漢字が表す20年の世相展 @清水寺

2014年12月15日月曜日

将軍塚から歩いて清水寺に行こうかなと思ったんですが(実際ちゃんとした道があるのかどうかも不明)、青蓮院で最初に拝観料をまとめて払ったら帰りのバス券も一緒に買ってしまったことになったので一旦青蓮院までバスで戻りまして、そこから歩いて清水寺にやってきました。

清水寺では毎年「今年の漢字」が選ばれて全国的に話題になっていますが、これの20年分の漢字を集めた展示が経堂で26日まで催されています。

ってことで、「今年の漢字」の実物を1回くらいは見ときたいなと言うことで見てきました。

漢字が表す20年の世相展

漢字が表す20年の世相展


正面に今年の漢字が展示されててこれだけ撮影可能。
2014年の今年の漢字「税」

2014年の今年の漢字「税」


経堂は本堂の手前にあって拝観料は不要なのと、この展示も無料なのでこれだけ見たければタダで帰って来れます。

ちなみに清水寺からの景色はこんな感じ。

清水寺

清水寺


地主神社もちゃんとお参りしたことなかったなぁと言うことでお参りしてきました。
地主神社

地主神社


改修の済んだ子安の塔も近くで見たことなかったので見てきました。
子安の塔

子安の塔


ってことで、八坂神社経由で四条から帰還。
八坂神社

八坂神社

青蓮院門跡 将軍塚青龍殿

2014年12月14日日曜日

今日は京都へ行ってきました。

青蓮院門跡の飛び地の敷地である将軍塚に青龍殿が完成して落慶記念で国宝の仏画の青不動が公開されてるので行ってきました。公開が始まったのが10/8からで12/23までなんでそろそろ行っとかにゃってことで。

いつものようにイタ飯で優雅に昼飯食ってから出かけたので京都に着いたのが2時15分頃。この期間中だけだと思いますが知恩院の北隣にある青蓮院門跡から30分ごとにバスが出ていまして(片道100円)、ちょうどギリギリ14:30頃に着いたらバスが出る直前だったんでなんとか乗れました。

ってことで、将軍塚に着きまして、まずは青龍殿で青不動を拝みました。

で、青龍殿は清水の舞台より遥かに大きい舞台が今回作られてまして、将軍塚は京都市内を一望できますので絶好の展望台となっております。ま、別の展望台は昔からあるんだけど。

青蓮院門跡 青龍殿と舞台

青蓮院門跡 青龍殿と舞台

景色はこんな感じで素晴らしい。大学の時に1回夜に車で来たことあったんで25年ぶりですが、昼は初めてです。

将軍塚からの景色

将軍塚からの景色(中央が下鴨神社辺り)

ってことで23日まではシャトルバスがあるので車を持ってない人もお奨めです。

ってことで、次。

健康診断

2014年12月8日月曜日

今日は健康診断でした。ここ数年ずっと木曜日だったのですが、今年は月曜だったので体重重め。土日に太って平日は昼飯抜きで体重が週末に向けて減っていくと言うプチリバウンドを繰り返してるので。

血液検査の結果待ちですが、大きな問題はなさげ。

バリウムはコーヒー味を頼んだんですが、そんな味したっけって感じ。

2年前から事前に申し込んどけば弁当(朝食抜きなので検査後に弁当が出る)の代わりに高島屋で使える1000円の食事券をもらえるようになったんやけど、2年とも申し込むのをすっかり忘れてて今年ようやく使えました。

ってことで、体調よろしくなかったけど今日の晩飯は早速食事券使おうということで、東洋亭って店で2600円ほどの晩飯をいただきました(セット+コーヒー)。で1000差し引きで1600円自腹。プリンがうまかったな。

今日は京大対追手門学院大の入れ替え戦を見てきました。

相手の追手門学院大の監督が京大前監督の水野さんという因縁の対決となってかなり注目された一戦。

試合開始が11時で、1時間くらい前に行かないと良い席は確保できないだろうなと思いつつもだらだらしてたんで25分前くらいに王子公園に着きましたが、チケット買うのに行列ができていました。

