Archive for the ‘旅行/お出かけ’ Category

「怖い絵」展 @兵庫県立美術館

2017年7月22日土曜日

今日は展覧会を見てきました。今日から始まった「怖い絵」展 です。

兵庫県立美術館

兵庫県立美術館


美術関連の著作としてはかなりヒットした「怖い絵」を書いた中野京子ってひとが特別監修となっています。中野京子って人はこれ関連でテレビで何度も出てたりするんでこの展覧会もわりと話題になっています。本で紹介されたのを全部集めるのは至難の業なのでちょっとだけみたいですけど。

ってことで、金土は夜8時までやってるんで空いてそうな遅めの時間にやってきました。ここっていつもそんなに混んでない印象ですが、わりと人がいました。でも絵の前で渋滞してて空くのを待つことはほとんどなくてわりと余裕ありましたけど。

怖い絵と言うことで、何が怖いのかわからんといかんので全作品に短い解説が付いています。いくつかは中野さんの解説がさらに追加されています。

国内の作品は版画などが多いですが、実はこういう版画って常設展示されてないのでなかなか見る機会がないのでわりと貴重な機会です。私の好きなムンクのマドンナとかも展示されています。

約80点となっていますが、シリーズものもまとめて1点とされていて、実数で言うと100点以上あったかと。

細かい絵が多く、しかもそういう絵の多くは足下にガードや線引きがなくて絵にかなり近づいても怒られなかったりするのでかぶりつきで見てる人が多かったです。ということで、今後混んでくるとかなり見るのが大変になるかと。

今回の目玉作品がポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」で、これが前評判通り素晴らしい。でも昔ロンドンで見てたのかもしれんけど全然憶えとらん。

セザンヌの「殺人」と言う絵が印象深かったです。セザンヌってこんな絵も描いとったんだと。

今回、前期後期に分かれていますが、入れ替わるのは1点だけです。どっちもムンクです。

ってことで、普段は展覧会でも1時間も掛からず見ちゃうんだけど、今回は全作品解説付きってこともあり出口出てからの映像含めると1時間45分くらいかかりました。

と言うことでなかなかおもしろかったです。混みそうですし、混んでるとかぶりつきで見るのが難しくなるので空いてる時を狙って早めに行きましょう。

今年度は友の会会員なので常設展と県美プレミアムの方もざっくりと見ました。青木千絵展「漆黒の身体」ってのをやっていました。

青木千絵展「漆黒の身体」

青木千絵展「漆黒の身体」


全部漆を使った作品で、なかなかおもしろかったです。これだけ漆を使うってのは金かかってるなぁ。

旧奈良監獄からの帰りはぼちぼち歩きまして、途中、転害門(てがいもん)の横の観光案内所で休憩。東大寺大湯屋の公開は3時30分受け付け終了ってことで当然間に合わないので断念。7月いっぱい公開だけどもうまたいつか見れたら来ようって感じになってます。

で、そのまま徒歩で奈良博へ。恵心僧都源信にちなんだ展覧会です。往生要集を書いたので有名だそうな。確かに名前は全然馴染み無かったですが往生要集の存在は知ってる。

実は既に発行が終了した(1年有効なので私のはまだ有効)パスポートを使いたくなくて今回見に来ないでおこうかなとちょっと思っていたのですが、なんとアサヒメイトで無料と言うことで見ることに。

奈良国立博物館

奈良国立博物館


前半が地獄、後半が極楽って感じの展示になっていて、仏画が多いため前期後期で展示がごっそり入れ替わるのですが、前期の目玉は国宝の六道絵(聖衆来迎寺所蔵)の15点全部公開。

六道絵の詳細はググっていただければと思いますが、グロい描写が多い絵ですが、絵のレベルも凄く高いのよね。鎌倉時代の絵なので多少見にくい上に多少離れてるのでパピリオ使ってじっくり見ました。

絵画には国宝の展示が結構あります。

ってことで、見に来ないつもりだったのですが、見逃さなくてほんとに良かったです。アサヒメイト様々ですな。

後期には国宝の病草紙も2回に分けて展示される予定になっているのであと2回見に来ないと。

ってことで、閉館ギリギリまでいました。

博物館の前では鹿が集合してました。ここが涼しいのだろうか。春日大社の辺りの方が涼しそうだけど、あっちじゃ鹿せんべい食えないしなって感じか?

