今日明日と関西学生アメフトの最終節です。

今日はエキスポフラッシュフィールドで京大甲南大戦。今日も茨木駅からバスで。

エキスポフラッシュフィールド

エキスポフラッシュフィールド


前の試合(今日は3試合で私は京大の試合しか見てませんが)で桃山が同志社に勝ったため甲南大は5位か6位のどっちかとなってAクラス入りも入れ替え戦行きもなくなったため、京大は3位確定済みなのでほぼ消化試合となってしまいました。

試合の方は京大のオフェンスが好調で49対3で完勝。甲南が京大を全然止められなかったので工夫しなくても勝ったって感じ。今年は結局下位相手だとこんな感じでしたな。で、2強相手だと全く通用しないと。能力のある選手を活かせてなかった時代よりかは改善してるとは言えるんだけどねぇ。

今日は大学時代の後輩と一緒に見てたので帰りは徒歩で千里丘まで行き、駅前のミスドでちょっと喋ってから帰宅。昨日の疲れで今日明日の紅葉は諦める予定。

今日の最後は京都国立博物館。国宝展の第4期です。

17時20分くらいだったので並ばずには入れました。中は大混雑でしたけど。ちなみに金土は20時まで開館。

京都国立博物館

京都国立博物館

今日の目的は仁和寺の薬師如来像。普段非公開で15年ぶりとのこと。来年の東博での仁和寺展にも展示されるようですが。凄く小さい仏像で、十二神将と日光月光菩薩も一緒に彫られており、めちゃめちゃ細かいです。仏師の執念を感じる凄さ。パピリオ持ってきてて良かったです。ケースに入っててちょっと離れてるので截金の細かい模様は肉眼ではわからないので。

他には東寺の胎蔵界曼荼羅が凄かったです。曼殊院の黄不動が展示されていましたが、オリジナルの三井寺の黄不動も現存します。なので、オリジナルが現存するコピーなのに国宝。

余談ですが、三井寺は正式には園城寺(おんじょうじ)と言いますが、展覧会などでの説明では三井寺と書かれてなくて園城寺としか書かれてないことが多いので一致させておきましょう。三井寺の所蔵品では五部心観というのもオリジナルとコピーの両方とも国宝だったりします。しかもコピーの方がボロボロで欠損があったりして(オリジナルは保存用として大切に保管されてたらしい)。

今回は前回見たのはスルーしたりしたので1時間20分ほどで退散。

ということで、紅葉のライトアップでも見ようかなと思っていたのですが、体力使い果たしていたので帰宅しました。

JRで京都駅に戻りまして伊勢丹の中にある美術館「えき」KYOTOへ。ミュシャの展覧会です。

2013年にここで開催されたのと同じチェコのチマル・コレクションの展覧会で、油絵はほとんどありませんが素描や下絵など直筆の作品はかなり多いです。2013年の時と展示内容はかなりかぶっています。まぁしゃあないか。

美術館「えき」KYOTO

美術館「えき」KYOTO


上の写真は記念撮影用。でジスモンダの首のところに顔を出して撮るようになってますが、会場の外にあるので誰もいませんでした。

金曜だったからかわりと空いていました。

ってことで次。

日吉大社

2017年11月17日金曜日

次はケーブルカーの乗り場に近い日吉大社へ。ここに来るのも初めてです。ここは神社としては珍しく、境内に入るのにお金が必要です。入るのにお金がいる神社は他には談山神社とか日光東照宮とかもそうですね。

紅葉は結構いい感じ。

日吉大社境内

日吉大社境内

国宝の西本宮。

日吉大社西本宮

日吉大社西本宮

ここはさらっと見て京都に戻ります。

今週も金曜に休みをもらいまして、おでかけです。

まずは比叡山へ。JRの比叡山坂本駅から徒歩でケーブル坂本駅に行き、ケーブルで延暦寺へ。比叡山に来るのは初めてです。

国宝の根本中堂は工事中ですが、拝観は可能です。

延暦寺 根本中堂

延暦寺 根本中堂

国宝殿にも入りました。比叡山には国宝の仏像はありませんが、重要文化財はどっさり展示。今日は国宝は1つも展示されてませんでしたが、今やってる国宝展に国宝が2点ほど展示されてたので普段はこっちで見れるんだろうか。

で、歩いて西塔の釈迦堂にやって参りました。20分ほどですが結構キツい。

釈迦堂

釈迦堂


西塔地域の本堂の釈迦堂では秘仏本尊の釈迦如来像が特別開帳されています。本尊自体は33年ぶりの開帳ですが、今回内陣に入ることができまして、釈迦堂創建以来初なんだそうです。と言うことで中の仏像をちゃんと拝めるのが初めてのことになります。

