Posts tagged ‘2011ベルギー旅行’

成田着

2011年7月15日金曜日

成田に着きました。帰りの羽田便は早く出発しないといけないので不便なんだよね。

ってことで、ただいま成田のJALの国内線用ラウンジでまったり中。シャワーも浴びれましてさっぱり。

今度は伊丹行きです。行きと帰りで日本側の空港が全部別と。

家に帰るまでが海外旅行とは言いますが暇なので振り返っておきますと、いろいろありましたが去年のパリ旅行よりはリフレッシュできたなぁ。デジカメの金銭的被害は個人的には大したことないのでまぁ勉強代ってことで。

JL406便朝食

2011年7月15日金曜日

飛行機では結構寝ました。

阪急電車と言う映画を機内で見ました。画面小さすぎて誰かわからんかった人多し。 このおばあちゃん宮本信子やったんかとか。

なかなかうまく作られてて、登場人物いっぱいいて同時並行でストーリーが 進んでいく割にはわかりにくいところもなかった。 キツい内容の所はあまり引っ張らずさっと次のシーンに移るので見やすかったです。 ま、多少の粗はあったけど、完璧なのは期待してないのでOKです。

キャストが豪華(なんだよね?)でほとんどがうまいので安心して見てられましたな。 関西弁に違和感が全くなかったのが素晴らしい。 やっぱり谷村美月がかわいいっす。

ちなみに私、阪急今津線には乗ったことありません。 大阪に住んでてあの路線に乗るのは阪神競馬場へ行く人か関学の学生くらいか。 ちなみに興行収入は好調のようで、見た感じ制作費は安そうなので成功ですかね。