奈良国立博物館前に集合した鹿

奈良国立博物館前に集合した鹿


祇園祭の宵山でも行こうかなと思ったけど旧奈良監獄の3時間強が過酷だったので断念。ちなみに転害門の近くに八坂神社があったんで代わりにそっちでお参りしときました。

帰りは「みむろ」を買って電車の中で食いました。さすがに全部じゃないけど。

今日は奈良へ。旧奈良監獄の見学会があると言うことで。ホテルになることが決まっているため最後の見学会です。3月まで少年刑務所として使われていて、5月31日まで使っていた施設(拘置監という裁判中の人の収容施設)もあるため、ここまで公開範囲が広いのは最初で最後とのこと。

で、公開時間が13時、14時、16時と言うことで(15時が説明委員付で事前応募)、13時に間に合うように近鉄奈良駅に12時20分頃に着いたのですが、その時点でバス乗り場が長蛇の列。しまったと思いました。

で、こんなの待ってられんと言うことで、並ぼうとしていた人たちにタクシー相乗りしませんかと声を掛け、タクシー乗り場に並んだのですが、これがまた連休中日と言うことでタクシーもなかなか来ませんでした。で、何とかタクシーに乗りましたらタクシーの運ちゃんが年季の入ったおもしろい人で、バスと同じルートだとめちゃめちゃ混んでそうだと言うことで抜け道通ってくれたりして(許可書持ってるので東大寺の戒壇院前とか通ったりしてくれて)わりとスムーズに着いたのですが、乗るまで時間が掛かってしまったこともあり13時は回ってしまっていました。

着いた時点で当然行列はできているわけですが、想像を遥かに超える長蛇の列。野球場使ってましたが、ロープすら無い。受け入れ側も全くの想定外だったようです。

旧奈良監獄の入場待ち行列

旧奈良監獄の入場待ち行列


こんだけ人がいるのに係員は列の最後尾にいるだけというかなり危険な状態。並んでる人同士で何とかしろって感じになっていました。諦めて帰った人もかなりいたようです。

13時、14時、16時と言う時間を区切った公開には当然なっておらず、どんどん入れていましたが(実際は開始を早めて12時開始だったようです)、しばらくの間は行列が伸びる速度の方が速かったようです。

で、私の方は1時間40分くらい並んで15時前にようやく中に入れました。

レンガ造りになっている建造物は塀も含め全て重要文化財となっています。

旧奈良監獄

旧奈良監獄


入場した時点で水分補給したい人とかもいるだろうってことでわりとほったらかし状態になりましたが、正面の建物内に入ってしまうとそのままルートに沿って最後まで見ることになりました。
寮の廊下