内陣に入るのは500円必要ですが、本尊については中に入っても近くで見れるわけではありませんので本尊だけが見たいという人は500円を払う必要はありませんが、内陣のお社に奉られている八所明神などは内陣に入らないと見れません。

今日はいろいろ予定を詰め込んでいたので西塔と東塔(とうどう)の移動がかなりキツかったこともあり横川地区や山頂には行きませんで、さっさと東塔に戻りました。

紅葉が綺麗な場所はあまりなくていい感じに撮れた写真はこれくらいかな。

大講堂

大講堂

東塔の土産もん売り場で走井餅を買ってケーブルカー乗り場で並んでいる間に完食。

琵琶湖を望む景色はケーブルカーの駅舎からが一番いいです。駅舎の2階に上がれます。

比叡山からの琵琶湖

比叡山からの琵琶湖

ってことで、11時30分発のケーブルカーで上に上り、14時30分発のケーブルカーで降りてきました。

御堂筋ランウェイ

2017年11月12日日曜日

ということで、心斎橋へ。御堂筋の本町と心斎橋の間を使った御堂筋ランウェイと言うイベントです。

基本的にはスポーツの振興的なイベントだったようですが、大阪万博招致のPRにも使われてて、それで大阪万博招致のアンバサダーに任命されているダウンタウンの二人が最後に登場。400mのランウェイを歩いてました。

動画撮りながらのスナップだったのでピンボケですが1枚だけ。

ダウンタウン

ダウンタウン

動画も載せときます。わりといい場面に遭遇したかなと。


かなりの人だかりで大盛況でしたが、ダウンタウンが出てなかったらここまで人は集まらなかったと思う。

今日は今年良く行われている大阪市のお寺の特別公開に行ってきました。金臺寺(金台寺)と言うお寺で、下寺町にありますす。ということで、地下鉄のマイスタイル圏内なので交通費は0。

この本堂、寺の本堂としては大阪市で一番古いそうな。大阪の陣のすぐ後くらいに作られたそうです。

金臺寺本堂

金臺寺本堂


2時半頃に着いたのですが、この写真の靴の数を見るとわかりますが、大盛況。

本尊は寺の歴史よりも古い室町期の物だそうです。めちゃめちゃ珍しい仏像はありませんが、大阪市ではかなり古い平安期の仏像なども展示されててなかなか良かったです。明治の改宗時に造られた本堂の天井の龍の彫刻が素晴らしかったです。こっちを見れた方が嬉しかったりして。

行った時間帯には既に始まっていた御堂筋でのイベントをちょっと見たかったのですが(ダウンタウンが出るというので)、いつもの学芸員の人の話がいつにも増して長かったのでちょっと焦りましたがダウンタウンはかなり遅い出番だったので特に問題はありませんでした。

ということで、運慶展のリベンジです。

今回、安藤忠雄展も運慶展も入場するのに待ち時間を覚悟する必要があったので時間をロスするリスクを考えてましたが、着いた時点では30分ほど余裕がありました。

で、着いた時点では30分待ちとのこと。たぶんこれから行列の待ち時間が長くなることは無いだろうと考え、先に本館の展示を見ることにしました。こっちでも運慶展の関連展示(善派や運慶の孫の康円の仏像を展示)が行われていました。

ってことで、16時45分頃に平成館へ行きましたらほとんど列ができてなくて10分待ちの表示に。断続的に入場させてたのですが、結局5分も待ちませんでした。ということで先に本館見といて正解だったな。中は当然大混雑でしたが。

東京国立博物館

東京国立博物館


と言うことで、浄楽寺の5体は全て展示されてたのでここに行かなくて済んだかなと。願成就院と滝山寺は全部は展示されて無かったのでいつか行かねばなるまい。

運慶展なんだから運慶像を六波羅蜜寺から借りてくれば良かったのに貸してもらえなかったんだろうか。運慶作の地蔵菩薩像は六波羅蜜寺から借りてきてるんだけど。

とうことで、帰りも経費節減でピーチを予約してました。5730円で空港へのアクセス費用考えても新幹線より全然安いので。

予定より1本早い京成の成田行き快速に乗りまして成田へ。特に遅れずに搭乗開始時間はほぼ予定通りだったと思うけど、でかい荷物を持ち込む客が多いようで、客を入れるのにかなり時間が掛かりまして、離陸はちょっと遅かったと思う。で、着陸は予定より5分遅れくらいで、そこから1期島への連絡バスに乗るんで乗れた南海の空港急行が23時1分発。難波では地下鉄の終電の1個前に乗れたので家にはちょうど0時くらいに帰れました。ってことで、上野出てから家に着くのに5時間45分かかりました。上野発は30分くらい後でも良かったんだけど、余裕は見ちゃうよね。