ってことで、着陸2時間半くらい前に朝食。

JL406便朝食

JL406便朝食


ハーブ オムレツ
ポテトクロケット
フルーツカクテル
フロマージュブラン
クロワッサン、バター

これもなかなかうまかったかな。

ってことでほぼ予定通りに着陸。今回の飛行経路です。

下の地図リンクは食事が出た辺り。ズームアウトしてね。去年はハバロフスク過ぎてから出たのでだいぶ手前で出ています。
↓↓↓↓↓↓

JL406便夕食

2011年7月14日木曜日

ってことで出発1時間半後くらいに夕食です。洋食にしました。お肉です。

JL406便の夕食

JL406便の夕食

ハンバーグステーキ マッシュルーム添え
ピエモンテ風ポテトサラダ
コッパハム
細うどん
チーズとクラッカー

なかなかうまかったという記憶はあります。

1時間後くらいにデザートでハーゲンダッツのバニラも配られました。

下の地図リンクは食事が出た辺り。ズームアウトしてね。デンマーク上空辺りですか。
↓↓↓↓↓↓

CDG空港にて

2011年7月14日木曜日

5時前にシャルルドゴール空港に着きまして、サクッとチェックインカウンターへ。出発までまだ2時間半近くあるんだけど、カウンターはごった返していました。

CDG空港のJALカウンター

CDG空港のJALカウンター


上級会員なのであまり待たずチェックイン。荷物は今回もそのまま手荷物で持ち込みにしました。

ってことで、JAL提携のエールフランスのラウンジへ。

こっそり撮りました。

エールフランスのラウンジ内

エールフランスのラウンジ内

食事はお菓子とかが多くて大したものはありませんが、こんな感じでいただきました。

エールフランスラウンジの軽食

エールフランスラウンジの軽食

ってことで、ラウンジで時間を潰して搭乗口へ向かいます。無線LANくらいただで使わせて欲しいぜ。

CDG空港ターミナル2E

CDG空港ターミナル2E


真ん中で固まっているのがJALに乗る人たち。

ってことでサクッと搭乗。サクッと出発。

ベルギー旅行5日目

2011年7月14日木曜日

今日で5日目です。最終日。

最終日にして初めてホテルの朝食いただきました。一般的な感じですが、パンだけでなくてチーズやハムもありました。8ユーロだったかな。まぁこんなもん。

Theater Hotelの朝食

Theater Hotelの朝食

ってことで、今日は3時過ぎのTGVでブリュッセルを出る予定なので時間はたっぷり。

しかし、5日目にしてかなりの大雨。キツいなあと思いつつまずはノートルダム・ド・ラ・シャペル教会へ。

ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会

ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会


ピーテル・ブリューゲル(父)が埋葬されてます。

で、日曜に見たんだけど、カメラ盗まれて写真のデータが無くなったので写真撮りに王立美術館へ。

ベルギー王立美術館内部

ベルギー王立美術館内部


上の階の展示スペースが広くていろいろ展示されてます。

今回の旅行で一番見たかったピーテル・ブリューゲル(父)の「反逆天使の墜落」。高解像度データを見たい人はググってちょうだいな。

反逆天使の墜落

反逆天使の墜落


いやぁ、すばらしい。ちなみに450年ほど前の絵です。

他にもいっぱい写真撮りましたが割愛。

ってことで土産を買いにグランプラス方面へ。

最後にワッフルまた食いました。

ワッフル

ワッフル


きっちり焼けてなくていまいちでした。

ってことで、土産も買い、すること無いので早めに駅に向かいました。

サクッとブリュッセル南駅まで行きました。着いたらまだ2時前。ってことでベンチで時間を潰すことに。暇なのでカブトムシ折ってました。今回のカブトムシ製作数4個。ゲントからの帰りの電車で1個折って通路の反対側に座ってた家族連れにあげたり、ホテルでチェックアウトの時にフロントのお兄さんにあげたりしました。どちらも喜んでくれました。

で、最後の1個を折っているときにベンチの隣に座った家族連れに注目され、声を掛けられました。アルゼンチンからの旅行客でした。定年間近のおじいさんて感じの人とずっと喋ることに。孫らしき子が宿題で鶴を折らないといけないので参考に1個折ってくれとと言うことで折ってあげました。羽ばたく鶴も折ってあげたら大ウケ。やたら喜んでいた。当然折っていたカブトムシもあげました。この人達は夏休みが35日間もあるそうで。やっぱ日本人働き過ぎだよね。

結局出発ギリギリの3時過ぎまでつたない英語で30分以上喋ってました。

ってことで、予定通り3時9分にブリュッセル南駅を出発。行きと違って途中フランスのリールで停まったので行きより30分以上余計に時間が掛かってますが、予定通りにCDG空港に到着。携帯のGPSソフトで見たら300km/hで走ってました。320km/hはどこで出してるんだろう。

帰国前の最後の書き込み

2011年7月14日木曜日

今日は初めてホテルで朝食を摂りました。ほぼ予想通りだったので(写真は後日)毎日食わなくて正解でしたな。パンはうまかったけどね。

さてそろそろチェックアウトです。今度こそ帰国後になります。

最終日の朝

2011年7月14日木曜日

昨日は11時半頃に寝まして、外の物音で5時半頃目覚めました。目覚めがすっきりしてるのでまあいいですが。帰国後の時差ボケ調整には早起きの方がいいしね。

5時台に口げんかが聞こえたり、とにかくお奨めできる環境ではございませんな。

今日はほとんどすることがないので10時くらいまでホテルでぼーっとしてから初日に行った美術館に再度行く予定。土産物買ったりしつつ、3時頃のTGVで空港へ向かいます。

ってことで、CDG空港ではネットに繋げられそうにないのでこれが帰国前最後の書き込みかと。

ベルギー旅行4日目の晩飯

2011年7月14日木曜日

晩飯はブリュッセルのグランプラスの小便少女へ向かう細道沿いの店で呼び込みの兄ちゃんに引っ張り込まれました。

晩飯を食ったレストラン

晩飯を食ったレストラン

ビール付きで12ユーロだよと言うことだったんですが、1ランク高いのを頼みました。パエリアでも食うかってことで。

ビールとパン

ビールとパン

海老(バター味)

海老(バター味)