寮の廊下


中央看守所

中央看守所


見学ルートが途中で変更になり、この拘置監は途中で行けなくしていて私はラッキーにも何とか見れたのですが、最後まで見れないままだったんだろうか。
拘置監

拘置監


こういう庭も何カ所かありました。蓮池もあったり。
旧奈良監獄内の庭

旧奈良監獄内の庭


江戸時代の牢屋も保存されていました。
ギス監獄

ギス監獄


帰りに撮った表門
旧奈良監獄表門

旧奈良監獄表門


暑くて大変だったので丁寧には見ませんでした。でも50分ほど掛かりましたけど。

ってことで、こういう機会は滅多に無いので見れて良かったです。ちなみにサンフランシスコのアルカトラズ島には行ったことありますけど。

去年は海外旅行に行ってたので見れなかった近所の神社の夏祭りを覗いてきました。昼と夜に行ったので写真が昼夜混じってますが。

まずは比売許曽神社(ひめこそじんじゃ)。夜は賑やかでした。

比売許曽神社

比売許曽神社


次は御幸森天神宮。ここが一番露店が多くて賑やかです。
御幸森天神宮

御幸森天神宮


最後に彌榮神社(やえじんじゃ)。
彌榮神社

彌榮神社


ここは境内は静かなもんなのですが、鶴橋から桃谷に至る生野区側を地車で曳行してます。私の自宅は天王寺区ですけど、ギリギリルートに入ってます。
彌榮神社 の地車曳行

彌榮神社 の地車曳行

難波八坂神社 夏祭り 2017

2017年7月14日金曜日

今日は会社帰りに難波八坂神社の夏祭りを覗いてきました。

難波八坂神社

難波八坂神社


最近外国人観光客にも人気になってきた獅子殿(獅子舞台)。こういうときに舞台として使われます。
獅子殿(獅子舞台)

獅子殿(獅子舞台)


動画もちょっと撮りました。

生國魂祭 2017 本宮 生國魂神社

2017年7月12日水曜日

今日は一旦帰宅してから生玉さんの夏祭りに行ってきました。確か去年までは「いくたま夏祭」だったはずですが、正式に「生國魂祭(いくたままつり)」となったんでしょうか。よくわかりません。

行事はいろいろありますが、ここは日程が7/11,12で決まっているので昼間の行事はなかなか見れませんが、チェックしてないだけだったりして。

三津寺の見学の時に初めて知りましたが、住吉さんも生玉さんも明治の神仏分離令の前までは神仏習合でどっちかというとお寺の色が濃かったらしいです。

ということで、神輿のところから見ました。ついに照明搭載。

生國魂祭 御神輿

生國魂祭 御神輿


今年はわりと良いポジションで見れたので枕太鼓が突っ込んでいくところを横から撮れました。

今日も三宝屋でベビーカステラ食いました。200円だけど。

今日は天下茶屋にある天下茶屋の聖天さんと呼ばれてる正圓寺に行ってきました。仏像の公開と言うことで。正圓寺の一般公開は初だそうです。神仏習合をテーマに大阪市が企画した特別公開の一環です。

14時半過ぎに着いたらかなりの盛況でした。

正圓寺

正圓寺


聖天さんとは歓喜天のことで、インドのガネーシャが伝わったものだそうで、頭が象で身体が人間の姿をしたものが多いそうです。ここの本尊の歓喜天は絶対秘仏ですが、本尊じゃない歓喜天は公開されていました。全体的に人型の歓喜天もありました。

頭が蛇の天川弁才天とか、今まで見たことない仏像ばっかり。どれも江戸時代のものでそう古くはないのですけど、珍しいだけじゃ無くて仏師の技術レベルもめちゃ高かったです。

荼吉尼天(だきにてん)騎狐像ってのは初めて見ました。これは他に無いわけではないようですが、キツネに乗った弁天さんって感じの像です。ネットで検索すると出てくるのよりももっと複雑で、弁天さんなので頭には宇賀神が乗ってます。

童子形男神立像(作例が他に無いため具体的な名前になってない)は亀の上に乗って弓を持った像でした。

いや凄かった。公開は明後日火曜日までですが(13-16時まで。15時半で受付終了)、仏像好きなら必見レベルと思います。参加者がこんなに興奮してる秘仏公開は初めてです。参加者の中には数年前に見仏記で見て以来ここをずっと見たかったと言ってた人もいました。

ちなみにいろいろ照明とか用意してたからかブレーカー落ちまくりで何度も停電してました。

行きは地下鉄天下茶屋から行きましたけど、帰りは北天下茶屋(これが最寄り駅)から恵美須町まで阪堺線に乗って帰りました。この路線は乗ったことなかったんで乗っときたいなと。

今日は大阪市が企画したミニ展覧会に行ってきました。北浜にある辰野ひらのまちギャラリーって言う小さい会場です。

辰野ひらのまちギャラリー

辰野ひらのまちギャラリー


展示数はかなり少なかったですが、住吉大社が神仏分離で神社だけになっちゃう前にあった寺の所蔵品などが展示されていまして、仏画(神像含む)が多かったです。作例が他に無いものも何点かあってかなり興味深かったです。入場料は資料代として100円。

