもナニなので以下省略。

これで京大はシーズン終了です。来年はかなりの主力メンバーが抜けますが、どうなるこっちゃら。まずはDB、特にCBの育成が急務。WRの主力は全員4年生だったので来年のオフェンスは未知数ですな。ま、選手よりコーチの能力の問題の方が大きいと思うんだけど。

次の2試合目は全勝対決の関学-立命戦。

万博記念競技場

万博記念競技場


この試合に勝った方がリーグ優勝なのですが、今年から甲子園ボウル行きのシステムが変わり、負けても来週の名城大戦に勝てば再来週の決定戦に出れることになります。つまり、再戦がほぼ約束されている試合。なんとつまらない。

まぁでも負ければ3週連続で試合、しかも次戦が九州遠征になるので手は抜かないだろうと思っていましたが、立命は明らかに本気を出していない感じでした。しかも最初から。出てるメンバーは終始主力でしたけど。ってことで関学の完勝って感じで終了。

このシステムだとリーグ戦の価値が下がると言われていまして、その通りになってしまったわけですが、今日も客がそれなりに来ていたので、2週後の試合も盛況であれば動員数が去年に比べてかなり増えるのでシステム変更が成功ってことにになっちゃうんでしょうな。悲しいったら。こんなカンフル剤みたいなことして一時的に収入増えても長い目で見たらよくないと思うんですけど。

今日も大学時代の後輩と一緒に見ていたので試合後はエキスポシティに寄りまして、レストラン街はどこも行列できてたのでフードコートで晩飯。

太陽の塔の目が光ってるのは初めて見たかもしれない。

太陽の塔

太陽の塔

関京戦 @ユニバー記念競技場

2016年11月6日日曜日

いつものようにイタ飯屋で昼飯食ってからユニバー記念競技場へ。関京戦です。また間違って三宮で海岸線に乗ってしまいました。2回目か。

ユニバー記念競技場

ユニバー記念競技場


今日の前の試合で甲南大が神戸大に勝ったため京大の入れ替え戦行きはなくなりました。と言うことで、今日は関学が勝っても京大が勝っても大勢にほとんど影響がないというテンションが全く上がらない試合。関学は京大に負けても次勝てば1位抜けです。今年から2位も甲子園ボウル行きの可能性があります。

今日は大学時代の後輩と観戦。わざわざ遠くからこんな試合見にご苦労さんです。

試合の方は京大が先制しましたが、こういうじっくり時間とプレーの数を掛けたドライブってのは1試合に1回できるかどうかだわなと思っていたらその通りでその後は為す術無し。全然進歩しとりません。3TD取られた時点で絶望ってのはどうにかならんのか。ディフェンスも相手にブリッツを読まれてショベルパスでTD喰らうわで良いところはあまりなし。

この戦力だったら勝てたとは言わないまでももっといい試合はできるはず。強豪相手になんで勝てないのか、なんで点取れないのか。この辺を自己分析できているとは思えないですな。

帰りは後輩とルクアで晩飯食いました。安いコースでしたが量がかなり少なかったな。利益率追い求めすぎって感じ。

今日はアメリカンフットボールの試合を見てきました。立命戦です。1試合目は見ず、2試合目の立命戦だけ観戦。

今年はメインスタンド側でした。駅から遠いのよね。記者席が一つ空いてたのでそこで観戦。試合中一瞬雨降りましたが、屋根の下なので問題なし。

やっぱ陸上競技場はフィールドが遠いなぁ。

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


試合の方は予想通りの期待外れで3点しか取れず完敗。これで甲子園ボウルの可能性はなくなりました。入れ替え戦行きの可能性はまだ残ってます。

立命は3年前の教訓を忘ておらず、主力だった前半は隙が全く無かったです。これじゃ勝てませんな。

3点しか取れないのは根本的なコーチング問題がそのままってことですな。後半のプレー選択なんてひどいもんだった。何度も書いてるけど、プレーを書いた正20面体くらいのサイコロを転がしてプレー決める方がよっぽど進むと思うな。選手も成長してるとは思えないし。体作りは向上してるのかもしれないけど、技術面での育成がうまくいってるようには思えない。昔と比べて技術が向上したなと思うのはワイドレシーバーくらいか。

期待の新人RB植木君はほぼ毎シリーズの最初の方だけ出てまして、数回ボールキャリー。最初のキャリーでロングゲインをしましたが、立命が油断してただけって感じもするので能力があるのかどうかよくわかりません。その後の使われ方はかわいそうな感じでプレーを読まれてあっさりタックルされることが目立ちました。

西村君はやはり全く止められなかったのでディフェンスは完全な力負け。

しかし、この試合を力負けで結論づけてしまったら今後も負け続けるでしょうな。今の京大じゃ戦力が相手と対等だとしても強豪には勝てないと思う。

ってことで、試合後は天六で降りて十八番で晩飯食ってから天満から環状線で帰宅。

今日はアメフトの試合を見てきました。前半戦終了となる前年度下位4チーム相手の最後の相手となる同志社戦。同志社と甲南は入れ替え戦勝ち上がり組なので前年度下位というわけではありませんが。

エキスポフラッシュフィールド

エキスポフラッシュフィールド

試合の方は16対0で勝利。オフェンスは相変わらず点が取れない。1TD3FGだったんで4シリーズで点を取れたことにはなるんだけども。

ディフェンスですが、DL岡本君が常時出場し、DB堀君が2年ぶりの復活。同じポジションだった深堀君がLBに移動していました。堀君のインターセプトが値千金でしたな。これがなければまたヤバかったかも。

とうことで入れ替え戦行きの可能性はかなり下がりましたが(甲南vs神戸の結果に一番左右されますが)、まだ残ってます。優勝の可能性も残ってますけど。

京大-甲南大戦 @王子スタジアム

2016年9月25日日曜日

今日はアメフトの試合を見てきました。今日は王子スタジアム。駅から近いのが楽ですな。

関西学生アメフトは微妙にホームアンドアウェー方式なので、地元の甲南がメインスタンドで京大側がバックスタンドでした。ちょっと出遅れたら狭いバックスタンドが満杯。何とかギリギリ1つ確保できてスタンドの席に座れました。

王子スタジアム

王子スタジアム


試合の方は開幕戦のデジャ・ヴを見てるような結果で試合終了間際にTDパスを決められ逆転負け。ディフェンスの穴を見事に突かれました。ま、この穴は今年は塞がらないと思っていたので最後の攻撃権を渡した状態で悪い予感してました。なので、こういう展開にしてしまったコーチが悪い。

今年はランディフェンスまで酷くなってます。ここまでディフェンスが酷いのは今までほとんど見たことありません。元NFL選手のコーチは頑張っているのかもしれませんが、京大に来るまで指導歴は無いのでその辺がそのまま結果に出てる感じがします。

伝統的に点が取れないオフェンスなど直さないといけないところだらけ。強豪相手に常に3TD以上取れるようにならないとダメだと思うんだけど過去20年そうなれる兆しも無し。いつになったら優勝争いに加われるのか。

ま、今のコーチング体勢では期待薄ですな。だって悪いところが何も変わらないから。選手層は厚くなってきたと思うんだけどねぇ。

ちなみに関学相手に3TD取れたのは過去20年で2009年の1回だけ。2009年は中村君というWRに投げまくっていた年で、関西学生のレシーブキャッチ数記録を作ってます。7試合で61回と言う凄い記録なので当分抜かれないでしょう。この年でもようやく3TDなんですよね。