とうことで、リベンジ果たせました。名古屋を別の日に行ってたのと比べると片道分くらいで済んだかなと。

名古屋駅近くのチケット屋でのぞみの自由席の回数券を買ってから東京へ。計画の10分ほど前の13時50分頃に乃木坂着。

安藤忠雄展です。

国立新美術館

国立新美術館


展示室入り口ですが、この写真は正面から撮らなかったのでわかりませんけど、「住吉の長屋」の入口をイメージした形になってましたが、気づいてない人は多かったと思う。

安藤忠雄の足跡がわかる展覧会です。設計時に作成された模型が多く展示されていました。

「光の教会」の実物大の再現も行われています。これは撮影可でした。

光の教会

光の教会

この展覧会はテレビ出もよく取り上げられてるので詳しくは書きませんが、なかなか良かったです。大盛況で、帰り際にはチケット売り場に行列ができていました。一緒に見に来てる人に熱く語ってる人が多かったのが印象的でした。

展示のボリュームが凄かったので1時間20分くらいいました。

ってことで次。

長沢芦雪展 @愛知県美術館

2017年11月11日土曜日

今日はこないだのリベンジで東京なのですが、できるだけコストを抑えようと言うことで行きたかった長沢芦雪展をやってる名古屋経由で東京に行くことにしました。

ちょっと早起きして近鉄特急で名古屋へ。開場時間の10時ちょっと過ぎくらいに現地着。開場直後だからか入場券売り場はちょっと行列ができてましたが、5分ほどで入場できました。

愛知県美術館

愛知県美術館


行列ができるくらいなので中は大盛況でした。

長沢芦雪は上の写真にある無量寺の障壁画で有名です。展示されているのは大半が芦雪の作品ですが、師匠の円山応挙の作品も比較用としていくつか展示されていました。

写実的な絵もありますが、ユニークな緩ーい感じの動物の絵も多くてとてもおもしろかったです。見逃さなくてよかった。図録買いました。

ってことで東京へ。

今日は会社をお休みしましておでかけです。播州清水寺に行ってきました。秘仏本尊の十一面観音像が30年に1度の御開帳と言うことで。花山法皇没後1000年記念で2008年から2009年にかけても公開されてたので30年ぶりというわけではありませんが。

正式には御嶽山 清水寺ですが、京都の清水寺と区別するために播州清水寺と呼ばれています。

清水寺へはバスが1日に2本しか無いので(相野駅10:20と12:50)、リスクを考えて10:20発のに間に合うように行きました。JRが3分ほど遅れてちょっとビビりましたが、問題なくバスに乗れました。

紅葉がいい感じのところもありましたが、モミジはそんなにありません。

播州清水寺

播州清水寺

写真中央の柱は上の方をよく見るとわかりますが、ご開帳された本尊と紐で繋がっています。

播州清水寺 根本中堂

播州清水寺 根本中堂

開帳された本尊は平安時代末期の物らしいですが、かなり素朴な感じです。私がお参りしてたときにちょうど住職らしき方がお客さん的な方々を案内されてまして、片手がなくて頭の十一面もなかったんで30年前の開帳時に作ってもらったって話をされていました。

帰りのバスも当然1日に2本しかありませんで、滞在可能時間が1時間ほどしなかったんでちょっとバタバタしましたが、公開の重文の刀なども見れました。食事とかができる時間は全く無し。後のバスに乗るんだったら時間はあったんだけど、2時間40分後じゃ時間余りすぎなので。刀は入場料500円で2本の刀だけ見るだけなので興味ない人は行かなくてよいと思います。この特別拝観自体も秘仏を拝んどかないと気が済まない人だけどうぞって感じ。

行きのバスに乗ってた人は1時間で帰る人は少なかったようで、楽に座って帰れました。後の方のバスは混んでただろうなぁ。

ってことで、サクッと帰宅。

関係ないですが、晩飯は家からチャリで布施に行きまして、回転寿司発祥の地、元禄寿司本店で食いました。一度は行っておかないとねってことで。インドマグロのトロがめっちゃおいしかったです。一皿1貫ですけど全然安いわ。