説明してくれたのが三津寺の公開の時と同じ人でした。

来週(7/9(日)~7/11(火))は今日も仏画がいくつか展示されていた正圓寺が公開だそうです。

愛染まつり2017

2017年6月30日金曜日

今日は会社帰りに愛染まつりに行ってきました。毎年6/30-7/2で、今年は金土日といい並びなので会社帰りに寄らなくても良かったんやけど。

愛染堂

愛染堂


この3日間だけ開帳の大日大勝金剛尊は明るかった分きれいに撮れました。
大日大勝金剛尊

大日大勝金剛尊


今年は露店の数がちょっと減りまして、混雑が酷すぎる場所の露店が減らされて歩きやすくなってました。谷町筋沿いは2列になってる部分は1列だけに。くまなく歩こうとすると混雑するからかな。

今年はいろいろ食いました。250円の広島風お好み焼き、300円の焼きそば(ソーセージ&目玉焼き入りの豪華版)、唐揚げ(300円)、三宝屋のベビーカステラ(一番安い200円)とチープに攻めました。

アメフト前に見ようと思っていた展覧会ですが、試合後何とか間に合いそうだったのでタクに乗ってやってきました。

京都国立近代美術館です。京都市美術館の向かいにあります。平安神宮のでかい鳥居のところね。

京都国立近代美術館

京都国立近代美術館


ヴァン クリーフ&アーペルはフランスの高級宝飾品メーカーで、その展覧会です。で、私の目当てはそっちじゃありませんで、京都国立近代美術館所蔵の明治期の工芸品も展示されています。三年坂美術館の所蔵品を見る機会は結構ありますが、京都国立近代美術館の所蔵品はほとんど見たことなかったので。

閉館1時間ほど前に着いたのですが、この時点でもかなり盛況でした。普通の美術展を見る人とは客層が違うんでしょうな。

工芸品は正阿弥勝義、並河靖之、安藤緑山など有名所の作品も多くてとても良かったです。ハイジュエリーも一応さらっとは見ました。

で、常設展というか、コレクション展も見てきました。デュシャンの「泉」が展示されていました。写真の右下が「泉」です。泉が作られてから100年の記念と言うことだそうです。ただの既製品の小便器なのですが、美術史上の重要な作品です。モネやルノワールがまだ生きていた頃に展覧会に便器を展示しようとして拒否されたと。

京都国立近代美術館 コレクション・ギャラリー

京都国立近代美術館 コレクション・ギャラリー


「泉」のオリジナルは現存しませんで、展示されていたのはいくつか作られたオフィシャルのレプリカの一つで京都国立近代美術館の所蔵です。ちなみにこの展示は今日まででした。特別展は8/6までです。

とうことで、予定は狂いましたが何とかリカバリーできてよかったです。

彦根眺城フェス @彦根城

2017年6月4日日曜日

今日は彦根に行ってきました。ブルーインパルスが来るってことで。彦根城築城410年祭は今年ずっと期間だそうですが、今日はブルーインパルスが来るってことで今日だけ彦根眺城フェスとなっていました。

ブルーインパルスが飛ぶのは13時からってことで正午頃に現地に着きまして、平和堂で食料調達したりしてぼちぼち現地に向かいまして、結局彦根城敷地内のメイン会場の金亀公園のグランドで見ることにしました。

彦根城

彦根城


メイン会場だったので解説の声も聞きながら見れました。午前中にムーディー勝山来てたそうで、解説の自衛隊の人もネタに使ってましたが、気づいてた人あまりいなかったかも。
ブルーインパルス

ブルーインパルス


ブルーインパルスは初めて見ました。機体同士がめちゃめちゃ近いのが凄いなと。メイン会場からはブルーインパルスと彦根城を同時にカメラに収めたい人が多かったようですが、そういうチャンスは訪れませんでしてブチブチ文句言ってる人もいました。城の反対側だといけてたかな。でもそれだと解説聞けないんだよね。

