Archive for 5月, 2016

マイナンバーカード

2016年5月30日月曜日

今日会社休んだのはマイナンバーカードをもらいに行ったからでして、チャリで区役所へ。

写真入り身分証明が必要なときは運転免許証があるのでマイナンバーカードなんて特に必要は無いわけですが、とりあえず申し込んであったのでもらいに来いという通知が来たからにはもらっておこうと言うことで。

区役所へ行くのは久しぶりですが、なかなかおもろいですな。60代くらいのおっさんは声でかいから嫌でも話し声が耳に入ってくるのですが、「1枚書類出すのに何時間待たせるんや!」とぶち切れてるオヤジとか「今日刑務所から出てきたんやけど・・・」とか。

マイナンバーカードはそんなに待たずに受け取れたのですが、暗証番号とパスワードを自分で入力する必要がありまして、パーティションで仕切られたブースに座らされてタブレットで入力するようになっています。

サーバは当然国が管理しています。で、問題が。日本中からパスワードが送られてきて処理能力が追いつかずよくサーバが落ちるそうで(どんだけレベルが低いところがやっとるんだか・・・)、パスワードを送信する時にサーバが落ちたらカードが使えなくなっちゃうそうで再発行になってしまって2週間ほど後にまたもらいに来ないといけなくなるとのこと。「あなたの前の人がそうなっちゃったのであなたラッキーだわ。」と言われました。もうグダグダですな。

ということで、すぐに必要がない(今のところはパスポートや運転免許とか持ってなくて顔写真入りの身分証明書が必要な人くらいですか)人は急いで受け取らないでいいと思います。

通知には受取期間が書かれていますが、受け取りが遅れても全然問題無いとのこと。対応は自治体によって違うかもしれないのでとりあえず問い合わせた方がいいと思いますが。

で、区役所には真田丸の復元模型が置かれていました。もうすぐどっかへ行っちゃうようですが。

真田丸復元ジオラマ

真田丸復元ジオラマ

今日は有休もらいまして、まずは大阪歴史博物館へ。

大阪を中心に活動した人の工芸作品の展覧会です。

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館

こういう展覧会だと清水三年坂美術館の所蔵品がそれなりに出てきますが、そんなに多くもありませんで、個人蔵も多いのでこういうテーマの展覧会が今後見られるかというと当分見れないと思うので明治期の工芸好きなら見ときましょうって感じですが、そんなにおすすめってほどでもありません。

宝積寺

2016年5月29日日曜日

次はアサヒビール大山崎山荘美術館のお隣にある宝積寺へ。お隣と言っても入口が隣にあるわけではないのでかなりきつい坂をちょっと登ります。美術館からだと敷地の横手から入ることになります。

この写真は帰り際に撮った正面から。

宝積寺

宝積寺


ここも行基さんが開いたと言われています。

宝積寺はいわゆる「天王山」の語源になった山崎の戦い(秀吉vs光秀)で秀吉が本陣を敷いたところだそうな。

拝観料400円ですが、美術館の半券を提示すれば100円引きです。

客が少ないので閻魔堂はおばちゃんがカギを開けてくれて私一人で拝観。

国宝はありませんが、三重塔や多くの仏像が重要文化財に指定されています。閻魔堂の5体はなかなか見応えありました。

ってことで、サクッと帰宅。

今日は大山崎に行ってきました。まずはアサヒビール大山崎山荘美術館。

天王山の麓にあります。麓と言ってもちょっと登りまして、かなりきつい上り坂を登りますので駅から大した距離ではないのに駅から無料のシャトルバスが出ています。高齢者優先ですが。

大山崎と言えばサントリーですが(有名なウイスキーの山崎はここのこと)、ここはアサヒビールです。なんでかの詳細はオフィシャルサイトに書かれていますのでそっちでどうぞ。

ってことで私は普通に徒歩で。

アサヒビール大山崎山荘美術館

アサヒビール大山崎山荘美術館


山荘ですが、安藤忠雄設計の展示室が2つくっついていまして、絵画作品はそっちに展示されています。大きくないので点数はかなり少なめ。でも展示されているのはピカソ、モジリアーニ、ゴッホ、クレー、シャガールとかのそれもいい絵が多い。集めた人はアサヒビール初代社長だそうですが、なかなかやるなって感じ。

展示は5日までなのでもう終わっちゃいますな。

ということで次。

ついに地上の柱が立てられました。

南海会館ビル20160526午前

南海会館ビル20160526午前


テントがあるのは立柱式ですかね?すぐに片付けられてたので。クレーンの柱の向こう側が見えませんが、周囲にまだ立てられてない柱が3本あるので立ってるのは1本だけだと思います。