スタンドも椅子の席はほぼ埋まっていましたが、一人分は何とか空いていたので10ヤード延長上付近を確保。

王子スタジアム

王子スタジアム

試合の方は、ポカしまくらなければ負けないだろうなとは思いつつもシーズン中はオフェンスがミスりまくりで全然点取れなかったので多少不安でしたが、ラインで完全に勝っていたこともあり完勝。後半途中までランしかしないという徹底ぶりでオフェンスのミスは少なかったです。

しかし、最後まで主力が出続けでした。完全に体勢が決まっていた4Qくらいは若手QBを出して欲しかった。このレベルだと出しても大した経験にならんと思ってるんだろうか。

ま、ともかく、勝ってよかった。これで一部残留。来年は開幕から立命、関学と当たることになりますな。

ってことで今回のまとめ。大阪からの日帰り弾丸ツアーの参考に。見るところはもっと色々あるので余裕がある人は直島豊島それぞれ1日使うのがお奨めです。その時の宿泊は高松が楽ですな。片方の島だけなら大阪-高松は往復ともバスが可能ですが、豊島だと船の便が少ないので早朝出発が必要です。

05:27 環状線 鶴橋発
06:00 新大阪発 新幹線みずほ601号 5040円(金券ショップ価格 自由席回数券)
07:11 岡山発 高松行 快速マリンライナー7号 (茶屋町で乗り換え)
07:28 茶屋町発 宇野行き
07:52 宇野着 岡山からの精算分 580円
08:22 宇野港発 直島宮浦港行き 四国汽船 フェリー乗り場 290円
08:42 直島宮浦港着
09:06 つつじ荘行きバス 100円
09:30 地中美術館行きシャトルバス
10:00 地中美術館 2060円
11:05 つつじ荘行きシャトルバス
11:30 三菱マテリアル行きバス 100円
11:55 宮浦港発 豊島家浦港行き 四国汽船 620円
12:17 家浦港着 レンタサイクル借りる 500円(基本は1日借りて1000円)
13:10 豊島美術館 1540円
15:10 家浦港発 高速艇 1330円 (17:20発あり。深夜帰宅で構わないなら)
15:45 高松港着
16:45 高松高速バスターミナル フットバス大阪行き 3900円 (なんばなら17:00発の高速バスの方が到着が早いです)
20:23 OCAT着

難波で更にカレー食ったりしたんで家に着いたのが21時過ぎでした。

反省点は地中美術館から宮浦港へ(2kmほどある)は歩いて行った方が20分ほど地中美術館に長く居れたなってことくらいかな。まぁでも歩いて行くと草間彌生の黄色のカボチャのところ(シャトルバス乗り場の近くにある)まで行くのは難しかったと思うけど。

地中美術館は開館と同時に入るのがよいと思うので直島上陸までのスケジュールは今回のスケジュールがお奨めです。頑張って早起きしましょう。

一から考える場合、船のスケジュールはオフィシャルサイトのこれがかなりわかりやすいです。

直島→豊島ですが、直行なら11:55発しかありません。宇野を間に挟めば豊島への移動は調整可能ですが多少時間をロスします。(選べるのは12:45→13:05宇野港13:25→13:50だけですかね)

帰りの15:10以降は15:10発じゃなくて17:20発にしたり、高松じゃなくて宇野への船に乗って岡山から新幹線とか色々選択肢はあります。

交通費と二つの美術館の入場料の合計は16060円でした。土産は一切買ってないので飲み食い含め出費総額18000円ちょっと超えたくらいか。

ってことで、今回のGPSの軌跡を置いときます。

美術館は二つとも良かったし、予定通りに行けたので大満足です。

気づいたらコタツで寝落ちしてました。

豊島からの帰路

2014年11月29日土曜日

帰りにと言うか、港から遠ざかる方向なのですが、最後に「心臓音のアーカイブ」に寄ってきました。

心臓音のアーカイブ

心臓音のアーカイブ


ここでは自分の心臓音を登録できまして、検索して聞くことができます。510円。

で、アート的な部屋もあって、ランダムに心臓音が流されてます。これは510円に含まれます。当然か。

ま、でも登録したい人以外はわざわざ来なくていい感じ。登録料は別料金で1540円。結構高いです。

ってことで、ここからサクッと港に戻ります。実はレンタサイクルが2時間以内なら500円だったのですが(過ぎたらそれからはその日の上限の1000円)、めっちゃギリギリだったのでかなり頑張ってしまいました。500円ケチらず頑張らなければよかった。奇跡的にほんとにぴったりに着いたので頑張りが無駄にはなりませんでしたが。

