パリ旅行3日目 夕食 (事後更新)

2010年8月18日水曜日

夜間開館時間ギリギリまでいたのでルーブル構内のフードコートも軒並み閉店してたので近くのレストランに適当に決めました。

Le Musset Café

Le Musset Café

海老とアボカド

海老とアボカド

スペアリブとフレンチフライ

スペアリブとフレンチフライ

味はどっちもめっちゃありがちな味で。ま、おいしかったです。

次はオランジュリーへ。前回も来たけどミュージアムパス使えるので入っとこうと。

オランジュリーの睡蓮の部屋

オランジュリーの睡蓮の部屋


睡蓮の部屋は2つあります。前回より人多かったな。

ってことで、夜間開館のルーブルへ。

ルーブル美術館

ルーブル美術館

フェルメール独り占め

フェルメール「レースを編む女」

フェルメール「レースを編む女」


ま、去年(2009)日本に来てますが。

前回はイタリア絵画エリアはモナリザ含めて全面写真撮影禁止でしたが、今回全面撮影可になっていました。が、モナリザ前ではフラッシュ使われまくるからかやたら遠くから見ることに。

モナリザ前

モナリザ前


前回は前の手すりの所までは行けたんだけど。

ってことで、前回の時よりは多少知識も増えてたので楽しめました。前回ほど時間を確保してないので隅々は廻らなかったけど。

続く。

ポワシーから戻ってモンマルトルへ。ここも前回行ってなかった場所だ。

Lamarck-Caulaincourt駅で降りる。

ユトリロで有名なラパン・アジル。

ラパン・アジル

ラパン・アジル

チェックしてなかったダリのギャラリーに入ってみた。ここはミュージアムパス使えません。

エスパス・ダリ

エスパス・ダリ

中はダリの作品がいっぱい。期待以上で素晴らしい。

エスパス・ダリ内部

エスパス・ダリ内部


写真撮影可能でした。フラッシュは当然禁止。

ルノワールの絵で有名なMoulin de la Galette。今はレストランです。

Moulin de la Galette

Moulin de la Galette

有名なテルトル広場。凄い人出。広場という感じがしません。

テルトル広場

テルトル広場

アールヌーボーのデザインが残ってるアベス駅入り口。

アベス駅入り口

アベス駅入り口

サクレクール寺院とかも当然行ってますが面倒なので省略。

続く。

今日は朝からポワシー(Poissy)にあるサヴォア邸へ。RERの何線か忘れたけど終点です。電車賃はZONE5で1000円くらいだったかな。(1日券使えばだいぶ安かったはず)

ポワシー駅

ポワシー駅

駅からバスが出ているらしいが無視して歩く。歩ける距離なので。ちょっとわかりにくいのでちゃんと地図見てから行きましょう(下にリンクしてます)。ま、途中に目印はあるんだけど。

ってことで着。

サヴォア邸

サヴォア邸


80年前に建てられたル・コルビュジェが設計した近代建築の記念碑的な建物です。コルビュジェが設計した建物ひとまとめで世界遺産登録申請中。上野の国立西洋美術館も含まれます。

ここもミュージアムパスが使えます。ってことで追加料金無し。

サヴォア邸内部

サヴォア邸内部

椅子もコルビュジェ設計ので、かなり有名です。意匠登録の期限はとっくに切れてるのでメーカーいっぱいあって結構ポピュラーです。ネットではYoutubeで超人気の猫、Maruのお家にソファーのLC2がありますな。この写真では右奥にあってよくわからないけど。

ってことで、一度来てみたかったんで満足です。この旅行で一番来たかった場所だったのがここ。

ぐるっと一通り撮影した動画もあるんだけど、面倒なのでパス。

続く。

パリ旅行3日目の朝

2010年8月18日水曜日

晩飯はポルトガル料理屋さんでポルトガル料理らしくないのを食べました。いや、入ってから気づいたので。

ああ、でもデザートはポルトガルのものだったようだ。 モロトフって名前だった。メレンゲを焼いたものらしい。

さて、今日はどこ行こうかな。

ベルギー行きというか、アントワープへ行ってみたかったんだけど、日帰りもできそうなので昨日まで迷ってたけど結局諦めました。タリスも割引無しだと高いし。今後オランダへ行くこともあるだろうからその時に行こうかなと。

