Archive for the ‘その他展覧会’ Category

今日は展覧会を見てきました。今やってる大河ドラマ真田丸にちなんだ展覧会です。真田丸跡地周辺で生まれ育った私としてはとりあえず見ておこうかなと。

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館


3時過ぎに着いたのですが、この博物館では見たことないほどの大盛況。大河ドラマの人気が感じられました。普段展覧会なんて見に来なさそうな家族連れがやたら多し。人が2重3三重って感じまでは行きませんが、展示品前はびっしりって感じ。

今日にしたのは国宝の「大坂御弓箭ノ時御城ノ絵図」ってのがどう言うのか見てみたかったので。大坂の陣での武将の配置を描いた図でしたが、大したことなかったです。調べてみたら島津家文書として15133件がまとめて国宝指定されているうちの1枚だそうで。元々期待してたわけではなくてどう言うのだろうと気になってただけなのでがっかりはしませんでしたけど。

歴史物の展覧会なので文書が多かったですが、子供達は楽しかったんだろうか。

大規模な展覧会をする場所ではありませんが、1点1点解説文が付いており、じっくり読んでると2時間くらいは掛かるんではなかろうか。私は適当に見たので1時間20分くらいでした。

ということで歴史好きなら見とけばって感じですかね。

ってことで次は東博での兵馬俑展を見てきました。兵馬俑は1983年の大阪城博(この時が初来日だったはず)で見ていますので32年ぶりか。見たいって感じもありませんでしたが、奈良博のパスポートが使い切れるかどうか微妙な感じなのでとりあえず見てきました。

東京国立博物館

東京国立博物館


入場待ちはありませんでしたが大盛況。

展示の最後にはレプリカの記念撮影スポットが用意されていました。

兵馬俑(複製)

兵馬俑(複製)

