Archive for the ‘日記’ Category

空港へ

2017年12月12日火曜日

カンボジアはドルが普通に使える国なので、今回ほとんどドルを払うだけでお釣りをもらう機会がなかったのですが、アンコールワットからの帰りに水買ったら0.5ドルだったんで、2000リエルのお釣りをもらいました。

2000リエル紙幣

2000リエル紙幣


持っててもしゃあないのでホテルのフロントのチップ用の貯金箱に入れときました。

で、ホテルからトゥクトゥクに乗りました。ホテルでお願いすると5ドルで行ってくれます。

市内はやたら渋滞してました。中国人を乗っけた巨大な観光バスががっつり道塞いだりしてるのが目立った印象。

数少ない信号

数少ない信号


シェムリアップには信号がほとんどありませんが(なので交差点がロータリーになってたりしてますが、なってないところも多いので、あまりスピードを出せない感じ。)、空港に向かう道には何カ所か信号があります。

空港からホテルに来るときは20分ほどだったはずですけど、結局30分近く掛かって空港に着きました。

シェムリアップ国際空港チェックインカウンター

シェムリアップ国際空港チェックインカウンター


着いたのが飛行機の出発予定の2時間前の18時30分ちょっと前だったのですが、チェックインが始まってない雰囲気。あれっと思ってモニタを見ると21時30分になってる。マジっすか。調べてみたらベトナム航空のハノイ空港での最低乗り継ぎ時間は60分なので1時間遅れ程度ならまだ余裕ありそうだった。ってことで、ベンメリアで一緒だったカップルと話してたらチェックインが始まったのでチェックイン。キャリーバッグは7kg超えていたので預けました。

出国審査が終わると免税店の中を歩かされます。ちなみにこの空港を経営してるのは関空の経営に参加してるバンシという企業。

シェムリアップ国際空港

シェムリアップ国際空港

この女性器に男性器がってのは幅1mくらいの大きさのが遺跡に何カ所も置かれていましたが、かなり崩れていたものが多くて、こういう完全な状態の男性器のシンボルは見ませんでした。女性器部分はわりとちゃんと残ってましたけど。

女性器に男性器が(以下略)

女性器に男性器が(以下略)


日本からの添乗員付きの団体客のおばちゃん座らせるために席移動したらいろいろ話しかけられまして、飴ちゃんもらったりしました。

待ってる間に6番ゲートに変更になって、既に搭乗が始まってるとのことで慌てて搭乗。

A321

A321


21時8分頃にプッシュバックだったので実際の遅れは40分くらいでした。

ホテルに荷物を預けていたので受け取るついでにホテルで飯食ってから空港へ出発することにしました。昼飯食ってなかったし。

クメール料理の4品で12ドル(サービス料などなくて払った額も12ドル)のコースを頼みました。

豚肉入りのバナナの花のサラダ

豚肉入りのバナナの花のサラダ

トムヤムチキン

トムヤムチキン

ビーフ ロクラク

ビーフ ロクラク

フルーツカクテル

フルーツカクテル

どれもめっちゃおいしかったです。

アンコールワット再訪

2017年12月12日火曜日

午後は何するか全く決めてなかったのでアンコールワットを再訪しました。トゥクトゥク乗ったのですが、ちょっとしか値切らなかったので大して安くなかったけど、1ドル2ドルケチるよりは儲けさせてあげようではないかって感じになってました。

トゥクトゥクに乗る

トゥクトゥクに乗る

ってことでアンコールワット再訪。今回は地球の歩き方に紹介されてるところは確認しとこうかなと。

仏陀像が多いですが、西塔門にビシュヌ神像があります。これはヒンズー教の神様。

ビシュヌ神像

ビシュヌ神像

第一回廊の乳海攪拌のレリーフ。ナーガが2体いるのですが、上のナーガは両側から思いっきり引っ張られてるのに下のナーガは何もなし。上で踊ってるだけみたいな人がいっぱいいたりして非常におもしろいです。

乳海攪拌の左端

乳海攪拌の左端

この未完成部分もガイドさんがスルーしたところです。普通のルートだと見つからないです。

デバターの製作過程がわかる未完成部分

デバターの製作過程がわかる未完成部分

第三回廊への行列が一昨日よりかなり短かったので登りました。

第三回廊への階段

第三回廊への階段


胸を触られてテカテカのデバター
デバター

デバター

ナーガに乗った仏陀像が多いです。

ナーガに乗った仏陀像

ナーガに乗った仏陀像

中央祠堂にもこういうしっかり残ったレリーフがあります。

中央祠堂の彫刻

中央祠堂の彫刻

ってことで3時間20分ほどいました。帰りもトゥクトゥクでホテルへ。

ベンメリア

2017年12月12日火曜日

今日は朝からベンメリア観光ツアーに参加です。午前プランだと安かったので。集合よりなかなか車が来なかったのでどうしたのかなと思いましたが、参加予定のカップルが一組、ホテルから出てこなかったんで遅れたんだそうな。部屋にもいる気配がなかったと。現地で揉めたりしたんだろうか。

