HITOSHI MATSUMOTO
一人 ごっつ(’96・11・5)


松本:「・・・」
埴輪顔の大仏(以下、師匠)(声:ザ・テレビジョンに答えあり)
  :「・・・」
松本:「・・・」
師匠:「・・・何とかゆ〜てくれよ」
松本:「・・・」
師匠:「・・・なぁ」
松本:「・・・」
師匠:「お前のために、俺はこ〜やってやっとんのやんけ」
松本:「・・・フフフッ」
師匠:「お前が頼めへんかったら、ワシせ〜へんで」
松本:「そらそーですよね」
師匠:「うん」
松本:「頑張りましょう」
師匠:「・・・そうゆ〜てくれるか?」
松本:「はい」
師匠:「応援してくるるか? ワシのこと」
松本:「えっ!?」
師匠:「ワ、ワシのこと、応援してくるるか?」
松本:「・・・、「応援してくるるか」?」
師匠:「うん」
松本:「・・・なん? 「くるるか」て」
師匠:「・・・」
松本:「「応援してくれるか」っていうのは、応援・・・」
師匠:「うん」
松本:「を頼め、頼んでええか?って事ですよねぇ、応援・・・」
師匠:「そやなぁ」
松本:「うん」
師匠:「うん」
松本:「・・・「くるるか」?」
師匠:「うん」
松本:「これは?」
師匠:「俺も自分のこと応援するけども・・・」
松本:「はい」
師匠:「お前も俺のこと応援してくれゆ〜こっちゃな」
松本:「はぁ、それ「くるるか」ってゆ〜んですか?」
師匠:「そうや」
松本:「へぇぇぇ・・・」
師匠:「・・・これからお前も使いィ」
松本:「・・・はい」
師匠:「・・・全国ネットのゴールデンで使いィ」
松本:「・・・はい」
師匠:「・・・フフッ」
松本:「・・・」
師匠:「・・・ええ子やのぅ」
松本:「・・・はい」
師匠:「・・・」
松本:「・・・」
師匠:「・・・やる?」
松本:「やらないっす、まだ」
師匠:「フフフッ・・・」
松本:「・・・」
師匠:「・・・ふん、ほなもうちょっと話しよか?」
松本:「アハハハハ」
師匠:「ハハハ」
松本:「ま、やっぱりええかな?」
師匠:「・・・」
松本:「・・・はい」
師匠:「とりあえず今日は、やってまおか? 先な?」
松本:「うんッ」
師匠:「よし」
師匠:「写真で一言」 ○写真:ギリシャ風の観光地、太ったメガネのオッサンが雑誌片手に、     痩せたメガネの兄ちゃんに説明している。2人とも何かを見     ているのだが・・・     (Copyright Richard Kalvar/Magnum Photos Tokyo) 松本:「「わかりません、・・・えぇ」     「わかりませんやないがな、これさえ覚えといたらええ」     「いや、わかりません」    」 松本:「・・・ハハハ」 師匠:「写真で一言」 ○写真:太陽の照りつける中、クルーザーに乗ったパンツ姿の老人達、     まぶしいのか? それとも他の理由なのか? 一同目を細め、     遠い何かを見つめている。     (Copyright Philip Quirk/Wildlight/PPS) 松本:「・・・何や、帰りたなってきたなぁ」 松本:「ハハハ・・・ハハハハハ」
師匠:「こいつのこと教えて」 松本:「でたぁ・・・、はぁ、腹立っつわぁ」
千葉県 大森政信 画
松本:「チッ、こいつなぁ・・・・、あのねぇこいつねぇ、ま、まだ     子供やけどねぇ」 松本:「こいつはねぇ、よ〜〜いじめられたよ、・・・しょっちゅう     エアガンで打たれてたからね、     「もぅ、やめて〜や、やめて〜や」     ゆ〜てんねんけどね、     「も〜、せ〜へん、も〜せ〜へん」     ゆ〜て、また打たれて、うん・・・、う〜ん、     「その痛がり方がハラたつ」     ゆ〜てまたいじめられて、・・・ハハハハハ」 松本:「こいつなんやろな」 松本:「ま、家はねぇあの、そんなに金持ちやないわな、うん・・・、     ま、兄弟多いからね、うん・・・、うん、金持ちではないな、     うんっ、金はない、正直貧乏ですよ・・・、えぇ、ギリギリ     修学旅行いかれへんかったみたいなところやね、うん・・・、     ハハハ、行けたじゃなくて行かれへんかった方やね」 松本:「こいつ何やろな・・・、こいつねぇ、ま、今小学校ぐらいや     けどね」 松本:「中学の終わりぐらいでね・・・、死ぬね、・・・ハハハ、     「知ってる!? あいつ死んでんで」     「うそぉ!?」     ・・・ハハハハハ、まぁ、何で死んだか、もひとつはっきり     分かれへんみたいなとこやねんけどね、何か・・・、あれや     ろね、うん、色々考える事があったんやろね、じぶ、自分で     死んだんかどうかは知らないっすけどねぇ」 松本:「う〜ん、こいつは、まぁまぁ、まぁ・・・そんなにいい人生     ではなかったねぇ・・・、う〜ん、何やろな、こいつ」 松本:「こいつねぇ、そう、こいつはねぇ・・・、目があんまり良く     ないんやけどねぇ、ま、こんなんやから1番前には座らせて     もらわれへんのですよね、うん、・・・ハハハ、4番目位に     座らされてねぇ、で、またいじめられるんですよねぇ、うん」 松本:「こいつ何やろな、あの・・・頭がね、あれがすごいですよね、     こいつ何やろな・・・、こいつはねぇ、あっ!」 松本:「こいつねぇ、あの〜先生にね、     「大きなったら何になりたい」     ゆ〜たらね、いや、ア、アホやのに、アホのクセにね、よ〜     わかってへんクセに、     「警察官ッ!」     とか言いよるんですよ・・・、     「カッコええもんっ!」     とかゆ〜てね、うん・・・ハハハハハ、えぇ、その頃自分で     死ぬとは思てへんかったからねぇ」 松本:「うん・・・、うん、ハハハハハ」
師匠:「日本語で返そう」 相手:「(早口、ハスキー、中国語?)シャウニッチャウニムツオウ     ダッ、シャチャウチェウツモウゲンズモノコツァショコザン     ションホナ、ナモホザイボコイホコイシャインツァイギナ、     イデンタンホコイドンホンイオツォイドゥオイナオイシュホ、     ニーガイチャンダイイオタンッイオプーアイタンイオチーコ     ーライレンシューシャン、ナモホアシャーシュショ、イーソ     イカナイレンソーホア、インカナイレンニーカチャチャンソ     イーソイニーポイチャターチューニーポイチャドポカァナイ     レンットポカアナイレントコチョニーチャ」 松本:「ほな、お前からさき送ったらええねやろッ」 松本:「(怒った振り)・・・、ハハハ・・・ハハハハハ」 制作著作 フジテレビ こいつ、一人ごっつ 終