午後には4本まで立てられていました。

南海会館ビル20160526午後

南海会館ビル20160526午後


新しい階段も今日の午後から使えるようになっていました。

今回の遠征最後は渋谷に行きまして、Bunkamuraでの浮世絵の展覧会です。

Bunkamuraザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアム


タイトル通り、歌川国芳と歌川国貞の作品だけの展覧会です。ボストン美術館所蔵ってことで、状態が良いのはお墨付き。

国貞は当時一番人気だった絵師らしいですが、インパクトのある絵は少ないです。

国芳は単独の展覧会も頻繁にやるくらいの人気なので見たことのある作品もそれなりにあってこれは見とけって感じの作品はそう多くないですが、状態が良いので浮世絵ファンなら見ときましょう。6/18から神戸にも巡回します。

ってことで、夕方までまだ時間はあったのですが、サクッと羽田に行きまして、マイル使ってたので早めの便に変えてもらってサクッと帰宅。

ルノワール展 @国立新美術館

2016年5月22日日曜日

次は近所の国立新美術館でのルノワール展。

ルノワール展

ルノワール展


正式タイトルは「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」ですが、オルセー美術館から大量に借りていまして、オランジュリーのはあまりありません。でもオルセーはこれだけ貸してもびくともしませんな。

ルノワールの代表作のムーラン・ド・ラ・ギャレットが初来日です。私はオルセーで見てるのですけども。

他にも有名作品が何点か来ています。「都会のダンス」と「田舎のダンス」が並べて展示されてますがとてもいい感じ。

まぁまぁ混んでいましたが、並ぶこともなく、見にくくもありませんでした。

と言うことでルノアールのいい絵がいっぱい見れるので印象派好きなら必見です。

ってことで次。

大阪高島屋の方の記事はこっちです

23時頃に寝て8時頃まで爆睡しまして、9時頃チェックアウトしてマクドで朝飯食って六本木へ。

サントリー美術館での浮世絵の展覧会です。開場ちょっと前に着いたら結構並んでました。でもそんなに混んでなくてじっくり見る余裕はありました。

サントリー美術館

サントリー美術館


原安三郎と言う人のコレクションの展覧会で、歌川広重の六十余州名所図会と名所江戸百景が中心。

六十余州名所図会は全期間全部展示されていて、名所江戸百景はゴッホが模写したのとかで知られる作品などの有名作品だけ全期間展示で残りは前期後期で半分ずつ展示。六十余州名所図会はほとんど見たことがなかったのでまとめて見れたのはとてもありがたい。この二つとも初摺のしかも早いうちだそうで、とても状態がよくて素晴らしい。

葛飾北斎の千絵の海も全10点をまとめて展示しています。

全てに解説付きなので(準備はかなり大変だったろうな)じっくりは読んでいませんが1時間半ほどかかりました。図録買いました。図録だと六十余州名所図会と名所江戸百景の両方コンプリートしているので。表紙入れて500ページ。

ということで、浮世絵好きなら必見。これだけ状態の良いのはなかなか見れないと思います。六十余州名所図会も一気にコンプリート出来るしね。東京に住んでたら名所江戸百景をコンプリートするのに前期後期両方見てただろうなぁ。

大阪など何カ所か巡回するそうですが、大阪は高島屋なんだよね。いつもの会場を拡張したとしても同じ規模で出来るとは思えないなぁ。(追記 展示総数はほぼ同じようです。サントリーと同じく前後期に別れていますがサントリーと同規模かどうかは不明。チケット代は安いのでお得かな。ちなみにアサヒメイトでタダ。)

で、メインイベント若冲展です。動植綵絵+釈迦三尊像33点一挙に展示と言うことで話題になっています。その他も有名作品ばかりです。

16時25分頃に現場に着きまして(入場締め切りが17時)、最後尾のプラカードは90分待ちとなっていました。余裕で3時間超えという情報を目にしていたのでそれよりはだいぶましな状況。

17時までに並べば絶対に入れますということなのですが、最後の人が入場した時点から30分しか見れないのでせめて1時間は欲しいなと言うことでこの時間に並ぶことにしました。

東京都美術館

東京都美術館


待っている時におばちゃん達が開催期間が短いよねと言う話をしていましたが、国のお達しで保護が必要な国宝重文クラスの美術品は年間30日までしか見せれないのですよと言う話をしてあげました。動植綵絵をまとめて展示するとなるとこうなっちゃいますな。