ってことで今回はカップル二組と一人旅の女性一人と私の計6人。

ベンメリアはシェムリアップからだいぶ離れてまして、西北西に直線距離で40kmくらい。車だと50km以上はあります。途中は悪路が多かったです。

ここはアンコール遺跡群とは別なのでまずはチケット売り場でチケット買います。5ドル。アンコール遺跡群のチケットは不要。

ベンメリアのチケット売り場

ベンメリアのチケット売り場


このナーガはかなり原形をとどめていて綺麗です。あっちこっちにあるナーガも元はこんなだったんですな。
ナーガ

ナーガ


アンコールワットよりちょっと古い時代のものだそうです。がっつり崩れちゃってるところがほとんどです。中央祠堂は完全に崩れてました。
ベンメリア

ベンメリア


ベンメリア

ベンメリア


こういう中に入れるところも何とか残ってます。
ベンメリア

ベンメリア

ベンメリア

ベンメリア


ラピュタが参考にしたと言われていますが、事実は不明。映画公開時はここは公開されていなかったそうな。
ベンメリア

ベンメリア

帰りに高床式住居に住んでいる地元民の生活に触れようと言うことで、お家にお邪魔させてもらいました。そこにいた少女がやたら可愛かったです。

ってことで、客を順番に降ろすために最初に止まったホテルがアンコールワットに比較的近かったので私も降りました。

朝食

2017年12月12日火曜日

今朝の朝食はエッグベネディクトにしました。が、本来のエッグベネディクトとはだいぶ違う感じでしたけど、まあおいしかったです。

朝食

朝食


皿に載ってるのはベーコン、ソーセージ、焼いたトマト、ジャガイモ。

食事が済んだらチェックアウトしまして、荷物は空港への出発まで預かってもらいました。

シェムリアップ繁華街

2017年12月11日月曜日

繁華街ぶらぶらしました。

このアイスクリームロールって日本でも流行り始めてるそうですが、あっちこっちにありました。冷えたプレートの上でアイスクリームを手作りしてヘラでロール状に作るそうな。

アイスクリームロール製造中

アイスクリームロール製造中

ナイトマーケットと呼ばれるところはいくつかありますが、ここに来る途中にマッサージ屋が集まってるところがあって、声かけられまくり。

ナイトマーケット

ナイトマーケット


「俺のランボルギーニでどうだい」というトゥクトゥクのおじさんがおもしろかったです。車体にはちゃんとLamborghiniと書いてありました。
豪快に料理中

豪快に料理中

パブストリート

パブストリート


この店だと3枚で5ドルですが、1枚1ドルでTシャツ売ってる店もありました。
安いTシャツ屋

安いTシャツ屋


虫を売ってる店。買わない人は写真撮るなという虫売る屋台もありました。
食用の虫を売る店

食用の虫を売る店


Tシャツ安いし買おうかなとちょっと思いましたがやめました。
ナイトマーケット

ナイトマーケット


ってことで、トゥクトゥクに乗ってホテルに帰還。

夕食

2017年12月11日月曜日

ホテルに戻り、宿泊プランで標準で付いていたのでマッサージをしてもらいました。専用の建物があってお姉さんがスタンバっていてマッサージしてくれました。お尻から下の下半身重点って感じで1時間。普段の私はかなりきつめのマッサージをよくしてもらっているのでそれから比べるとかなり緩かったですがでもだいぶほぐれて良かったです。チップあげました。

