アムステルダム市立美術館

2016年2月21日日曜日

次はアムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)。

トラムに乗るまでの途中、花市場を通過。チューリップに限らず花の球根や種、花そのものも売っている店が通りにずらっと並んでいます。こんなに集まって誰が買っていくんだろう。

花市場

花市場

ってことで途中からトラムに乗り、美術館到着。

アムステルダム市立美術館

アムステルダム市立美術館


こののっぺりした建物は本体ではありませんで、裏側にクラシックな本体がくっついています。

ここは近現代の美術館で、20世紀から以降の絵が集まっています。有名画家の絵もとても多くなかなか充実しています。

ここも当然ミュージアムカード対象で、チケット売り場に並ぶ必要は無くて入場口でバーコードを読んでもらうだけです。

ではめぼしいところを。作品タイトル書くのめんどくさいので割愛。

ピカソは一部屋使って展示。

ピカソの作品

ピカソの作品


モンドリアンは数点ありました。
モンドリアンの作品

モンドリアンの作品


ルドンは3点ありましたがどれもいい感じ。
ルドンの作品

ルドンの作品


シャガールの作品

シャガールの作品


セガンティーニの作品

セガンティーニの作品


ゴッホの作品

ゴッホの作品


現代美術の作品もありますが、知ってるのは3人くらいです。
ステラの作品

ステラの作品


リキテンシュタインの作品

リキテンシュタインの作品


ウォーホルの作品

ウォーホルの作品


あと、企画展でIZA GENZKENって人の作品がどっさり展示されていました。よくわかりませんでしたけど。
IZA GENZKENの作品

IZA GENZKENの作品


ってことで、かなり良かったです。個人的にはルドンとセガンティーニの作品を見れたのが嬉しかったな。

滞在時間は1時間20分くらいでしたが、絵を見るだけだと1時間くらいか。現代美術や企画展はちゃんと見てませんが。

ってことで本日はこれにて終了。

Leave a Reply

(This site is protected by Akismet)