パリ旅行2日目

2010年8月18日水曜日

昨日は着いてすぐ寝たので一応初日ってことで。(紛らわしいので後日修正しました)
爆睡してしまいまして、10時間くらい寝てた模様。

ってことで朝飯食ってJCBプラザに徒歩で向かい、ミュージアムパス(4日)とカルネ(地下鉄回数券)を買い、ジベルニーのツアーを申し込む。

で、今日は3年前には来なかったベルサイユへ。どんだけ広いねん。結局1日いました。8時間くらい歩きっぱなし。ってことでホテルに戻ったら7時でへとへと。

さて、これから晩飯です。何食おう。

ベルサイユで1日使い果たしましてそのまま夕食です。

店はここ。PARIS MADEREと言うポルトガル料理屋さんです。上の電飾はParis Madeiraと書いてるのですが。

ポルトガル料理屋

Le Paris - Madère


地図は下のリンクから。かなりうろうろ歩いたのでホテルからは結構離れてます。

照明が真っ赤だったので写真撮るのに苦労しました。

エスカルゴ

エスカルゴ

ラムチョップとフレンチフライ

ラムチョップとフレンチフライとインゲン

ポルトガルのデザートのモロトフ

ポルトガルのデザートのモロトフ

このモロトフってのだけポルトガルのモノだそうで、メレンゲを焼いたものでふわふわで食った感じがしないくらいでした。甘かったけど。

セットメニューだったのでビール込みでも20ユーロくらいだったかな。どれもなかなかおいしかったです。

4ヶ月以上経ってますが旅日記再開。

次はマリー・アントワネットが住んでいたトリアノンへ。

小トリアノン

小トリアノン

トリアノンの庭にある枯れてるようで枯れてない木

トリアノンの庭にある枯れてるようで枯れてない木

マリー・アントワネットのプライベートオペラハウス

マリー・アントワネットのプライベートオペラハウス

ベルサイユのバラ

ベルサイユのバラ

大トリアノン

大トリアノン

ま、説明書くほどのもんでもないやろってことで。

ヴェルサイユ宮殿見学の後は庭園へ。別料金でミュージアムパスも使えません。
まぁしゃあないなってことで支払いました。

広すぎ。奥まで全部敷地ですが、奥の水路(上から見ると十字)の辺りはあまりなにも無いようだけど。

ベルサイユの庭園

ベルサイユの庭園

水路の奥の端っこまで3.5kmもあるそうな。

ベルサイユの庭園の大水路

ベルサイユの庭園の大水路

上の写真にも見えるけど、かなりの高さのある木が綺麗に四角く手入れされているのが印象的だった。機械でやってるのだろうか。

ベルサイユの庭園

ベルサイユの庭園

噴水は土日にしか稼働してないそうで、水が流れるところも全部止まってるのでなんか殺風景なところが多かったな。花の多いところはめっちゃ多いんだけど。

で、1箇所だけ近代的な設備の噴水があって音楽に合わせた演出がされてるんだけど、そこだけ噴水が機能していた。

ベルサイユの庭園の噴水

ベルサイユの庭園の噴水

で、休憩したりなんやかやでさらに1時間半ほど経過。

以下続く。

ってことでJCBプラザに寄った後はすぐにヴェルサイユへ向かいました。

近くの地下鉄の駅の窓口で往復分の乗車券(片道3ユーロちょっと)を買い、RERのオルセー美術館付近のルートが工事で運行休止中ってことで、始発駅状態になっているアンヴァリッド駅までは地下鉄で行ってヴェルサイユ・リブ・ゴーシュ行きに乗りました。

こんな列車です。全部2階建車両。

Invalides駅のRER

Invalides駅のRER

電車はこういうルートでベルサイユへ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヴェルサイユへの鉄道ルートマップ
(パリ市街の地下部分は当然電波受けられないので直線になってます)

ってことで11時半頃に到着。

今日はこんな感じで歩きました。めちゃめちゃ歩きました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヴェルサイユ宮殿徘徊ルートマップ

ってことでヴェルサイユ宮殿です。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

閉まっている美術館が多い火曜日だからかすっごい人出でした。平日とか関係ないというか、ヨーロッパはバカンス期間中でみんな休みなんだそうだ。

チケットを買うための長蛇の行列。どんだけ並んでたんだろう。

ヴェルサイユ宮殿のチケット買う人の大行列。

ヴェルサイユ宮殿のチケット買う人の大行列。


ミュージアムパスが使えるのでこの行列には並ばずに済みましたが、入場のために15分近く並びました。

最初の建物に入るとオーディオガイドがタダで借りれます。ミュージアムパスの人もOK。

有名な鏡の間。鏡は当時めっちゃ高価だったそうで。

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

写真撮りまくってますが、これは見て欲しいってのもそんなになかったんで載せるのはとりあえず鏡の間だけで。

2時間ほどで内部の見学は終了。金かかってるなぁ。って感じはしましたが、あまり感動はしませんでした。でも、これだけのものを作り上げた時間と労力には恐れ入るって感じ。現代じゃもう絶対無理ですな。