パエリア

パエリア

チーズケーキ

チーズケーキ

ってことで、味はまあまあ。昨日の晩飯の方が圧倒的にうまかったですが、特に不満は無し。安かったしね。ビールも昨日の方がうまかったです。

あまり気にしてなかったんだけど、パエリア食うことで名物のムール貝も食えたことになってしまいました。

ブリュッセル中央駅で明日のCDG空港までのTGVの切符を買いました。中央駅のベルギー国鉄の窓口なので手数料7ユーロ取られました。南駅で買えばよかったかとちょっと後悔しましたが。

帰りにスーパーでジュピラーを買って飲みました。ベルギーのサッカー一部リーグはジュピラーリーグと言うんですが、このスポンサーのビール会社の名前です。味は普通。

ジュピラー

ジュピラー

アントワープ

2011年7月14日木曜日

で、次はアントワープへ。リールからアントワープはかなり近くて電車の本数もそれなりにありまして15分くらいで着いちゃいます。

アントワープではずっと歩きましてこんな感じで徘徊。(GPSの足跡です)

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅はホームが3層になっていてめっちゃかっこいいです。2階、地下1,2階にホームがありまして、真ん中が吹き抜けになっています。

アントワープ中央駅内部

アントワープ中央駅内部

まずはルーベンスの家(Rubenshuis)へ。

その名の通りルーベンスが住んでいた家で、美術館になってます。チケット売り場が道を挟んで向かいにありまして、少し離れたマイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館とのコンビチケットを購入。

ルーベンスの家

ルーベンスの家


でかい絵が多いのに多作のルーベンスですが、ここには自画像がありまして、かなり珍しいそうな。

で、次はマイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館へ。ここにはピーテル・ブリューゲル(父)の「狂女フリート」という代表作の一つがあります。

マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館

マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館


写真撮影不可なのでwikipediaから。
狂女フリート

狂女フリート

この絵はとても見たかったので大満足です。

次はフランダースの犬の最終回で有名な聖母大聖堂へ。下の写真奥がそうで、手前の銅像はルーベンスです。

聖母大聖堂

聖母大聖堂

フランダースの犬でネロ少年がずっと見たがって最終回でようやく見れた二つのルーベンスの絵です。ネロとパトラッシュは絵を見てすぐこの大聖堂のなかで凍死してしまうわけですが。ガキの頃この最終回で愕然とした記憶があります。

キリスト昇架

キリスト昇架

キリスト降架

キリスト降架

ベルギーに来た目的がこの二つの絵とブリューゲルを見れるだけ見るだったので目的はほぼ達成したことになります。フランダースの犬が日本でアニメ化されて逆輸入でネロとパトラッシュの銅像が建てられたりしたそうですが、ちょっと遠いらしいので行ってません。

ってことでまだ時間あるので次行きます。

聖カロルス・ボロメウス教会。イエズス会の教会です。IHSと書かれた印でわかります。

聖カロルス・ボロメウス教会

聖カロルス・ボロメウス教会


実は、ここには来る予定がなかったんだけど、道間違えまして、北に歩く予定が東に歩いてました。市庁舎の辺りに戻り携帯の地図ソフトを起動してようやく方向間違ってることに気づきました。でも、地図ソフトが無かったらもっと気づくの遅れてたかも。

聖パウロ教会。ルーベンスなどの絵が中にびっしり飾られてました。

聖パウロ教会

聖パウロ教会

さらにMASと略されるMuseum aan de Stroomに向かいますが、歩いている途中に飾り窓地域を通過してしまいました(上の徘徊ルートの一番北のちょっと手前辺りのスヒッパース通り(Schippersstraat))。突然紛れ込んでしまったのでちょっとびっくり。お姉さん達めっちゃアピールしてました。

飾り窓

飾り窓


ちなみにブリュッセルの飾り窓地域はブリュッセル北駅近く(すぐ北の東側)にありまして、なんと線路沿いにあって電車に乗ってると見えるという凄い状況でした。

ってことで、MASに辿り着きました。徘徊ルートの一番北の辺り。

MAS (Museum aan de Stroom)