ということで、彦根に来たのも初めてなので彦根城も一通り見ましたが、人でごった返していたので彦根城に入るのに40分ほど掛かりました。

特別公開の櫓もとりあえず全部見て、大河ドラマが井伊家のお話なので関連の展示とかもやってました。

ひこにゃんも見れましたが、客とふれ合うって感じじゃないのね。ゆるーいパフォーマンスしてました。

ひこにゃん

ひこにゃん


ってことで、とりあえず全部見れて満足です。

不退寺

2017年6月3日土曜日

帰りに不退寺に寄りました。法華寺や海龍王寺も近くにありますが、そっちは行ったことあるので。

不退寺

不退寺


五大明王像がとても良かったです。

誰も来ないのかと思ったらちょこちょこお参りに来ていました。

ってことで、他には寄らず帰宅。

航空自衛隊奈良基地 基地祭

2017年6月3日土曜日

今日は奈良へ行ってきました。航空自衛隊の奈良基地の基地祭ってことで。

西大寺などからバスも出ていますが、私は新大宮から徒歩で。家族連れで賑わっていました。

奈良基地は基地と言っても滑走路などはありませんで、幹部候補生の学校がメインのようです。

退役済の古い機体などは常時置かれているようです。

航空自衛隊奈良基地

航空自衛隊奈良基地


祭ってことで、飛行展示として上空を飛んでくれます。午前がF-15JでごごがC-130H。私は午後しか見れませんでしたが。
C-130H

C-130H


資料館も見学できてなかなかおもしろかったです。

今日はおでかけ。まずは兵庫県立美術館へ。難波から阪神に乗ったんですが、乗り換えをミスって10分余計に時間が掛かってしまった。

ってことで12時半頃現地着。先週土曜から始まったベルギーの画家の展覧会です。タイトル通り奇妙な作品を集めた展覧会で、ヒエロニムス・ボスの時代の500年前から現代に至るまでの作品が展示されています。途中ごそっと抜けてる時代がありますが。

兵庫県立美術館

兵庫県立美術館


兵庫県立美術館は友の会というのがありまして、種別Bだと2000円で今年度の特別展が3つ見れるという超お得なものとなっておりまして、今後予定されてる「怖い絵」と「大エルミタージュ美術館展」を見る予定なのでその場で迷わず加入。サクッと入場。

去年現地で見たトゥヌクダルスの幻視が展示されてまして、チラシにも使われてます。

バベルの塔展でもピーテル・ブリューゲル(父)の版画が多く展示されていますが、この展覧会でも結構な数が展示されてまして、バベルの塔展とかぶってたりします。

近現代は国内所蔵品が多いですけどクノップフ、マグリット、デルヴォー、アンソールなどなど。

吊されたガイコツがティンパニーを頭で鳴らすという作品がありましたが、確か11時、12時半、14時、15時半、17時、18時半に実際に動くと言うことで、私が通過したときはタイミングが合わなくて動いてませんでした。

今日はかなり空いてましたけど、ブリューゲルの版画のある辺りまでは細かくて情報量の多い作品が多いので混んでると見るのが大変かなと。

ってことで、私が大好きな感じの作品が多くてとても良かったですが、好みが分かれるのでお奨めはしません。7月9日(日)まで。

友の会に加入したので初めて常設展示を見ました。時間が無かったのでバタバタッと駆け足で見ただけですけど。

ゴヤの版画が何枚か展示されてました。これはちょっと嬉しい。

ゴヤ 水差しはこわれた

ゴヤ 水差しはこわれた

ってことで、次行きます。

次はあべのハルカス美術館のマティスとルオー。マティスもルオーも私はそんなに好きではないですが、チケットまぁまぁ安く手にに入ったし、とりあえず見とこうかなと。

あべのハルカス美術館

あべのハルカス美術館


海外からも借りてきていますが、国内物がメイン。

遅めに行きましたが、わりと盛況でした。