豊島は紅葉がきれいでした。楓ではないと思いますが。

豊島の紅葉

豊島の紅葉

ってことで、15:10発の家浦港発の高速艇で高松へ。乗船券は購入不要で運賃1330円は船の中で払いました。

高速艇 (豊島~高松)

高速艇 (豊島~高松)


17:20発の高松行きもあるのでもっと色々回れたのですが、今回はこれで満足なので全然問題なし。余裕があれば高松辺りで1泊するのがよいと思いますな。

ってことで、高松駅前でうどん食って高速バス(窓口購入3900円だった)でOCATで降りて難波から地下鉄で帰宅。

下の地図リンクは心臓音のアーカイブです。

豊島美術館

2014年11月29日土曜日

ってことで、豊島での主目的地の豊島美術館にやってきました。

豊島美術館

豊島美術館


右側が美術館で、左側はショップ&カフェとなっています。

建物そのものがアート作品なのですが、建物の設計は西沢立衛(SANAAの片割れ)、内部のギミックなどのアートは内藤礼って人の作品となっております。つまり、作品としてはこれ1点だけですが、入館料1540円です。

建物は2箇所に大きな穴が開いた無柱のドーム空間となっており、床は撥水加工されたコンクリートで、ところどころに小さな穴が開いており(小さなピンポン球がある箇所も少しあります)、その穴(ピンポン球の場合は頭頂部に開いた穴)から少しずつ水が出てきてその水がある程度溜まったら流れ出すってのを眺めるだけになってます。大きな水たまりになってるところもありますが、小さな出水口と小さな排水口だけで成り立ってる部分とか、単に水が溜まってるだけの場所とか色々あって、ぼーっと眺めてるとなんぼでも過ごせる感じ。

内部は想像以上に広かったです。建てるのに苦労しただろうな。

中では係員が3~4人立ってて、客は10人くらい?やっぱり土曜としてはかなり少ない方だったんじゃないかと思います。船のアナウンスではここも酷い時は数時間待ちになっちゃうことがあると言ってました。さすがにここは外人は少なくて船で一緒だった白人さん一人だけでした。

ちなみに静寂も作品のうちってことで、できるだけ音を立てるなと言うことで内部は撮影禁止。

ずっと眺めてても構わなかったけど、果てしなく居続けそうだったので20分ほどで出ました。

入場料は高いですが、旅費含めれば大したことないってことで、これだけの非日常空間はなかなかないのでお奨めです。人少ない時をできるだけ狙いましょう。

ってことで、昼飯食ってなかったんでカフェでオリーブライスってのを食いました。もろみで味付けしたオリーブを混ぜたご飯です。

オリーブライス

オリーブライス


わりと食えましたがお奨めってほどではありません。
カフェ内部

カフェ内部

と言うことで、帰路につきます。

豊島

2014年11月29日土曜日

ってことで11:55発の高速艇(四国汽船)で豊島へ。所要時間は宇野~直島と大差ないですがこっちは高くて620円です。

高速艇 (直島~豊島)

高速艇 (直島~豊島)


で、8人ほどしか乗ってなかったですが、土曜にしては驚くほど少ないんだそうな。で、豊島経由犬島行きだったんですが、豊島で降りたのは私と外人さんの二人だけだったかな。

船内アナウンスでは誰が喋ってるのかわかりませんが、乗ってる間ずっとバスガイドのように喋ってました。

ってことで、豊島(てしま)着。ここでレンタサイクルを借りました。バスの本数がめちゃ少なくて使えないと言っていい状態なのでほぼ必須の状況です。電動アシスト自転車なのでそれなりに楽ですが、体重重いので坂道だとアシストが足りずにペダルが重いのでやっぱり疲れます。