以下続く。

かなりしっかり寝て、朝食。いわゆるコンチネンタルブレックファースト。
でもチーズが3種類くらいあって、ヨーグルトもあるので十分満足。コーヒーもおいしかったです。食い過ぎると太るのでパンはこの程度で自重。

BRESCIA HOTELの朝食

BRESCIA HOTELの朝食


ちなみに撮ったのは19日だけどどの日も似たようなもん。パンの種類が微妙に変わってたかなぁ。でも私が選んだのは毎日同じだったけど。

で、だらだらしつつ9時過ぎにホテルを出ました。

ホテルの周りは楽器屋が多いです。

Europe駅近くのピアノ屋

Europe駅近くのピアノ屋


Europe駅近くのバイオリン屋

Europe駅近くのバイオリン屋

ホテル近くにはサン・ラザール駅があります。

サン・ラザール駅構内

サン・ラザール駅構内


モネの絵と同じ。改札とかはなく、中をうろうろ出来ます。

さらに歩きます。

オペラ座は一部工事中。

オペラ座工事中

オペラ座工事中

て、JCBプラザへ向かいました。カルティエ本店前にあります。

Cartier本店

Cartier本店

JCBプラザで地下鉄回数券とミュージアムパス(4日間有効のもの)を購入。

あと、ジベルニーのバスツアーを申し込みました。個人で行けないこともないけどちょっとめんどくさい場所にあるので。ちょっと悩んで木曜の午後出発のにしました。

ってことで、火曜の今日は休みの美術館が多いのでヴェルサイユ宮殿へ行くことにしました。

続く。

到着

2010年8月17日火曜日

先ほど無事ホテルにたどり着きました。

無線LAN環境で繋げてますが、回線細くて遅いのでリアルタイムのアップデートはちょっとめんどくさいなぁ。

ってことで、夕方4時20分くらいに着陸。雨。

今回、GPSロガーを持ってきてまして、自分の歩いてきた軌跡がわかるんだけど、飛行機の中でも使ってみまして(離着陸時は使えない)、途中落っことして前半のかなりのデータが吹っ飛んでしまったようで中途半端ですが一応飛んできた飛行経路を載せときます。

2010/8/16発JAL405便の飛行経路

ってことで、今回ずっとGPSでログ録りました。

12時間ほど飛行機の中にいたと思うけど、トイレに行きませんでした。無理して我慢してたわけではありません。こんな体なんです。

あ、そういえば、今回も仮歯だなぁ。

今回は電車で行こうかなと思ったけど、ホテルがバスの到着地のオペラ座から徒歩圏ってことで前回と同じロワシーバスにした。自動販売機でクレジットカードでチケット購入。こういうときメインのJCBが使えないのでサブサブカードで支払い。サブの関空クラブカードはICカードタイプじゃないので使えないんだよね。

20100816CDG空港

20100816CDG空港


このまま雨なのか。

ってことで、ロワシーバスに乗ってオペラ座へ。これもログ録りました。街中は電波がビルに反射して誤差がちょっと大きいですな。

ロワシーバスの経路

オブジェと化したコンコルド

20100816Concorde

20100816Concorde

パリの街中に入ったら雨は全然降っていなかった。

ってことで、さっさとホテルに向かう。

オペラ座近くにユニクロ。しかし、凄い良い場所にあるな。

オペラ座近くのユニクロ

オペラ座近くのユニクロ

ってことで、ちょっと歩いてブレシアホテル(BRESCIA HOTEL)到着(ホテルの写真は翌日撮影)。

BRESCIA HOTEL

BRESCIA HOTEL

清潔感はあって良い感じ。

BRESCIA HOTEL

BRESCIA HOTEL

バスタブ無くてシャワーだけなのがちょっと寂しいが、普段の生活と変わらんので問題なし。

BRESCIA HOTEL

BRESCIA HOTEL

ってことで、サクッとチェックイン。無線LANは無料じゃなかったんだけど、申し込んだときから96時間の間に24時間使えて4.5ユーロと全然負担感のない値段であった(他の設定もちょっとあった)。今回4泊なのでちょうどですな。

で、時差の関係でめっちゃ眠かったのであっさり寝てしまったのだった。

↓これはホテルの場所。

離陸後10時間後くらいに最後のお食事。

パリ行き便エコノミー機内食2回目

パリ行き便エコノミー機内食2回目

パスタにミックス野菜にお稲荷さんとフルーツ。まぁまあでした。

離陸後約7時間後にパンが配られました。ちなみに飛行予定時間は12時間くらい。

パン支給

パン支給