今日は京都へ。と言っても南山城なのでほぼ奈良です。

常念寺(精華町)、大智寺、西念寺、常念寺(木津川市)、現光寺の全て初公開の5つのお寺を巡ってきました。普段は檀家の人も見れないという秘仏が結構あって見に来て良かったです。予定通り時間までに全部回れました。

京都非公開文化財特別公開は拝観料800円ですが、アサヒメイトだと100円引き。何カ所も回ると結構大きい。もらえる拝観券が汎用のになっちゃうのでコレクション向けではありませんが。

西念寺は不便な場所にあるので最初は行くのやめようかなと思っていましたが、歩いて行きました。ここも行ってよかったです。

ってことで写真とちょっとコメントを。

常念寺

常念寺

菩薩形像がユニークでした。と言っても外見はそんなに個性的ではありませんが。江戸時代には左手が差し替えられて薬師如来として奉られていたそうな。

大智寺

大智寺

重文の文殊菩薩像が素晴らしかったです。いかにも快慶風。

西念寺

西念寺

平安期の薬師如来や今回のポスターになった十一面観音像など、檀家すら見れない秘仏が展示されています。十二神将がユニークでとても良かったです。頭の上の十二支をもっとよく見てみたかったな。

常念寺

常念寺

大きなお寺で、本尊の背後をレリーフ状の立体曼荼羅にしたのが完成したばっかりだそうで、住職らしき人が自慢げに話されていました。秘仏の十一面観音は室町時代の作だそうですが、修復で金ぴかになっていました。これは全然ありかなと。

現光寺

現光寺

檀家のいないお寺で、本堂はかなり状態が悪く使えない状態だそうですが、重文の十一面観音坐像(坐像は日本に7体ほどしかなくかなり珍しいそうな)は新しい近代的な小さいお堂(というか、収蔵室みたい感じ)のところに奉られています。鎌倉時代作だそうですが、放置されててロウソクの煤とかで汚れたりしてないので金箔がほとんど残っていてかなり綺麗です。

この特別公開では龍谷大の学生さんとかが解説してくれることが多いのですが、地元のボランティアみたいな人が解説してくれることが多かったです。学生さんもいましたけど。この特別公開とは別の特別公開として木津川市でまとめられてるようなのでそっちの関係かも。

西念寺が11日までですが(その後11/16~19も公開)、他は12日まで拝観できます。

ということで、帰りは電車賃がだいぶ違うのでJRだけで帰宅せずにJR奈良駅から近鉄奈良まで歩きました。

下の地図リンクは順番ちょっとおかしいです。最初に見た常念寺(精華町)が最後になっちゃってますが後は順番通り。

今日はアメフト観戦です。エキスポフラッシュフィールドは13ヶ月ぶりで結構久々だな。

エキスポフラッシュフィールド

エキスポフラッシュフィールド


試合の方は38対10で勝利。でも獲得ヤードは320対307ヤードでほぼ互角。キッキングの差が大きかったかな。まぁ点差が付いた終盤は1年生を含む控え選手を多く出していたのでそれで進まれたのもありますが。と言うことで内容的には点差ほどの差は無かったです。

桃山のオフェンスが多彩だったのには感心しました。京大より全然プレーの種類が多い。

このエントリを書いてるのは5日ですが、6節終了時点で最終節の結果に関係なく3位確定。12/10のTOKYO BOWL行き決定です。

今日は上着を着てこなかったのですが、めちゃ寒かったです。

次は兵庫県立美術館へ。ここは遅めに来るに限ると言うことで。、17時半頃到着。

兵庫県立美術館

兵庫県立美術館


エルミタージュ美術館展は最近は毎回「大」が付いてるので、大規模展とか目玉作品だらけとかそういう意味ではありませんが、今回はわりと頑張って良い作品を持って来れたって感じ。個人的にはフランドル絵画が多かっただけで嬉しい。

サンクトペテルブルクに行かない人はとりあえず見ときましょう。

今日は神戸での展覧会ハシゴです。

まずは神戸市立博物館のボストン美術館の至宝展。

神戸市立博物館 

神戸市立博物館 


アサヒメイトで半額と言うことで、前売りよりは550円安。ありがたい。ちょっと遅めの16時頃に着きましたが、人はかなり少なかったです。

古代エジプトから印象派や村上隆までまんべんなく展示。ボストン美術館と言うことで日本美術も多く展示されています。

目玉作品って感じのものはありませんけど、良品が多いのでボストンに行く予定のない人にはお奨めです。2月4日(日)までで会期はだいぶ長いです。