この島でも目当ては1箇所だけですが、途中、アート作品などもあるので多少は見てきました。

豊島のアート作品その1

豊島のアート作品その1

清水観音堂

清水観音堂


このボロボロの観音堂ですが、ここはわき水で有名で、その施設も含め全体が文化財登録されてます。

次にアート作品が展示されてる小さな蔵のような建物も300円払って覗いてきましたが、3分ほどで退散。次行きます。

地中美術館

2014年11月29日土曜日

バスに数分乗りまして、終点の地中美術館チケットセンター前に着きました。

45分からチケット発売開始ってことで、係員のお姉さんが少し説明してくれました。

で、チケット買いまして(2060円。カード払い)、入口まで向かいます。ネットで事前に時間指定チケットってのが買えるそうですが、混んでてもその時間には入れるってことらしい。そんなに混むことがあるってのは後で知った。

入口までの坂にはジベルニーのモネの庭の睡蓮の池をイメージした睡蓮のある柳が植えられた池が作られています。

で、入口到着。

地中美術館

地中美術館


開門時には8人ほど待っていました。

で、10時に入場。チケットもぎりのお姉さん(掃除もしていた)とか係員の数はかなり多いんだけど、かわいい人がやたら多い。どうなってるんだ?

館内は全面撮影禁止です。

この美術館は安藤忠雄設計で、景観保護の観点から地下に作られており、外から見えるのはわずかしかありません。航空写真だと三角やら四角やら色々見えますが。

展示物は点数で言うとかなり少ないです。有名画家ではモネの晩年の作品5点を集めた部屋があります。

それ以外と言っても点数で言うと4点なんですが、現代アートです。全て部屋そのものが作品になっています。

8人で交代制で見る作品以外の作品では私が一人だけで見れる時間があったんで凄くラッキー。贅沢な時間が過ごせました。ま、でかい球体のある部屋は完全に一人じゃなくて係員はいるんだけど。

でかい球体のある部屋は球体の真上に四角い天窓があるんだけど、ガラスがあるようには見えない位にきれいに掃除されてます。かなりこまめに掃除してるんだろうな。

中にはカフェがあって、カフェの所から外に出れましてなかなか良い眺めでした。ここでの写真撮影は問題無いと思います。ま、中でも係員のいない場所では写真撮りまくってた人多かったけどねぇ。

たった9点しかないのに1時間ほどいました。バスが11時5分発だったのでそれに合わせて退散。

で、全体として、かなり良かったです。点数少ないし、チケット高いですが不満は無いです。美術ファンなら一度は来ることをお奨めします。

しかし、帰り際にはかなり客がいました。しかも外人客やたら多し。白人中国人とか色々。こんな田舎にまでって感じ。

どれくらい入ると入場制限になるのかは知りませんが、静かな状況で見れてラッキーです。途中の船のアナウンスで聞いたんだけど、数時間待ちの時もあるらしい。係員多いけど維持は問題なさそうですな。

ってことで、11:05発のシャトルバスに乗り、つつじ荘へ。黄色いカボチャの写真撮ったりしてバスを待ち、11:30発のバスに乗り宮浦港へ。地中美術館から直接歩けば20分ほどだったんでそっちの方がよかったかも。

直島には他にも色々アート施設や作品があるのですが、今回日帰り予定なのと無理に見なくても良いかなって感じたので完全にスルーします。港で時間あったんで(と言っても10分)アート銭湯でも見に行っとけばよかったかなぁ。ま、ええか。

てことで、11:55の宮浦港発の四国汽船に乗り(乗り場は海の駅じゃなくて隣の高速旅客船乗り場)、豊島に向かいます。

直島

2014年11月29日土曜日

今日はちょっとお出かけです。5時起きしました。遊びでこんなに早起きしたのはいつだった忘れたほど。

5時20分頃に家を出まして、6時の新幹線で岡山へ。自由席はわりと混んでいました。岡山からJRを乗り継ぎ宇野へ。7:52宇野着。金券ショップで回数券(5040円だった)は買ってあったので差額を580円払いました。

宇野駅から宇野港のフェリー乗り場へ行き、08:22発の四国汽船に乗りまして直島(なおしま)へ。20分ほどで着きますが、290円。思ったより安い。
船はフェリーで、車ごと乗れます。

