HITOSHI MATSUMOTO
一人 ごっつ(’96・11・6)


松本:「師匠は、あの・・・」
埴輪顔の大仏(以下、師匠)(声:ザ・テレビジョンに答えあり)
  :「うん」
松本:「・・・何でしょう、ちょっと、こ〜歌とかね」
師匠:「ふんふん」
松本:「そんなん、作れます?」
師匠:「あ、それは・・・笑いと同じぐらい得意やな」
松本:「あ〜、そうですか?」
師匠:「うん」
松本:「あ、ホンマですか?」
師匠:「ホンマホンマ」
松本:「じゃあ、あの・・・おもしろい歌を」
師匠:「ふんふん」
松本:「え〜・・・、ほんじゃあ、「ろうそく」の歌」
師匠:「あ、「ろうそく」な?」
松本:「はい」
師匠:「・・・」
松本:「歌って頂きましょう、「ろうそく」」
師匠:「・・・とけぇるぅぅぅ〜、ろぉぉぉぉ〜」
松本:「アハハハハ」
師匠:「とける、ろぉぉぉぉぉ〜」
松本:「ハハハハハ」
師匠:「ありがとうごさいました」
松本:「師匠っ、おもろいっすねっ」
師匠:「・・・な?」
松本:「今初めてホンマに笑いましたわ」
師匠:「フフフッ、ま、メロディーつくとな、ワシ得意やから」
松本:「アハハッ」
師匠:「だいたい、そういう音曲の方やから、ワシ」
松本:「あぁ〜」
師匠:「うん」
松本:「今の、」
師匠:「昔、音曲やっとったからな」
松本:「あっ、やっと何か、こう・・・」
師匠:「心通じあえたかな」
松本:「はい、そうですね、師匠っていう感じしましたね」
師匠:「うん」
松本:「はい」
師匠:「・・・よかったよかった」
松本:「はい、じゃまた、ちょいちょい歌うたってもらいますんで」
師匠:「OK、OK」
松本:「じゃあ、行きますね?」
師匠:「はい」
松本:「はい」
師匠:「ほんなら、今日も・・・、え〜リズムに乗って」
松本:「はいッ」
師匠:「・・・」
松本:「ありがとうございますッ」
師匠:「うん、行こうッ」
松本:「はいッ」