ってことで、1回くらいは夜の街を覗きに行こうってことでトゥクトゥクに乗り繁華街へ。

トゥクトゥクに乗る

トゥクトゥクに乗る


何も考えずにこの店に入りました。
Nai Khmer Restaurant

Nai Khmer Restaurant


凄い分厚いメニュー。
分厚いメニュー

分厚いメニュー


ガパオ入りの炒飯を頼みました。おいしかったです。炒飯だけだと2.5ドル。
ガパオ入り

ガパオ入り炒飯

スラスラン

2017年12月11日月曜日

次はスラスラン。池の中央には寺院があったと思われるそうですが、今は池と池を望むこのテラスだけの遺跡となっています。

スラスラン

スラスラン


ってことで、ガイドさんあまりやる気なさそうだったので、残り1時間くらい余っちゃいましたが終了することにしました。ま、一通り廻ったしね。

バンテアイクデイ

2017年12月11日月曜日

次はバンテアイクデイ。ここはアンコールトムと同じ時代の仏教寺院です。

バンテアイクデイ

バンテアイクデイ


上智大による発掘調査で仏像がどっさり見つかったそうで、その辺りのことが説明されてます。
バンテアイクデイ

バンテアイクデイ


バンテアイクデイ

バンテアイクデイ

プラサットクラヴァン

2017年12月11日月曜日

次はプラサットクラヴァン。ここは更に古くて1100年ほど前の遺跡です。下の写真だけの小さなところです。

この敷地でパーティーか何かの準備をしていまして、白いテーブルはそのためです。

プラサットクラヴァン

プラサットクラヴァン


プラサットクラヴァン

プラサットクラヴァン


パーティーの準備のおかげか、普段は入れないところも入って中を覗けたりしました。
プラサットクラヴァン

プラサットクラヴァン

アキ・ラー地雷博物館

2017年12月11日月曜日

シェムリアップへの帰り道に地雷博物館に寄ってくれました。当然有料です。

アキ・ラー地雷博物館

アキ・ラー地雷博物館


アキ・ラー地雷博物館

アキ・ラー地雷博物館

アキ・ラーと言う人が作った博物館で、昔日本でやってた「バリバリバリュー」と言う島田紳助司会の番組でアキ・ラーさんが紹介されたときのビデオを見せてもらいました。

バンテアイスレイ

2017年12月11日月曜日

次はバンテアイスレイ。ここだけちょっと離れてまして、アンコールトムからだと北北東に20kmくらい離れています。車だと26kmくらい。アンコール遺跡群のチケット持ってれば入れます。

バンテアイスレイ

バンテアイスレイ


ここも東メボンと同じくらいの時期(今から1050年ほど前)の遺跡ですが、赤色砂岩で作られた建造物の彫刻がかなり綺麗に残っています。これは凄い。
バンテアイスレイ

バンテアイスレイ


やはり地盤沈下で波打ってたりしてます。小規模な寺院で1000年以上前のものですがかなり綺麗に残っています。
バンテアイスレイ

バンテアイスレイ


バンテアイスレイ

バンテアイスレイ


中央部分はマナーの悪い客のせいで近寄れなくなってしまったんだそうな。
バンテアイスレイ

バンテアイスレイ


東洋のモナリザと呼ばれているデバターがあるそうなんですけど、近寄れなくなってから見えないんだそうな。2番目に綺麗ってのは見れました。

と言うことで、とても良かったです。チャーターの別料金払って来た甲斐ありました。

昼食

2017年12月11日月曜日

昼食は有無を言わさずここに連れてこられました。ガイドさんとドライバーさんは別行動で私一人。

Rom Chang Ankor

Rom Chang Ankor

チキンカレーにしました。

チキンカレー

チキンカレー


ご飯はかなり少なめですが、カレーの量がめちゃ多い。日本の普通のカレーとは全然違っててスープカレーっぽい感じで多少癖のある味の野菜からの味が出てて日本人だと合わない人がいるかも知れないですけど、私にはとてもおいしかったです。

日本でも食べたいな。

東メボン

2017年12月11日月曜日

次は東メボン。ここはアンコールワットより更に200年、アンコールトムより250年ほど古く、今から1000年以上前のヒンズー教の寺院遺跡です。ってことで、アンコールワットやアンコールトムとはかなり雰囲気が違います。

東メボン

東メボン


東メボン

東メボン


入口上の彫刻は入口ごとにデザインが異なってます。
東メボン

東メボン

ナーガの上に乗った仏陀。

東メボン

東メボン


東メボン

東メボン


ってことで次。

タ・ソム

2017年12月11日月曜日

次はタ・ソム。ここもアンコールトムと同じ時代の遺跡です。ここもタプロームとかと同じでかなり崩れちゃってます。

門にはアンコールトムと同じくでかい顔が上に付いてます。

タ・ソム

タ・ソム


タ・ソム

タ・ソム

これ、蟻塚だそうです。

タ・ソム

タ・ソム

こういうところは木が崩壊を進めているのか防いでるのかわからない状態。

タ・ソム

タ・ソム


ってことで次。