フェリー (宇野~直島)

フェリー (宇野~直島)


てことで、宮浦(みやのうら)港着。直島上陸。

直島、豊島、犬島は進研ゼミでお馴染み(というか、最近は個人情報流出事件の方が有名か)のベネッセがアートの島にしようってことで色々やっています。それに関連して更に周囲の島々でも色々あるそうな。

宮浦港には草間彌生の作品があります。

草間彌生 赤かぼちゃ

草間彌生 赤かぼちゃ


事前計画ではここでレンタサイクルを借りるつもりだったんですが、バスにしました。これは正解だった。9:06発のバスで終点つつじ荘へ。100円。安い。

直島は「おやじの海」発祥の地らしく、つつじ荘に記念碑が置かれてます。記念碑下のボタンを押すと曲が流れるようになってます。

おやじの海 記念碑

おやじの海 記念碑


つつじ荘近くにはこれまた草間彌生の作品があります。
草間彌生 南瓜

草間彌生 南瓜


つつじ荘からはベネッセ運営の無料シャトルバスが運行されてまして、9時30分発のバスに乗りました。

ってことで、このエントリはここまで。

下の地図リンクは、上から赤カボチャ、黄色カボチャ、おやじの海記念碑です。

大徳寺

2014年11月24日月曜日

今日は大徳寺へ行ってきました。紅葉の時期の黄梅院を見ときたいなと思ったので。

紅葉の名所というほど楓が植えられまくっているわけでもないので、人はそれなりにいますが嵐山とかみたいに人だらけにもならず落ち着いて見れました。黄梅院は来週の方が見頃かも。

黄梅院、大仙院の内部は撮影禁止です。

大徳寺 黄梅院

大徳寺 黄梅院

大徳寺 龍源院

大徳寺 龍源院

大徳寺 龍源院

大徳寺 龍源院(最小の石庭)

大徳寺 興臨院

大徳寺 興臨院

大徳寺 興臨院

大徳寺 興臨院

大徳寺 総見院

大徳寺 総見院 織田信長の墓

大徳寺 芳春院

大徳寺 芳春院

大徳寺 大仙院

大徳寺 大仙院(国宝の方丈)

拝観料は全部別々(特別公開の上の3つはまとめて見るとちょっと安い)なので全部見ると結構お金が掛かりますが、それぞれ案内付きなのでよかったです。

ってことで、ライトアップとかは見ずにサクッと退散。

同窓会

2014年11月23日日曜日

今日は中学校の同窓会でした。

ホテル大阪キャッスル

ホテル大阪キャッスル


4割くらい集まったんじゃなかろうか。なかなか盛況でした。担任の先生も招待し、存命の先生全て来ていただけ、久々に会えて嬉しかったです。幹事さんに感謝。

体調がいまいちよろしくなかったので1次会で退散しましたけど。

京大-関大戦@王子スタジアム

2014年11月22日土曜日

今日は王子スタジアムでのシーズン最終節の関大戦を見てきました。

王子スタジアム

王子スタジアム

試合の方は予想外に健闘し、試合終了直前にTDされ逆転負け。しっかりした試合運びをしてれば勝てた試合。

プレーコールは良くなっていたが、まだまだですな。

ということで、入れ替え戦行きとなってしまいました。相手はなんと元監督の水野さん率いる追手門学院大。

回数券(というか回数券に標準で着いてくるイヤーブックにスタンプ3つ集めた景品)が1枚あまりそうなんでどこかの会場で買ってもらわないといけないかもと思っていましたが、結局入れ替え戦で使うことになり余らず。ま、3連敗の時点でほぼ確定だったけど。

普通にやれば負けないとは思いますが、ターンオーバーされまくりだった今シーズン、オフェンスが不安でならない。

ということで、帰りは行ったことなかった西宮ガーデンズをぶらぶらしてきました。でかいねぇ。西宮球場って駐車場とかがあった周りの敷地もそれなりに広かったしねぇ。試合は後輩と一緒に見たんで、晩飯もイタ飯食って帰りました。安いセットメニューを頼みましたが、なかなかうまかったです。コーヒーもうまかった。