行列はわりとちゃきちゃきと進みまして、結局1時間ちょっとの待ち時間で入場。既に2箇所廻ってきていたので体力的にはだいぶ助かりました。

若冲展 入口

若冲展 入口


で、入場。中はえらい人で酷いところは6重くらいに人が重なっていました。今まで見た展覧会では最悪かも。でも身長の高いのが幸いし、ある程度はちゃんと見れました。こういうときとライブの時は背が高くてよかったと思います。背が高くなかったらよかったのにと思うのは飛行機の普通席に座る時くらいだけど。

動植綵絵は初めて見ました。これ見たかったので並ぶの覚悟で来たわけですけども。宮内庁所蔵と言うことで国宝指定されていませんが、確実に国宝クラスです。マジ凄いね。

淀川沿岸を描いた乗興舟も全部展示してました。長い巻物なので今まで一部しか見たこと無かったんでこれもよかったな。

プライスコレクションの鳥獣花木図屛風は見たことあるのでかぶりつきでは見ずにさらっと流したりして結局1時間ほどで退散。

ということで、晩飯食うのにぶらぶらホテルの方向に歩いたのですが、下谷神社の近くでインドカレー食いました。なかなかうまかったです。

東京国立博物館 常設展

2016年5月21日土曜日

次は東博へ。特別展もやっていましたが時間の都合とかテレビで見たので十分かなと言うことでパスしまして、常設展だけ。上野に来たら東博の常設展は短時間でも外せません。

法隆寺宝物館では国宝の聖徳太子絵伝が展示されていました。初めて見ました。なかなか見れないのでラッキー。

東京国立博物館 法隆寺宝物館

東京国立博物館 法隆寺宝物館

本館では並河靖之の作品が2点見れたのが収穫。他にも柴田是真、酒井抱一、俵屋宗達の作品もありました。

ってことで次。

今日明日と美術展ハシゴで東京遠征です。

去年今年とマイル使っての上京なのですが、GW中を外すと必要マイルが少なくて済むのですが、GW前だとルノワール展が始まってなくて、先週アメフトを見たかったので結局今日明日になってしまいました。若冲展の会期末は避けたかったんだけどなぁ。混むのわかりきってる展覧会は早めに行くに限るので。もし来年似たような状況になったらマイル惜しまずGW中にしよう。

11時30分伊丹発のJALで羽田へ。サクッと着いて上野へ。若冲展は入場終了時間の30分前くらいを狙うつもりだったのでまずは国立西洋美術館へ。そういえば世界遺産確定ですな。外観を写真に撮ってる人が多かったです。

国立西洋美術館

国立西洋美術館


カラヴァッジョ展です。11点が来日しています。カラバッジオは400年ほど昔の人で、現存作品数は60点ほどしか残っていませんで、そのうち教会の祭壇画のように移動不可能なものも多いので11点来日というのはかなり凄いことで、こういう機会は当分ありません。代表作とも言えるバッカスがウフィッツィ美術館から来ていまして、よく貸してくれたなと言う感じ。

ってことで必見。遠征しろとまでは言いませんけども。6/12まで。

常設展も見ました。版画素描展示室の企画「描かれた夢解釈――醒めて見るゆめ/眠って見るうつつ」が大物揃いでよかったです。ドラクロワやルドンが結構多く展示されています。レンブラントとかも。これも12日までなので、ついでに是非。

南海会館ビル新築工事

2016年5月19日木曜日

連日の更新ですが情報が来たので。ま、建設そのものにだけ興味がある人にはどうでもいい話なんですけど。

1階床のコンクリート打設中。

南海会館ビル20160517

南海会館ビル20160517

打設完了。これで地上の鉄骨が組み上がる準備完了なのかな?

南海会館ビル20160518

南海会館ビル20160518

で、情報ですが、やはり新しい階段は工事予定地近くの階段の代わりとして作られたようで、一時閉鎖のお知らせが掲示されていました。閉される階段、エスカレータ、エレベータは上の写真では右下隅近くになります。ほんとの右下隅は新しい階段の入口ですけど。オーバーハングするように作るんだからしゃあないかな。

階段閉鎖のお知らせ

階段閉鎖のお知らせ


この掲示には載っていませんが、閉鎖期間は再来年(平成30年)の9月頃までとなっています。よく使う階段なのでめちゃ不便。ま、新しい階段じゃなくて換気塔の南側の階段使えば10秒くらいしか違わんのだけどね。
閉鎖予定の階段とエスカレーター