MAS (Museum aan de Stroom)


ここはアントワープ王立美術館が工事中の間、一部の有名所蔵作品を1フロア使って展示しています。が、そう大きな規模ではありません。

で、ここは今年オープンしたばっかりで、いろいろ工夫して楽しませようという感じの博物館的な側面も強い美術館で、見れる所蔵庫(引き出しを自分で開けられる)等のフロアもあったりなかなか楽しかったです。日本の展示もありました。仏像や浮世絵や不気味な日本画などが展示されてました。あと何故か雛人形も。

と言っても閉館50分前くらいに着いたので、ほとんどの展示はざくっと見ただけでしたが。屋上が展望台になっていてとても見晴らしがよかったです。

新しいだけあって大人気で客はめっちゃ多かったです。平日とは思えないくらい。

ってことで最後に聖ヤコブ教会。最新の地球の歩き方の地図が間違って別の教会を示しているので気をつけましょう(最新刊では修正されました)。

聖ヤコブ教会

聖ヤコブ教会


ルーベンスが埋葬されてます。が、閉まる直前でほとんど滞在できませんでしたが。

ってことで、アントワープ観光終了です。ブリュッセルに戻ります。

アントワープから乗った電車がやたら遅くて、めっちゃ時間掛かりましたが、特に用事も無いので問題なしです。

下の地図リンクは上からルーベンスの家、マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館、聖母大聖堂です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リール(ベルギー)

2011年7月14日木曜日

今日はまずリールへ。フランスにも同名の町がありますが、スペルが違います。サッカー日本代表川島選手が所属しているチームのある場所です。

で、ブリュッセル中央駅で切符買うときにどこ行きに乗ればいいかを聞きまして、ホームへ。で、その1時間に1本しかない電車が来ない。結局運休で1時間待ちました。

で、30分ほどでリールです。

リール駅

リール駅

めっちゃ小さな街です。こんなところに1部リーグのサッカーチームがあるなんてって感じ。

リールの街

リールの街

この街に来た目的のStedelijk Museumへ。

Stedelijk Museum

Stedelijk Museum /Het museum Wuyts-Van Campen & Baron Caroly

ブリューゲルランドというタイトルのミニ特別展です。

Bruegel Land

Bruegel Land

アントワープの王立美術館が工事中なので、所蔵のピーテル・ブリューゲル(子)の絵をここに貸し出したミニ展覧会です。ピーテル・ブリューゲル(父)の絵はありませんでした。でもピーテル・ブリューゲル(父)が描いたので有名な絵の息子による模写があります。80以上のことわざを絵に表したものです。

ピーテル・ブリューゲル(子) ネーデルランドの諺

ピーテル・ブリューゲル(子) ネーデルランドの諺


本物はベルリンだそうです。

美術館の人がことわざの説明文を貸してくれましたが、英語でしたので全部は読めず。

ってことで、個人的には来なきゃよかったとは思いませんでしたが、ここは来るべしってほどではないですな。

市庁舎です。前の柵は発掘現場だそうです。象の化石が出たとか何とか。

リール市庁舎

リール市庁舎

有名な天文時計のジンメルの塔。

ジンメルの塔

ジンメルの塔

複雑な構造の内部を見学できたんですが、1時間遅れて着いたのもあったのでパスしました。

ってことで、サクッとリールの観光は終了。

下のリンクは美術館の場所
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

4日目

2011年7月14日木曜日

今日はリールとアントワープに行ってきました。ちょこちょこ移動でのトラブルがありましたが、結果はほぼ完璧で、時間が無くて見れないかもと思ってたところも含め、見たいところは全部回れました。よかったよかった。