(ある程度詳細なレポは初日のを見てください。)
博多から新幹線で広島へ。多少時間はあったけど寄り道する時間はなかったんで現地へ向かいました。今年もブルーライブです。広島駅から遠い。街中のクワトロの方がありがたいんだけどなぁ。でもこっちの方が利用料がだいぶ安いんでしょうな。

ちなみに今日で「歌う生BONNIE」183回目です。半年分超えました。初期に1日3イベントってのがあるけれど。ま、その日も最後の1回は日付変わってたけれども。

BLUE LIVE広島

BLUE LIVE広島

座席は前後にやたら余裕がある配置で10列しかなく、トータルで240席くらいか。ソールドアウトはしてなかったので、これが埋まらない程度の客入りでした。

ってことで、今日もあまり書くことないです。

あ、そうそう、開始前に場内でかかっている音楽はほとんどの場合BONNIEが選曲しているはずですが、最近はSoundHoundやShazam等の便利なスマホアプリがあるので、その場で何の曲かわかったりします。

掛かってた曲で判明したのだけ書いときます。開場と同時に入場してないのと、引っかからなかったのもありましたので一部ですが。

・Two by Lenka
・California King Bed by Rihanna
・Waste of Time by Eliza Doolittle
・All Fun and Games by Mary J. Blige
・Love Got In the Way by Kandace Springs
・CLOUDS by Prince
・Wake Me Up by Dirty Loops

ってことで、2分押しくらいで始まりました。

企画部分はToo Young To Stop LovingCurious Babyで、なんとまた2日連続同じ曲。ルーレットに参加した二人とも私が唯一見れてないキャンディ2つの散歩を狙ったそうなんだけどねぇ。ってことで東京の2日目と同じく1曲追加されたんですが、オレンジでした。事前に想像してたとおり、オレンジでがっかりすると言う状態。やっぱこういうルーレットはやって欲しくないですはい。

しかし、やっぱ偏るなぁ。Curious Babyなんて5日中4回だぞ。

パフォーマンスは良かったです。最後のLast Kissとかかなり良かったですが、このレベルのパフォーマンスをイベントライブで見せればファン増えるのにね。イベントライブではいつもさらっと歌って終わりってことがほとんどだからねぇ。

ってことで1曲増えたこともありトータル2時間弱でした。

あ、そうそう、音ですが、良いというレベルとはまだ差はありますが、昨日も今日もボーカルはちゃんと聞こえてました。

残りの会場は私は行きません。別タイトルの最終日東京へは行く予定ですが。ということでキャンディ2つの散歩が聴けないまま終わってしまったのでした。最終日はこの企画はやらないっぽいですが、Blue jamの曲はやるんだろうか。とりあえず昨日久々に出したアンケートにはリクエストはしておきましたが。

帰りは京都に帰るBONNIE仲間がいたんで京都への最終の新幹線に乗り帰阪。

広島は新幹線でしか行けないので結局高く付くんだよねぇ。ピーチで行ける仙台にすりゃよかったと思ったのでした。ま、でも往路は高速バスでもそんなにしんどくなさそうなので次はそれを検討しようかな。

ってことで、太宰府に来た目的である九州国立博物館に来ました。

東京でもやっていましたが、台湾の故宮博物院の展覧会です。これを実現するために法整備までしたという。

九州国立博物館

九州国立博物館


故宮博物院は蒋介石が中国の宝をまとめてどっさり持ってきたのを収めた博物館なので、一級のものが揃っています。

有名な翡翠の白菜は東京で短期間だけ展示されました。私は現地で見ていますが。

この時期に台湾へ行くと普段見れないのが見れるんだろうか。

かなり混雑していました。人が三重になってたり。

常設展示エリアは丁寧には見ませんでしたが、ざくっと全部眺めてきました。国宝の万葉集が展示されてました。狩野永徳の絵もありました。珍しく重文にもなってない作品でした。

ってことで、帰りに梅ヶ枝餠を1個買って食いました。あと、豆菓子の店で試食したらなかなかおいしかったのでちょろっと買いました。

ってことで、広島へ向かいます。