ってことでいつものように総合展示(入れ替えしまくりの常設展)も見てきました。伊能忠敬の日本沿海輿地図が展示されていました。

日本沿海輿地図

日本沿海輿地図

柴田是真の屏風を見れたのが収穫。漆で絵を描くので有名な人ですが、こんな立派な屏風を残してたのね。

柴田是真 四季花鳥

柴田是真 四季花鳥

ってことで次。

昨日今日が「関西文化の日」の集中日で、関西の多くの博物館美術館が無料で見れる日だったのでとりあえず2箇所ほど見てきました。

まずは大阪くらしの今昔館。天六駅の真上のビルの上の方にあります。大阪の昔の街並みを再現したフロアがある小規模な博物館です。無料と言うことで大盛況でした。

大阪くらしの今昔館

大阪くらしの今昔館


和服を着れる(これは有料で200円)サービスがあり、これがかなり人気でチケットが売り切れていました。
大阪くらしの今昔館

大阪くらしの今昔館


下のフロアが近代の大阪のジオラマを中心とした展示になっています。
大阪くらしの今昔館

大阪くらしの今昔館


外国人観光客に結構うけているそうで、天神橋商店街を歩くついでに来れるので普段もわりと盛況らしい。

第67回正倉院展 @奈良国立博物館

2015年10月26日月曜日

今日は奈良へ正倉院展を見てきました。

土曜より日曜の遅めの方が空いているので今日も4時半頃に到着。

奈良国立博物館

奈良国立博物館

入場待ちの行列ができていましたが、これは一旦バッファ的に貯めているだけのようで、5分ほどで入場。中は最近での正倉院展としてはかなりゆったり見れました。

今回の目玉は上の写真の真ん中の紫檀木画槽琵琶でしたが、ここ数年作られていた内部の行列はありません。これは助かるわ。あまり意味ないと思ってたし。

今年は点数が63点と少なく、使ってない展示ケースがあったりしたんでもう数点欲しかったところ。

展示品自体はわりと良かったです。古文書類は今年もいまいちでしたが、去年よりはおもしろかったかな。お経の誤字を赤字で訂正してあったりしたのがおもしろかった。

ということで、相変わらず他にはどこにも寄らずサクッと帰宅。

徹子の部屋展 @大阪高島屋

2015年10月8日木曜日

今日は会社帰りに高島屋へ徹子の部屋展を見てきました。アサヒメイトでタダ。まぁタダじゃないと見てないですはい。

徹子の部屋1万回記念と言うことらしい。

徹子の部屋展

徹子の部屋展

展示内容は歴史やゲストをずらっと紹介、スタジオ再現、初回の衣装を含む衣装数点などなど。

ソファーのゲストが座る位置にはハートのアップリケ的なのが縫い付けてあったりなかなかおもしろかったです。

平井堅がゲストの時に着ていた衣装が展示されてたんやけど、ザ・ベストテンの初回と最終回に着ていた衣装だそうな。

メイキングや昔のゲスト映像などもきっちり全部見ました。

と言うことで、想像以上に楽しめましたです。

帰りは梅田経由にしまして、阪急梅田に寄りました。

NHKのBSでやってる「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展です。アサヒメイトでタダ。

阪急うめだギャラリー

阪急うめだギャラリー

テレビのついでに撮ったものでテレビと同じネコが撮影されてます。

可愛いので癒やされますな。女性客で大盛況でした。5月11日まで。

YMO楽器展1978-2015 @梅田ロフト

2015年3月27日金曜日

今日は仕事も忙しくないので会社休みましてちょっとお出かけしました。

説明するまでも無くタイトルの通りです。展示されてる楽器は初期の頃のだけですが。ちなみに今日から4/12(日)までの開催。

YMO楽器展1978-2015

YMO楽器展1978-2015

4人目のYMOと言われた松武秀樹さんのトークがあるってことで、夕方5時に合わせて行ってきました。

松武秀樹さん

松武秀樹さん


当時の話とか聞けてよかったです。

で、金土日は松武秀樹さんによるステージツアーってのが1日数回行われてまして、上の写真の所に入れて間近で見れるのですが、6時からの回を見させてもらいました。参加者は毎回10人限定で私は参加できなかったんですが、端から見るのは自由で解説などは普通に聞けます。MC-8なんかは参加しないと遠すぎてよくわかりませんので参加をお奨めします。

それぞれの楽器の音を出してくれたりしたのでとてもよかったです。

展示自体は当時のポスターやアナログ版や最近の資料的なモノと映像コーナー。入口の写真パネル展示以外は写真撮り放題です。松武秀樹さんとツーショット撮ってもらいました。

ってことで、イベントやステージツアーの時間に合わせて行くのがお奨めです。500円ですが、展示の量はかなり少ないのでこれがあると無いのとでは満足度が全然違うと思います。

第66回正倉院展 @奈良国立博物館

2014年10月26日日曜日

引き続いて奈良国立博物館へ。正倉院展です。

休日に行く場合は日曜の遅めが比較的空いているので遅めに行こうかなと思っていたんですが、ネットでの混雑状況見ていると比較的並ばずに見れそうだったので昼過ぎに出かけました。で、先に大古事記展を見てからこっちに来たので14時半頃に到着。5分ほどで入場できました。

奈良国立博物館

奈良国立博物館


今年の目玉は鳥毛立女屏風で15年ぶりとのこと。6枚ありますが、そのうち2枚は東博で展示されてまして全部は見れない状態でした。

入場の待ち時間は5分ほどだったんですが、鳥毛立女屏風を見るのに中でかなり並ばされまして、50分待ちと言われて並んで結局35分ほどかかりました。こんなことするなら入場制限の方でコントロールして中での行列は無くした方が絶対トータルの待ち時間は短かったと思う。

今年の展示物は個人的にはなかなかよかったですが、文書類はいまいちおもしろみは無かったです。

博物館からは歩いて京都駅まで行きまして、途中、新福菜館でラーメンと炒飯食って梅田へ寄り、阪急で開かれている写真展を見てきました。

阪急うめだギャラリー

阪急うめだギャラリー

NHKでやってる「世界ネコ歩き」で有名な写真家岩合光昭さんのネコの写真展です。アサヒメイトでタダ。

見てるとほわわーんとした気分になれます。癒やされますな。23日まで。

第65回正倉院展@奈良国立博物館

2013年10月26日土曜日

今年も正倉院展に行ってきました。開幕したばっかりの今日(26(土))にしたのは友の会の期限が明日までで、明後日は関京戦を見に行かんといかんので今日しか行けなかったので。

第65回正倉院展

第65回正倉院展

今年の目玉は上の写真の漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)。23年ぶりだとか。当時の彩色がほぼそのまま残ってるのが非常に興味深かったです。寺などの建物や仏像も似たような顔料が使われてたんだろうってことで当時の状態をイメージしやすくなります。