ちなみにリールはサッカー日本代表のGKの川島選手がいるところ。めっちゃちっちゃい街なのね。

今日も晩飯はしっかり食いましたです。なかなか良い店でした。

詳細は帰国後。

4日目の朝

2011年7月13日水曜日

昨日は23時過ぎに寝まして6時起きです。時差ボケ調整できちゃってますな。

ってことで、今日はアントワープ方面へ行ってきます。

ベルギー旅行3日目の晩飯

2011年7月13日水曜日

ってことで、今日はようやくまともな晩飯を食いました。

場所はサントカトリーヌ駅の近くです。魚料理の店が多いらしい。

Rugbyman two

Rugbyman two

ガーリックトーストみたいな感じ。ペースト状のものは何かわかりません。

パン

パン

白ビール

ビール

ビール

魚のスープ

魚のスープ

鮭と白身の串焼き

鮭と白身の串焼き


右上のはソースで、左上のは味はポテトグラタンでソースはさらっとした感じ。

スープもメインディッシュもめっちゃうまかったです。

デザート

ジェラート

ジェラート

現金だったんだけど、お釣り全部チップであげるのは多過ぎかなと言うことでお釣り待ってたらやたら細かい小銭で返して来やがったのでチップあげるのやめました。これがなかったら大満足だったんだけどなぁ。

ゲント美術館

2011年7月13日水曜日

次はゲント美術館。セントピータース駅からちょっと離れた公園の敷地内にあります(駅からだと徒歩15分くらい。公園までは駅から5分ほどですが、美術館は駅から一番遠い位置にあります)。中心街からトラムに乗り、一番近い停留所で降りましたがそれでもちょっと歩きました。ここに着くまで多少雨に降られました。

ゲント美術館

ゲント美術館

見たかったヒエロニムス・ボス(ボッシュ)の絵。ボスの絵は2枚あります。どちらも友の会からの寄付だそうです。現存するボスの絵は非常に少ないので貴重。

こちらの方は本人作か疑問視されているそうな。

ヒエロニムス・ボス 十字架を担うキリスト

ヒエロニムス・ボス 十字架を担うキリスト

こっちは真作確定してるらしい。

ヒエロニムス・ボス 祈る聖ヒエロニムス

ヒエロニムス・ボス 祈る聖ヒエロニムス

この「お絵かきじょうず」も結構好きだったので見れて嬉しい。

ヤン・フランス・フェルハス「お絵かきじょうず」

ヤン・フランス・フェルハス「お絵かきじょうず」

児島虎次郎の絵もありました。

いい絵が多かったです。満足満足。

向かいに現代美術館がありましたが、閉館まで時間があまりなかったのと体力的に見る根性なかったのでパスしました。美術館からセントピータース駅までは徒歩で。

ってことで、ゲント観光終了。ブリュッセルに戻ります。

ゲント

2011年7月13日水曜日

次は電車でブリュッセル方向に戻りましてゲントの街へ。ブルージュとブリュッセルの間にあります。

ゲントセントピータース駅

ゲントセントピータース駅

この駅は街の中心部から多少離れてるのでトラム(路面電車)に乗ります。で、乗るのを間違えましてま反対に方向に乗ってしまい30分くらいロスりました。携帯のGPS地図で確認すればよかった。

ってことでトラムに乗り直しまして、中心部へ。

大きな教会

Sint-Niklaaskerk.

Sint-Niklaaskerk.

ゲントもこんな場所があります。

ゲント

ゲント

ってことで聖バーフ大聖堂に入ります。

聖バーフ大聖堂

聖バーフ大聖堂

ここはゲント祭壇画と呼ばれる有名なファン・エイクの絵がありまして、製作年代がはっきり判明している油絵としては最古のもの。説明はリンクのwikipediaでどうぞ。初期の油絵と言ってもとても技術が高度で凄い絵です。

入場料にオーディオガイドが含まれてまして、日本語のがちゃんとあります。かなり細かい説明が聞けるのですが、長くてちょっと疲れました。

ってことでトラムで駅方向へ戻ります。

下の地図のリンクは聖バーフ大聖堂
↓↓↓↓↓↓↓↓↓