閉鎖予定の階段とエスカレーター


もしかしたらこの階段が復活する頃にはこの階段は使わないかもしれないしねぇ。つまりこの建設ウオッチ自体ができなくなるってことですが。

南海会館ビル新築工事

2016年5月17日火曜日

ちょっと間が開きましたが今月分。

北半分の地下階の鉄骨が組み上がり始めました。

南海会館ビル20160413

南海会館ビル20160413


南海会館ビル20160418

南海会館ビル20160418


南海会館ビル20160502

南海会館ビル20160502


南海会館ビル20160509

南海会館ビル20160509


南海会館ビル20160512

南海会館ビル20160512


他は特に書くこと無し。

なんばCITY東ビルが完成していました。

なんばCITY東ビル20160422

なんばCITY東ビル20160422


以前は1階にコンビニやチケット屋があって昔は上階によみうり文化センターなんかが入っていたはずですが、新しくなって店舗は携帯グッズショップがあるだけでメインはなんばCITYの地下への入口です。この動線はなかったよね?結構便利ですな。
なんばCITY東ビル20160427

なんばCITY東ビル20160427


上の階は駐輪場となっています。これを書き込んだ日にはもう運用されているはず。

今日はアメフト観戦で京都へ。今日も京大農学部グラウンドです。毎年5月15日は葵祭の日ですが、久々の休日開催ですが早く家を出る根性が無くて断念。祭の後半は試合と重なってたので見れませんでした。

立命戦と言うことで大盛況でチケット買うのに並びました。ま、数分だけど。スタンド席は当然売り切れててまたフィールドに座って観戦。

京大農学部グラウンド

京大農学部グラウンド

試合は完敗。前半は差はあまりつきませんでしたけど、立命がキック失敗しまくってただけだしねぇ。

立命はRB西村君が出てなかったこと以外はほぼベストメンバーだったのかな。ま、西村君がいないと言うことが戦力的に全然違うんですけども。西村君はリターナーでは出てて圧巻のリターンTDを見せていましたが。

DLの植村君と草野君はだいぶ頼もしくなってきましたが、それよりもディフェンスはやはり今日のように3-4の方がだいぶ安定してる印象。しかし秋に立命のRB西村君を試合通じて抑えられるのかというと疑問。それくらい西村君の能力が高い。

懸案のCBのパスディフェンスですが、#11は2年生の時から試合に出続けてるのにボールを見ない癖が治っとらんので今後も期待薄。アスリートの資質は高いんだろうけどねぇ。今日の最初の立命のTDは彼の所をぶち抜かれてましたが、これはボールを見る見ないの問題じゃなくて抜かれてただけだけど。#14は去年もちょっと出てて当時からボール見て守れてたと思いますが、既に4年と言うことでアスリートとしての能力で今までスタメンになれてないんだろうか。

オフェンスはシリーズ最初にランして次がパスでってのを延々と続けてるようじゃドライブのノウハウも蓄積されんでしょ。秋には本気出すってか。

QB田中君はかなりの乱調でボロボロと言っていい状態。毎日練習してるグラウンドなのにこれだと先が思いやられますな。2週前の山本君の方がよかったと思いますが、なんで1試合まるまる一人に任せてしまうんでしょうかね。今日も途中から変えるべきだと思いましたけど。

ってことで今日も特に光明は見えなかったのでした。ま、入れ替え戦まっしぐらってことはさすがにないと思うけども。

次はバスに乗りまして(バスだけは土日の方が急行便の便数が多いので便利なんだけど)、京博へ。最後尾の椅子に座ってたんだけど清水寺辺りでどどっと外国人客が乗ってきたので降りるときに苦労しました。

着いた時点で18時を回っていましたが、今日は金曜なので特別展は20時まで開館なので余裕。

禅をテーマにした展覧会です。

特別展ですが、本館が閉鎖中なので(耐震工事が行われるそうだけどまだ始まってません)新館のほぼ全部のエリアを特別展の方に使用していまして、新館は本館よりかなり広いので去年の琳派展に続いてかなりのボリュームです。

京都国立博物館

京都国立博物館


雪舟の慧可断臂図が3日からの展示と言うことで狙って今日にしました。慧可断臂図は京博に寄託されてるのでたまに見れるそうなんだけど情報見逃したりして見れてなかったので。

禅と言うことで達磨の絵がかなり多いですが、慧可断臂図のある辺りからの後半の絵画や仏像がかなりよかったです。 伊藤若冲の竹図とか長谷川等伯の竹林猿猴図屛風とか。長谷川等伯自身は日蓮宗の信者だったりしますが、相国寺の所蔵品なので展示されています。

ということでなかなかお奨めです。

京博東博奈良博はパスポート(京博か奈良博で買えば3100円で特別展が6回見れますが、有効期間は1年。)が使えるのがとてもありがたいですな。500円だもんね。常設展は見放題だし。

点数がかなり多いので1時間半以上いました。

ってことで5箇所まとめて見てしまいました。2日掛かるかなと思ってましたが1日で終了。

京博の近所って一人でふらっと晩飯を食える店ないのかな?結局大阪に帰って京橋で食いました。