今年の古文書でなかなかおもしろかったのは給料の前借りとか借金の記録とか。月の利子が13%で、ある月から15%に上がったと書かれていました。ま、文書読んだわけじゃなくて注釈読んだだけだけど。

でも休暇届とかほどのインパクトはなかったな。

ということで、今回もどこにも寄らずここだけでサクッと帰還。あ、でも、仏像館(奈良博の本館)はちゃんと見てます。

次は恵比寿に行きまして、「世界ネコ歩き」でお馴染みになっている岩合光昭さんの写真展を見てきました。

ネコライオン

ネコライオン

ネコとライオンのそれぞれ似たような感じの絵を並べて展示するというテーマの展覧会です。動物の写真は癒やされますな。結構客入ってました。

第64回正倉院展

2012年10月28日日曜日

今日は昨日から始まった正倉院展に行ってきました。

期間が短いので平日休日関係なしにいつ行っても混んでいるんだけど、基本は期間の早めに行く方が空いている傾向にあることと、休日に行くとしたら日曜の遅めに行くのが一番空いているだろうってことで遅めに家を出ました。

第64回正倉院展

第64回正倉院展

会場の奈良国立博物館には4時半頃に着きまして、奈良国立博物館のパスポート会員の申し込みをして会員として入場。なんか入場を制限して待たせてる時間にかちあったらしく、行列ができていました。でも10分も待たなかったかな。

中は正倉院展としては人が少ない方でした。ま、でも十分多いんだけど。

目玉展示は瑠璃坏(上の写真にもある青いガラスの杯)で、後は螺鈿紫檀琵琶かな。

今年の古文書類はいまいちおもしろくないものでした。

ってことで最中の「みむろ」を駅で買って帰宅。

第63回正倉院展

2011年11月3日木曜日

最後は正倉院展。

正倉院展

正倉院展

夕方5時頃に行こうと思ってたんやけど、ちょっと早くなって約4時前に着いちゃいました。案の定行列ができてましたのでまずは本館(なら仏像館)へ。

本館見学して、本館内でしばらく休憩したあと正倉院展へ。4時45分頃で、結構行列できてましたがさくさく進み10分待たずに入場。で、入場してみたら人だらけ。

今年は文書類が少なかったかな。

ってことで餅飯殿商店街で定食食ってから帰還。

写真貼るのめんどくさいのでとりあえずパスってことで。

24日に奈良へ行ってきました。秋の特別公開ラッシュでしばらく大忙しです。

まずは普段要予約で今が予約不要で特別公開中の南明寺へ。柳生の手前の大柳生の近くにあります。

めっちゃ本数の少ないバスで柳生方面へ。途中、円成寺とかあるんだけど、寄ってると他に寄れなくなるほどバスの本数が少ないので今回断念。

ってことで南明寺へ。想像以上に綺麗に整備されてました。仏像は個性的って感じでもないので無理してこなくていいのではって感じですが、4頭身くらいの四天王が可愛かったです。

で、またバスで奈良に戻りまして、今度は新藥師寺近くの不空院へ。これも普段は非公開。重文の不空羂索観音がいらっしゃいます。

で、次は奈良町の十輪院へ。これも普段は見れない不動明王像が公開ってことで。この不動明王は表情がよいですな。可愛い女の子の説明員さんがいらっしゃいまして、たどたどしい説明も良かったです。

次は元興寺へ。これまた普段非公開の禅室内部公開と。禅室の屋根裏探検は要予約だったので入れませんでした。

で、夕方狙って正倉院展へ行ってきました。5時頃に着きまして、予想通り行列もなくサクッと入場。

五絃琵琶という正倉院宝物を代表する有名なのが十数年ぶりに公開ってことで、これを近くで見るためだけに行列する場所が内部に作られていまして、ま、でも10分ほどで間近で見れました。凄いねぇ。1300年近く経ってるとは思えない新品のような状態の良さ。

古文書は相変わらずおもしろくて、今回は盗難届とかが公開されていました。公文書は後でごまかされないように字の書いてある場所全部に四角いハンコが押されまくってあるんだけど、書き間違いの所には45度回転させて重ねて押されてあった。訂正印みたいなのは奈良時代にも存在してたのね。